スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【59日目】(4/10)死の恐怖【広島】

4月10日水曜日、道の駅「みはら 明神の里」にて起床。

室内のPR映像が耳障り気になって全然眠れなかったので、結局外にテントを張って就寝した昨晩。
若い男女のキャッキャウフフが少し離れたところでずーっと聞こえたために、どちらにしろ熟睡はできませんでした。

DSC_0905.jpg



テントを片付け屋内の休憩所でパンを頬張っていると、「外の自転車の方ですか?」と男性に話しかけられました。

DSC_0904.jpg

この方はバイクで日本一周にチャレンジしていたのですが、途中で事故に遭い治療のために已む無く中断することになったのだとか。
それで戻ってきたのが、この日のつい2~3日前なのだそうです。

交通事故は怖いです。
いくら自分が注意していても相手からぶつけられたり、といったことも十二分にあるわけですから。(フラグ

30分ほど話をして、最後に応援の言葉を戴いて別れました。

今頃は旅を再開されているのでしょうか。
どうぞ、お気をつけて。





DSC_0908_20130724104616.jpg

さぁ、今日は広島市街の手前まで進みます。



DSC_0909.jpg

DSC_0912_20130724104618.jpg

瀬戸内海を横に走ります。
しかし前日の疲れが残っているためか、足は重くモチベーションもどうも上がらない。



DSC_0914.jpg

ふと気が付くと、右ペダルの反射板が脱落していました。
静岡で応急処置した左側は意外にまだ保っています。



DSC_0915_20130724104640.jpg

・・・万?



DSC_0916_20130724104642.jpg

せっかく来たんだから美味しい牡蠣食べたいなぁと思っていたのですが、この時期はちょうどシーズンが過ぎたあたりらしいです。



DSC_0917_20130724104643.jpg

しかし今日も風が強い・・・。
加えて、写真を見て頂ければ分かると思いますが、路側帯がもはやないに等しいです。
それなのに交通量は多くトラックも頻繁に通るので、もう常にビクビクしながら慎重に走らざるを得ない状況。



DSC_0921.jpg

DSC_0922.jpg

このような余裕のない道がずっと続き、私自身だいぶ疲れていたのでしょう。
後ろから来る車の大きさに気を配る余裕がなかったのです。





しばらく私の後ろでくすぶっていたトラックが、意を決したかのように急に速度を上げて私の横を通り抜けていきました。
ダンプカーか何かだと思っていたその車両は、木材などを積むような車両を連結させた大型のトレーラーでした。
急に追い抜き始めたトレーラーに驚いた私はバランスを崩し、右に左にとフラフラしました。
なんとか立て直そうとするも、全長の長いトレーラーはまだ私の横にその大きな車体を残しています。

次の瞬間、「ザリッ!」という音とともに自転車の右前バッグが、トレーラーのその大きな後部車輪に擦りつけられました。

危ない!!!!!!!!




















私はガードレールにも身をぶつけましたが、転ぶことなくどうにかその場に停まることができました。
運転手は気が付かなかったのか、何事もなかったかのように走り去ってくトレーラー。
しばらく呆然とその場に立ち尽くしました。

そのあと恐怖で震えが来ました。

もしあのままバッグの紐などが引っかかりでもしていたら、私は確実に自転車ごと、あの大きな車輪に巻き込まれていたでしょう。
自転車に乗っている私と同程度の高さがある大きな車輪です、間違いなく生きていなかったと思います。
肉は潰され、骨は砕かれ、恐らく私を私と判別できないほどにぐちゃぐちゃになっていたかもしれません。





車の運転手からすると、横膨れした自転車はかなり邪魔でしょう。
トラックの運転手ともなると目的地までの時間も迫っていて、焦る気持ちもよくわかります。
私自身、いえきっと世のチャリダーのほぼ全てが、後ろから迫る車に対して「きっと邪魔だろうな、申し訳ないな」と感じながら走っていると思います。

しかし自転車は車より速く走ることは、まずできません。
どうやったって追い抜かれるしかないのです。
路側帯の無い道、歩道の極端に狭い道などはどうしても車道を走らざるを得ません。
後ろから車が迫るたびに、それに注意して走らなければならない自転車は、実は精神的に相当疲れる乗り物なのだと、旅に出てから痛感しました。



