スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6日目】(2/16)箱根峠の雨と雪【神奈川→静岡】

どもども、こっとんです。
どうにかこうにか箱根は越えて、現在静岡の富士市におります。
外は雨。今日明日と天気が悪いようなので、しばらく足止めです。
幸いにして富士市に友人がいて、お宅に泊めて頂けることになりました。
ありがたや、ありがたや・・・!


では箱根越えの6日目、いってみましょー。










朝6時に起床。
シャワーを浴びて支度を整え、7時前にチェックアウト。
駅前のコインロッカーから荷物を取り出し(超過料金含めて900円かかりました・・・)その後駐輪場の方に事情を説明して預かっていただいていた荷物を自転車に括り付けます。
駐輪場の方に見送られて、7時半頃にスタート。

DSC_0270.jpg

IMG_0439.jpg

暗い。
天気予報では今日は晴れのはず。
今後に期待です。



IMG_0440.jpg

30分ほど走って箱根湯本駅に到着。
どう見ても曇天です。
加えてやっぱり足が痛い。
平地ならまだしも、多少勾配があるだけで太ももがズキズキします。
しかしここまで来たら引き返せません。
多少の不安を抱えつつも、いざ箱根越えへ!




そして上り始めて10分足らず。

雪降り始めてきたんですけどw





IMG_0447.jpg

先日も雪だったとのことで、路肩や草木には雪が積もっております。
加えて今日の降雪。
これは・・・ヤバそうだなぁ。

そう思いつつも上へ。
足はもう既に限界で、途中何度も休みながら少しずつ進んでいきます。
(※雪のためデジイチはお休み。iPhoneをちょいちょいポケットから出しながら撮影)



IMG_0445.jpg

IMG_0446.jpg

大平台駅で休んでいるときに一瞬青空が!
雪はまだ降り続いていますが、これは止むのも時間の問題か。



IMG_0448.jpg

そんなことはありませんでした(/ω\)

IMG_0449.jpg

IMG_0450.jpg

平然と横を通り過ぎていく車を眺めつつ。



IMG_0451.jpg

ま、まだ坂道終わらないんすか・・・。





そしてようやく。

IMG_0452.jpg

ほわああああああああ・・・ゲホゲホッ

ここからようやく少し下り。



DSC_0271.jpg

芦ノ湖。

箱根湯本の駅を出てから4時間ほどかかったでしょうか。
足の痛みと路面の凍結もあって、結局ほとんど自転車を押して歩いてました。

写真を撮っていると一人の男性に話しかけられました。
8時くらいに箱根湯本駅周辺で走っている私を見たとのこと。

こっとん「いやぁ、予報じゃ晴れだというのに上ってきたら雪降ってて参りましたよ」

おじさん「降ってたな。日ごろの行いが悪いからそうなるんじゃないの?」

こっとん「そうですかねー?アッハッハッハ」

おじさん「アッハッハッハ」

こっとん「・・・・・・・・・・・・。」

おじさん「・・・・・・・・・・・・。」










近くのコンビニで肉まんとあんまんを買って小休憩。

後はほぼ下りのはず。
このまま下り天国で一気に静岡に入って進んでいくぜ!





まぁ結論から言うと、下りも地獄だったんですけどね。



小休憩を終えて芦ノ湖前をスタート。
また現れた微妙な上り坂をヒィヒィ言いながら押して進んでいき、ついに長い長い下り坂に突入。

ヒャッホーウ!漕がなくても進むぜ!天国来たぜ!

IMG_0454.jpg




ガシガシガシガシガシガシガシガシッ
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!
バシバシバシバシバシバシバシバシッッ
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!


雪が!雪が顔面に!ガンメンにぃぃ!
風冷たい!痛い!耳がちぎれるぅぅ!





風が冷たくて寒いのはある程度予想していましたが、顔にあたる雪がこんなにも痛いものとは知りませんでした。
路面は雪と凍結で、危険すぎて下りといえどスピードも出せず必死にブレーキをかけながら進みます。
眼鏡に雪が付着して前が見えません。手足はかじかみ感覚がありません。
赤かったはずのダウンジャケットは真っ白です。息で白く曇っていた眼鏡は雪で真っ白です。

それでも前に進まないと、この状況からは脱せません。
意識をはっきり保ち、前をしっかり見て少しずつ進んでいきます。














そして。

IMG_0455.jpg

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

抜けた・・・。
抜けきった。

IMG_0456.jpg

振り返ると、大きな低い雲が山を覆っていました。





その後はただ無心に自転車を走らせ、静岡県は富士市を目指します。
箱根を越えた感動や安堵といったものはなく、ただ無心でした。
呆然と言ったほうが正しいのかもしれませんが。



DSC_0276.jpg

チラッ

富士山キタ――――――――!!!!!!(゚∀゚)