荷物を積んだ自転車は、いくら乗り慣れたと言ってもやはり不安定です。
幾度となく目測を誤って縁石に荷物を擦りつけ、手を負傷しました。
荷物を積んでいなくとも、ちょっと大きな車が横を通れば風に煽られてバランスを崩します。
小石ひとつをうっかり避け損なっても転ぶ危険があります。

自転車と言う乗り物は、思っている以上に危険なものだということを知らなければならないと思います。
乗る人も乗らない人も。



車の運転手の皆様。
車で自転車を追い越す時はどうか、気持ちに余裕を持って、広めの車間距離をあけて追い越してやってください。
どうかお願い致します。

また自転車に乗る皆様。
こちらが何をしなくとも車が注意して追い越してくれると高を括らず、危険と感じたらその都度停まってやり過ごしたり、速度を落としたり、面倒がらず実行してください。
ハンドサインで車の運転手に意思を伝えることも大切です。



今回のことで、これでもかと身に恐怖を刻まれました・・・。



















(・ω・)閑話休題。



















しばらく走ると見えてきました呉市!

DSC_0918_20130724104644.jpg

ここにきてようやく「広島に来たなぁ」と実感しましたw




なにやら視線を感じる!

DSC_0924.jpg

・・・・・・(´゚x゚`)

うん、ラクガキするにしても何故そのデザインを選んだ。

でも言わせてくれ。



秀逸!w





DSC_0925.jpg

造船所かなー?



DSC_0927.jpg

歩道と区別するためか、中途半端にある段差は自転車にとって脅威です。



DSC_0930.jpg

休山トンネル。
これがまた走りやすい。



DSC_0932.jpg

全てのトンネルはこうあるべきだと思うのです。
難しいのはわかっているのですけどね。





DSC_0935.jpg

夕方にようやく大和ミュージアムに到着!



DSC_0934_20130724104938.jpg

横には大きな潜水艦が鎮座しています。
でっけー!かっけー!



さて、大和ミュージアムの中へ。
しかし基本的に撮影禁止。
戦艦大和の巨大模型は撮影できたのでそれを載せますね。

DSC_0950.jpg

DSC_0943.jpg

DSC_0945_20130724105002.jpg

DSC_0948.jpg

うーん、格好良い。
この大和があったからこそ、今の日本の造船技術があるのですね。
そしてここで私も魔法の言葉「バルバスバウ」を覚えたのです!





DSC_0955.jpg

外に出るともうわけがわからない程の強風が。
それでも自転車漕いで次の目的地へ。



DSC_0957_20130724105036.jpg

ヤマトギャラリー零!

宇宙戦艦ヤマトをはじめ、松本零士さんの作品や生い立ちなどが展示、紹介されています。
内部の撮影は可能だったのですが、ネットに載せることは禁止とのことなので残念ながら写真はありませぬ。



DSC_0979.jpg

外にはこんなパネルも。
今は「ヤマト2199」としてテレビ放送もしていますが、初期のヤマトもまた観たいものです。





DSC_0980.jpg

その後は強風の中どうにかチャリを進め、広島市街の手前にある健康ランドに入りこの日は終了。
翌日の夕方に人と会う約束があるので、明日はそれまでグータラします。



・・・それにしても、本当に無事でよかった(;^ω^)
皆様もどうか交通事故にはお気を付けくださいませ。





走行距離:約93km
走行時間:約6時間40分

総走行距離:約2,017km

走行ログ:20130410gpslog.html

 
 
 
スポンサーサイト

【58日目】(4/9)しま☆なみ走行記録【愛媛→広島】

4月9日火曜日、今治市のネカフェにて起床。
本日はいよいよしまなみ海道を走り、四国に別れを告げます。

DSC_0824_20130721132647.jpg

あれが今治城かぁなどと思って写真を撮りましたが、全くの別物でした。
しかも日付も間違えるという体たらくっぷり。
だらしねぇぜ。



DSC_0825.jpg

まずはしまなみ海道に向けてちょいちょいと走ります。



DSC_0827.jpg

しばらくすると白線に沿って青いラインも現れました。
この線に沿っていくことで、迷うことなくしまなみ海道を走り切ることができるという親切設計です。
まぁ私は途中ちょっと迷いましたけどね(・∀・)



DSC_0829.jpg

まずはあそこまで上がるのですね。
聞いた話では橋ごとに坂を上り下りしなければならないとのことなので、心してかからないと・・・。



DSC_0830.jpg

尾道まで約70km。



DSC_0832.jpg

自転車なので左。
しばらく進んでいくと。



DSC_0835.jpg

いよいよしまなみ海道スタート!
まずはひとつめ、来島海峡大橋。



DSC_0839.jpg

風は強いですが、幸いにして橋の上ではほぼ追い風なので非常に気持ちが良いです!
天気も良くて絶好のしまなみ日和。
早朝のためか人通りもなく思いっきり飛ばします。



DSC_0843_20130721132716.jpg

あっという間に渡り切ってしまいました。
橋を下り青い線に沿って島内を漕いで行きます。



DSC_0846.jpg

ふたつめの伯方・大島大橋。
それにしても見事な横風である。



DSC_0849_20130721132754.jpg



DSC_0853.jpg

大三島橋。
うん、見事な横風である。(二回目



DSC_0860_20130721132756.jpg

DSC_0862_20130721132757.jpg

多々羅大橋。
形がなんか格好良い!



DSC_0863.jpg

いやぁ大きいなぁ。
日本の建築技術は素晴らしいですね(*´ω`*)



DSC_0865.jpg

支柱の下にはこのような看板とともに拍子木が置いてあります。
実際に鳴らしてみると、綺麗に音が反響します。
車だとただ通り抜けるだけなので、こういう体験ができるのは自転車ならではですね。





DSC_0870_20130721132818.jpg

生口橋を越えて。



DSC_0872_20130721132820.jpg

気が付けば最後、因島大橋。
ここだけ橋下を通ることになります。
これはこれで面白いのですが、やはり最後の橋は良い景色を観ながら走りたかったなぁ。



DSC_0879.jpg

全ての橋を渡り切りました。





DSC_0878_20130721132858.jpg

と言うわけでここでようやく休憩。
写真ではわかりにくいですが、海風が強くて砂がバンバン顔に当たりますw

実は因島で立ち寄ったお店であるものを購入しておいたのです。
ここでそれをいただくことにしましょう。





DSC_0873.jpg

はっさく大福!



DSC_0874.jpg

いちご大福!



DSC_0875_20130721132857.jpg

カフェオレ大福!



全部大福やんか!w

以前、電こうそPさんから「因島のはっさく大福は絶品です」と教えて頂いたので購入してみました。

ただ私の中では柑橘系とあんこはどうも相容れないので、美味しいのかなぁと正直半信半疑だったのです。



ところが食べてみるとこれが美味!
苦手だったあんこの甘みと柑橘の酸味が、この大福は絶妙。
はっさく特有の少しの苦味がまた良い味を出しています。

もう数個買っておけば良かったと本気で後悔しました。
買ってすぐに食べていれば・・・。

あとのいちご大福とカフェオレ大福も美味しかったのですけど、やはりはっさく大福の衝撃が強かったです。

是非もう一度食べたいですね。
ごちそうさまでした!










その後はだらだらーっと走り、最後の渡し舟へ。

DSC_0882_20130721132900.jpg

・・・せっかく今治からここまで自転車で走ってきたのだから、最後もしっかりチャリ漕いで本州に渡りたかったのですけど、どうやら船でしか道がないようで。

広島方面からスタートすれば、自分の足で四国の地を踏めるのですけどねぇ。





DSC_0889_20130721132925.jpg

ぼやきつつも、尾道に上陸!
ただいま本州。



DSC_0887.jpg

13時半に着いたので、スタートして6時間ほど。
道中は確かにアップダウンが多かったですが、意外と辛くはなかったです。
ゆーじろーさんもおっしゃっていましたが、やはりその時の気持ち如何でつらい坂も難なく越せたり、かと思えば何とはない道もしんどかったりするものですね。

その日の自分の気持ちをいかに持ち上げるか。
チャリダーにはかなり重要なことだと思います。




DSC_0890_20130721132926.jpg

つまり、しまなみ海道を走り切って満足してしまったので、この日は近場の道の駅で終えることにしたというわけです(・∀・)
気持ちが緩んだせいか、疲れもどっと出てきましたしね・・・。



と言うわけで道の駅「みはら 明神の里」
この道の駅はまだ新しいらしく非常に綺麗でした。

ただここに来るためには勾配10%近い厳しい坂を上らないとなりませんが(´Д`)