ここでようやく感情というかテンションが戻ってきましたw



DSC_0289.jpg

DSC_0288.jpg

やはり富士山はすごいです。
こんなに美しく山らしい形をした山はそうありませんよね。

少し走っては撮り、少し走っては撮り、を繰り返しながらだらだらと富士市を目指します。




グーグルマップに従って一本横の道に入ると。


DSC_0291.jpg

お祭りの真っ最中。
この時期にお祭りというのは、私はあまり馴染みがないので新鮮です。



DSC_0292.jpg

賑わっていますね。
お祭りに来るとついつい食べ物を買ってしまいそうになるので、ここはグッと我慢を。



DSC_0293.jpg

ちょうど今日から3日間なんですね。
結構大きなお祭りっぽいです。










DSC_0296.jpg

DSC_0297.jpg



DSC_0298.jpg

ここに来るまで、海沿いを走っていることをすっかり忘れていました。
富士山のほうばかり見てたよ。





DSC_0300.jpg

そして17時ちょうどに新富士駅に到着。

とりあえず近場のマックで食事をとり、寝床を探します。
近くに道の駅があったのですが、国道沿いでとてもじゃないですが眠れなそうだったので、その先にある富士川緑地公園に向かうことに。

既に辺りは暗く公園についてすぐに準備を始めましたが、風が強くテントが舞うこと舞うこと。
風除けになりそうな植木の近くに場所を移し、テントを1時間ほどかけて張り、ようやく6日目終了。





箱根で雪に降られたときはどうしようかと思いましたが、どうにかここまで来られました。
まぁ山の天気は良く変わると言いますもんね。

ぶっちゃけ1回も変わりませんでしたけどね。(ずっと雪)



正直しんどい1日でしたが、きっと今日のこともいずれ笑い話にできる時が来ることでしょう。
良い経験になりました。




走行距離:約71km
走行時間:約9時間

総走行距離:約229km


走行ログ:20130216gpslog.html



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 お疲れ様でした・・・・・・しかし、一気に富士市まで行っちゃったんですね、私は三島市在住でした~♪

 国道1号線の由比バイパスは、自転車通行止めですから注意してください。 海岸線を行くなら県道396号に迂回して、太平洋自転車道という名ばかりの酷道に行くのがわかりやすいかな? もう一つ富士川を遡って国道52号線を使って興津まで行ってしまうのも手ですが、かなりの山道ですし距離が伸びますね。
 国道1号線のバイパスは、多くの場合自転車進入禁止です。 どんだけ自動車優遇なんだよとレポートするのもいいかもしれません。

無駄情報2

言い忘れましたが、浜松に向かうのに150号線の海沿いを選択した場合自転車道は使わないで下さい。また、その日が強風なら150号を諦めて1号線も選択ありです。1号線を通るなら磐田市に磐田の湯が500円、袋井のやわらぎは高いです。
私も1ヶ月遅れでこっとんさんを追っかけるよー
追伸、膝痛の対応として、私は大きなシップ薬を半分に切り、膝頭を挟むように両側から貼っていました。湿布薬は薬局で一番安い物で十分です。静岡県には杏林堂薬局が食材も安く売っているしおすすめかな
では、気をつけて駒を進めてください。 

No title

はじめまして、snufkon と申します。

現在日本一周をしており、近くを走っていたのでつい嬉しくてコメントです。
(草薙のマックで雨宿り中、富士まで行けるかな今日...)

6日目で雨と雪箱根峠とはかなり大変だったのではないでしょうか?しかも2月。自分も出発3,4日目で1000m越えの三国峠に突入し、すごく大変だった思い出があります。
日本一周中、これから多くの峠を登ることになると思いますが、箱根峠に比べればほとんどの峠は楽勝かと思いますので、どうぞ安心してください。(といってもやっぱり峠は疲れますが...)

ゴール直前のチャリダーからのアドバイスとして、
旅の最初は頑張りすぎてしまうチャリダーが多いので、ちょっとのんびりかな?くらいのペースで進むのが良いかと思います。

慣れるまで大変だとは思いますが道中お気をつけて、旅を愉しんでください。

ではでは、また覗きにきますね。

No title

名古屋にはいつ来るのかな~。
今週土日はお出かけしちゃうんで
かちあわないといいなぁ~。

No title

6日目にして箱根峠ってなかなかの挑戦ですね
無事越えられたみたいで安心しました

静岡は長いと思いますが頑張ってください。
どこかで会いましょう!!