DSC_0893.jpg

タコの町とな。
お腹も空いたのでひとつ購入。



DSC_0895.jpg

程よい歯ごたえで美味しいです。
ただやはりこういうものは割高ですよねぇ。



DSC_0896.jpg

抹茶ミックスソフトも購入。
走った後のソフトクリームは格別です。
って以前も言ったような気がする。



DSC_0897.jpg

高台にあるので瀬戸内海が一望できます。



DSC_0899.jpg

夕陽を見ながら物思いに耽て、この日は終了です。

ちなみにこの道の駅は休憩所が24時間開放されているのですけど、三原の紹介映像が延々流れていて眠れなかったので、やむを得ず夜中に外に移動して寝ましたw





走行距離:約89km
走行時間:約6時間50分

総走行距離:約1,924km

走行ログ:20130409gpslog.html

 
 
 

【57日目】(4/8)ママチャリが競る【愛媛】

松山で夏目漱石の軌跡に触れたためか、55~56日は漱石の本に読み耽っていました。
まぁ天気もぐずついていましたし、本人が暮らした街でその作者の本を読むというのもなかなか乙なものです。
こういう楽しみ方ができるのも面白いなぁ。





そして4月8日月曜日、松山市街のネカフェにて起床。
4日も続けて寝泊まりしたので完全に怪しい人と思われていた気がしますw

この日はようやく重い腰を上げて松山を出まして、しまなみ海道手前の今治市まで走ります。



ありがとう松山、また必ず来ます。
その時はきっと道後温泉も改装工事が終わって、違った趣になっているんだろうなぁ。
それはそれで楽しみな気もします。



駅前のチャリ置き場から4日ぶりに相棒を引っ張り出してスタート。
日付ボードは完全に失念しておりました(*ノωノ)

DSC_0808_20130707162723.jpg

DSC_0810_20130707162725.jpg

路面電車も楽しかった。
地元では全く走っていないからなぁ。



DSC_0814.jpg

DSC_0815_20130707162728.jpg

今治までは約50kmなので、のんびり走ります。
晴れた日の海沿いは気持ちが良いですねぇ(*´ω`*)
歩道や路側帯もそこそこ広く、車を気にせず走れるのはやはり精神的にラクです。

なんて考えつつ鼻歌を歌いながら走っていると。

DSC_0816.jpg

片手で携帯を弄りながらチャリに乗っている兄ちゃんを追い越しました。





・・・しばらくするとその兄ちゃんに追い抜かれました。

先ほど弄っていた携帯は閉じられて左手に握られていました。
「ずいぶん急いでいるなぁ」なんて考えながら走っていると、しばらくして再び私が追い抜きました。
兄ちゃんは再び携帯を弄っています。





・・・ほどなくしてその兄ちゃんが本気でチャリを漕いで私を追い抜いていきましたwww

弄っていた携帯はポケットにでもしまったのか、その両手はしっかりとハンドルを握りすごい勢いで私の横を走り抜けていきました。
追い抜いてからもチラチラと後ろを気にしながら、私との距離を保ちつつ前を走る兄ちゃん。

なんだろう、抜かれたのがそんなに気に入らなかったのかしら・・・。



その後しばらく私の前を走っていた兄ちゃんは、途中で道を曲がって何処へともなく消えていったのでした。






DSC_0817_20130707162802.jpg

これはやはり夏目漱石から来ているのだろうか。



DSC_0818.jpg

DSC_0820.jpg

瀬戸内海。
美しい海は星の宝です。



DSC_0821.jpg

しばらく走って今治市に突入。



DSC_0822_20130707162808.jpg

タオルが有名なんだとか。
全く知らなんだ(´・ω・`)



DSC_0823.jpg

ものすごい既視感。

この後はマックでブログ編集をして時間を潰し、近くのネカフェに入ってこの日は終了です。





翌日はいよいよしまなみ海道!
予報では天気も良いようですし、絶好のサイクリング日和となりそうです。

そして四国ともお別れ。
なんだかんだで3週間ほどいましたが、正直まだまだ足りない気がします。
最初は四国にそこまで特別な思いはなかったのですけど、実際に回ってみて、本当に素敵な場所だなぁと感じました。
土地も人も本当に良くて。
出会いも多く、とても濃い四国旅でした。



今度は是非家族と来たいです。

主にカツオ目当てで!w





走行距離:約49km
走行時間:約3時間

総走行距離:約1,835km

走行ログ:20130408gpslog.html

 
 
 

【54日目】(4/5)松山観光【愛媛】

4月5日金曜日、松山市街のネカフェにて起床。

DSC_0735.jpg



この日は路面電車に乗って松山観光です。
いやぁ楽しみ!

本当に偶然なのですけど、高知でたまたま夏目漱石の「坊っちゃん」を読みまして。
その舞台が愛媛は松山なのです。
実際に夏目漱石も松山の学校で教鞭をとっており、その体験が坊っちゃんに活かされたとされています。

ある意味、聖地巡礼ですねw





程よく陽が高くなるまでファミレスで時間を潰し、お店などが開く時間帯にスタートです。

DSC_0736.jpg

昨日購入した1DAYパスのおかげで、この日は路面電車が乗り放題。

電車での旅も面白そうですよねぇ。
鈍行で外の流れゆく景色を観ながらのんびり行くのも、味があって楽しそうです。



松山市駅前から乗り、まずは大街道で降ります。

DSC_0737_20130701145218.jpg

アーケードを少し進んでいき。



DSC_0738_20130701145219.jpg

「十五万石」というお店へ。
ここでは活き鯛めしなるものが食べられるとのことで、まずはここから始めようと意気込んで開店時間に合わせて来ました!



DSC_0739_20130701145220.jpg

店内は小料理屋のような、ちょっと高価な雰囲気。



DSC_0740_20130701145239.jpg

こちらが活き鯛めし。
新鮮な鯛の切り身を、卵入りの特製ダレに絡め混ぜ、ご飯にかけて食べるという代物。



DSC_0741_20130701145240.jpg

これだけで美味しそう。



DSC_0742.jpg

こうなります。



味はもちろん美味!
と言うか不味いわけがありませんねw

ただ感覚としては豪華な卵かけごはんと言う感じ。
せっかくの新鮮な鯛のお刺身なので、どうせなら醤油とわさびで味わいたいとも思ったり。
まぁもともと船の上で食べる漁師飯らしいので、火を使わない丼ものになるのは当然ですね。

何にしても美味しかったです。
ごちそうさまでした!











少し早目のお昼を食べた後は再び路面電車に乗り、南堀端で下車。

DSC_0745_20130701145243.jpg

DSC_0746.jpg

愛媛県美術館。
文字が達筆すぎて読めなかった・・・w



DSC_0760_20130701145438.jpg

目的はもちろんコレ。
小さい頃に観た特撮なんてゴジラくらいな私ですが、ナウシカ(巨神兵)大好きな私としては観ないわけにはいかんでしょう!
ナウシカの原作も一度最後まで読んだことがありますが、衝撃でした。
今度改めて読み直したいなぁ。





さて、早速中に入って見学。
残念ながら撮影はほぼ禁止。
まぁ美術館ですしね。

中は特撮の歴史や実際に使われていたミニチュア、舞台美術の展示、そしてヱヴァと同時上映された「巨神兵東京に現る」のメイキングビデオ、作品上映などが行われていました。
全体的にやはりウルトラマンが多かったですね。

特撮に関わってきた方々の熱意、創意工夫が非常におもしろい!(興味を惹かれる、刺激があるという意味でです)
物作りとはこうあるべきだという姿勢に、私も胸が熱くなりました。



ほんの一部撮影OKな部分があったので、そこだけ掲載。

DSC_0747_20130701145319.jpg

ミニチュアのセットも。



DSC_0750_20130701145320.jpg

視点を変えるだけで奥行やリアリティが出ます。



DSC_0751_20130701145321.jpg

DSC_0754.jpg

細部までしっかり作り込まれています。



DSC_0755.jpg

DSC_0756.jpg

DSC_0757.jpg

「巨神兵東京に現る」の1シーン。



DSC_0753.jpg

特撮関係者のサインでしょうか。



DSC_0759.jpg

最後は樋口真嗣監督のボードで〆。










さぁ、次はいよいよ坊っちゃん列車に乗ります!
まずは松山市駅前まで戻り。

DSC_0761.jpg

坊っちゃん列車の方向転換作業。
まさかの人力ですw



DSC_0763.jpg

「うおおおお!!」



DSC_0765.jpg

「どおりゃああああああああ!!!!」



DSC_0767_20130701145502.jpg

1DAYパスがあれば、+100円で坊っちゃん列車に乗ることができます。
「1」の部分が指で隠れてますが(´・ω・`)



DSC_0766.jpg

レトロやー!