No title

雪降ってるのにその荷物でよくぞ登られましたねwww

雪のある芦ノ湖っていうのもいい感じです。

夏は夏でいいんですけどね。
柿田川も見られればよかったですね・・・湧水がすごく綺麗でしたよ。

もう少しゆっくりでいいと思いますよ。季節柄体調崩しやすいですしね。
体が慣れてないようなので心配です。

No title

うわぁー寒そうだこりゃ。てか寒いかw

この先色んな峠が待ち構えてるけど、
吹き荒れる雪の中の箱根峠を越えたならもう何が来てもへっちゃらだね^^

うん。

雪国からひとこと。

雪は痛いね。|、` *)

>>ケンゾーサンさん

なんと、三島市在住の方でしたか!
最初は三島市で一泊する予定だったのですけど、箱根を越えたあとの変なテンションで「このまま富士市まで行ったるや!」と気まぐれに思い立ち、そのまま輪行してしまいました。
どうせならお会いしていろいろお話ししたかったです・・・。

国道1号線のバイパスは本当に自転車不可のところが多く、浜松に行くまでにだいぶ苦労しました。
グーグルマップのナビを頼りに進んでいったのですが・・・。
徒歩ナビなのに通行不可のバイパス歩いていけと案内するとかどういうことなの!

この2日で本当に「どんだけ自動車優遇なんだよ!」と感じましたw



>>どなたか

21日までに浜松に向かいたかったこともあって、海沿いではなく国道1号線を使っていきました。
しかし何度も歩行者、自転車不可の標識に阻まれ、だいぶ難航しました・・・。
もう少ししっかり下調べをしないといけないなぁと思いつつも、この行き当たりばったり感も悪くないなぁと感じている私はちょっとMっ気がry

膝は意外と平気なのですが、太ももの付け根あたりがだいぶキテいます。
お風呂でよく揉んだりしっかり温めたりはしているのですが、最近は痛くて座っている状態で左足が上がりません(´Д`)

おぉ、一か月後に日本一周スタートされるのですか?
私はだいぶ鈍行なので、ひょっとしたら追い抜かれてしまうかもしれませんねw



>>snufkonさん

初めまして、ようこそお越しくださいました(・∀・)
おぉ、草薙ということはだいぶ近かったのですね!
ゴール間近ということですが、今頃もう達成されていたり?

雪の箱根越えは確かに大変でしたが、内心で「ブログのネタができたぜぇ」とか考えていたあたり、まだ心に余裕があるのかもしれません。
今後の峠越えでもきっと今回の箱根を思い出して乗り切れるのではないかと思っています。
でもやっぱり・・・、峠越えはどんなものでも疲れますよねw

お気遣いありがとうございます。
最初は自分の思うように進まず焦っていましたが、今はだいぶ落ち着いてきています。
そもそもゆっくり周るために自転車を選んだわけですし、気張らず自分のペースを作って進んでいきたいと思います。

snufkonさんもどうぞ道中お気をつけて。
最後の最後まで、旅を楽しまれてください。



>>烏丸さん

土日はまだ浜松にいると思うので、そちらに行くのは来週の半ばから後半にかけてになると思います。
美味しい名古屋の食事を楽しみにしておりますよ(・∀・)ニヤニヤ
なんなら宿を提供してくれても良いのよ?(・∀・)ニヤニヤ



>>ゆ~たさん

序盤のボスにしてはだいぶ強敵でしたが、なんとか攻略できました。
まぁほとんど徒歩だったことを考えると、「攻略」には程遠いのかもしれません。
いずれは自転車で一度も降りることなく上り切れるようになりたいですね。
正直もう自転車では行きたくないですけどね、箱根w

どこかでお会いできたら良いですね!
私も楽しみにしております(・∀・)



>>じゃんぺーさん

もはや生存本能というか、あそこから脱しないことには生き残れないという思いで登り切りましたw
越えた後はしばらく、死んだような眼をしていましたけどね・・・。

柿田川!
しまった旅出る前にチェックしておいたのに、箱根のことで頭がいっぱいですっかり失念しておりました。
幸いにして埼玉からはそこまで遠くないので、この旅が終わった後にでも改めて訪れようかと思います。

お心遣い痛み入ります。
冬は体調を崩す要因が多々あるので、常に気を付けて体を労わりながら進んでいきたいです。



>>ジョンさん

寒いわ!w
思えばジョンさんも2月に出られたんですよね。
最初は寒くて心が折れそうになったりしたのでしょうか?

お、おう!
どんな峠がきても、雪の箱根に比べれば屁でもないさ!
ないさぁ・・・(´Д`;)



>>赤い牛さん

一つ大人になりました(`・ω・´)
今ココ!
プロフィール

こっとん

Author:こっとん
年齢:20代後半
性別:男
身長:高め
体重:今後減る予定

自転車に乗って気ままに日本を周ってきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログランキングに参加中!
気が向いたときにでもクリックして頂けると嬉しいです。
アクセス数
検索フォーム
こっとんへメール

お名前:
メールアドレス:
本文:

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。