DSC_0770.jpg

とても良い雰囲気。
夏目漱石もこんな列車に乗って通勤していたのでしょうか。



DSC_0768.jpg

当時の人々に思いを馳せながら、坊っちゃん列車で再び道後温泉へ!



DSC_0775_20130701145527.jpg

昨日は展示されていた1号機がありませんでした。
ちゃんと現役で走っているんですね。



DSC_0776_20130701145528.jpg

途中見つけた「一六タルト」なるものをひとつ購入。
タルトと書いてありますが、ご覧の通りロールケーキです。
ゆずの風味が効いた和菓子でお土産の定番らしいのですが、個人的にゆずがそこまで好きではないのもあってか、しっくりきませんでした(;・∀・)





DSC_0778.jpg

さぁ、道後温泉2回目!
今日は一番上のランクをチョイス!



DSC_0779_20130701145551.jpg

うん、高い。
しかし作中で坊っちゃんは風呂上りに個室で涼むのです。
個室に行くにはこの値段で入るしかないのです!
ここまで来てケチってたまるかー!





IMG_0554.jpg

昨日通された大広間の横にある急な階段を登ります。



IMG_0555.jpg

細い廊下の左右に部屋が並びます。

そして今回もなんとまさかの最奥の角部屋!
ここにきて急に運がついてきました。
これは私にもっと漱石を感じよという神のお告げなのか。



DSC_0780_20130701145552.jpg

ここが通された個室。
三畳一間の小さな部屋ですが、とても良い雰囲気。

個室には限りがあり制限時間が設けられているので、サクッとお風呂に入って部屋でゆっくり涼むとしましょう。





DSC_0786.jpg

個室ではお茶と坊っちゃん団子なるお菓子がいただけます。
昨日のおせんべいも美味しかったですが、やはりお茶には団子ですね!



DSC_0794.jpg

ただ景色は昨日の方が良かったです。
実はこの部屋の向かいが「坊っちゃんの間」と言う部屋になっており、そこは昨日私が通された席の真上に位置しているのです。
やはり一番良い場所に坊っちゃんの間が作られているのですね。



IMG_0558.jpg

こちらが坊っちゃんの間。



IMG_0557.jpg

IMG_0559.jpg

則天去私。

部屋の中には写真や、松山で過ごした漱石の年表などが展示されていました。



IMG_0561.jpg

向かいが私が通された部屋。



DSC_0792.jpg

残りの時間は風に吹かれながらのんびりくつろぎます。
作中の坊っちゃん、当時の夏目漱石も、ここで涼みくつろいだのでしょうか。
ゆっくりと時間が流れていきます。









DSC_0795.jpg

ありがとう道後温泉、楽しかった!
絶対にまた来ます。

ただ聞いたところによると、耐震強度の関係で2年後に大規模な改修工事が始まるそうです。
極力今の形は残すでしょうけど、多少なりとも変わってしまうのは避けられないでしょうね。





DSC_0800.jpg

夜はアーケードの入り口にある「味倉」へ。



DSC_0802.jpg

じゃこてん。
お店によって配合する魚の量や種類が違い、味も変わるらしいです。




DSC_0804.jpg

そして鯛めし!
こちらは鯛にもしっかりと火が通っています。

出てくるまでに30分近くかかった!お腹空いた!



DSC_0806.jpg

しゃもじで鯛を崩しながらよそいます。

これも美味!
ただ骨が多くて食べにくいのが難点でしょうか。
それと意外と量が少ない・・・。

そして何より。





DSC_0807.jpg

釜にご飯がくっつきすぎ!
いっくらしゃもじで取ろうと試みても一向に取れない。
已む無く諦めました。勿体ない・・・。





その後は昨日同様、市街まで戻り同じネカフェに入って就寝。
街を楽しみ、作品を思い、食を堪能した一日でした。
いやぁ楽しかった!
 
 
 
今ココ!
プロフィール

こっとん

Author:こっとん
年齢:20代後半
性別:男
身長:高め
体重:今後減る予定

自転車に乗って気ままに日本を周ってきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログランキングに参加中!
気が向いたときにでもクリックして頂けると嬉しいです。
アクセス数
検索フォーム
こっとんへメール

お名前:
メールアドレス:
本文:

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。