スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【42、43日目】(3/24~25)北海道チャリダーとの邂逅【香川→徳島】

連続投稿ー。





-------------------------------





3月24日日曜日。
この日は一日マックに籠ってブログ編集。

・・・とは言っても日頃の睡眠不足のせいで、夢と現の間を行ったり来たりでブログがちっとも進まない。
店員さんに起こされたり横倒れする直前に我に返ったりを繰り返し、何をしに来たんだかわからないまま再度ネカフェに入りこの日は終了。

しかしこの停滞日のおかげで、翌日にとある人との出会いを果たすわけです。





-------------------------------





3月25日月曜日、高松市のネカフェより43日目スタート。

DSC_0318.jpg

この日は徳島まで戻り、鳴門海峡の大渦を観に行きます。
潮見表を見ると、この日は大潮で渦の観測にはもってこいなのです。

昨日までの一週間はどの日も潮があまり良くなく、どうしようか悩んでいました。
しかしせっかく行くのなら条件の揃った日にしようと思い、日程の調整を行ったわけです。
初日に鳴門海峡を通り過ぎたのも、昨日一日停滞したのもこの為。



時間を見ると、この日は11時と17時あたりが最も観測に良いとされていたので、17時に目標を合わせて出発。
高松から鳴門まで60キロほどですから、ちょうど良いです。

・・・と、このときは思っていたのですけど。





DSC_0319.jpg

7時過ぎから徳島に向けて走ります。

既に一度通った道なので特に景色を見るわけでもなく無心に走っていると、途中のコンビニで休憩している一人のチャリダーを発見。
お互いに「頑張ってー」と手を振り挨拶をして通り過ぎました。










追いかけてきました。

DSC_0321.jpg

彼は大学生のキタムラさん。

なんでも北海道から来ているそうで!
休みを利用して自転車で四国一周を目指しているそうです。

ここで会ったのも何かの縁、方向も同じだったので一緒に走ることに。



DSC_0323_20130424115049.jpg

サイクリング部だけあって、頻りにハンドサインを送ってくれます。
普段一人で走っている私には、最初はどのサインが何を意味しているのか分かりませんでしたw

しかし荷物を満載している危険な自転車に乗っている身としては、車道を走る車に意思を伝えるためにもハンドサインを覚えておかないといけないなぁとこの時感じました。
・・・いまだに学習していませんけど(´Д`)

教習所に通っているときに勉強した記憶が無きにしも非ずですが、もうこれっぽっちも覚えちゃおりませぬ!



DSC_0329.jpg

DSC_0332_20130424115117.jpg

DSC_0335.jpg

DSC_0340_20130424115121.jpg

17時到着予定のはずが、11時過ぎには着いてしまいましたw
やはり一人で走るのと二人で走るのとではだいぶ違うものなんですねぇ。
普段の私なら1日かけて60キロ程度が常なのですが、このときは午前中だけでそれを超えていました。



幸いにして観測に良いとされる11時過ぎに着いたので、早速「渦の道」から観に向かいます。

DSC_0341.jpg

キタムラさんは渦を観る予定はなかったそうですが「せっかくなんだから少しくらい観光しなよ!You渦観ちゃいなYo!」とけしかけt・・・勧めたところ、一緒に行くことに。



よーし!でっかい渦観るぞー!撮るぞー!うひょー!
と二人で意気込みます。



渦はどこだー!
アレかー!?(パシャッ

DSC_0348_20130424115126.jpg



あそこかー!?(パシャッ

DSC_0352_20130424115212.jpg



いまだー!!(パシャッ

DSC_0353.jpg



・・・。(パシャッ

DSC_0356_20130424115221.jpg










ウワーン(ノД`)








辛うじて渦っぽいものが撮れたのがこちら。

DSC_0355.jpg

やはりいくら良い条件が揃っていたとしても、観られるかどうかは運次第なんですね。
それでも迫力のある潮の流れを観ることができたので、これはこれで良しとしましょう。





DSC_0359.jpg

渦?を堪能した後は、徳島市街に向けて海沿いを走ります。
これも二人でガシガシ走っていくのであっという間に到着。



DSC_0362.jpg

県庁を撮るキタムラさんを撮る。

ここでキタムラさんは市街のネカフェに宿泊予定、私はもう少し先の道の駅に向かうのでここでお別れ。

DSC_0364_20130424115248.jpg

もう一度パシャリ。
「方向が同じなのできっとまた会うかもねー」なんて言葉を交わし、握手をして別れました。
楽しかったよ!





その後私はもう少し高知方面に向けて走り。

DSC_0366_20130424115250.jpg

途中でお風呂に入って汗を流し。



DSC_0369_20130424115252.jpg

遠くの夕焼けを背に走り。



DSC_0372.jpg

目的の道の駅「公方の郷なかがわ」に到着。
風が強い中、どうにか軒下にテントを張りこの日は終了。

この日は初の100キロ越えでした。
普段の私からは考えられない。





走行距離:約111km
走行時間:約7時間20分

総走行距離:1,314km


走行ログ:20130325gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 
スポンサーサイト

【41日目】(3/23)うどん県でうどんを食べた話【香川】

こっとんです。

宮崎市内にある「ゲストハウス平和」に滞在中です。
明日は雨のようなので、屋久島やら沖縄やらの情報を集めつつゆっくりしましょうかねー。





-------------------------------





3月23日土曜日、道の駅「滝宮」より、よんじゅーいちにちめスタート。

DSC_0313_20130422174536.jpg

この日はうどんを食べて高松市に戻り、そのままブログ編集へとなだれ込む予定。

昨夜話しかけてくださったおじさんが、この近くに美味しいうどん屋さんがあると教えてくれたので、早速そこに向かいます。





DSC_0314.jpg

ちょろちょろっと走って到着。「山越うどん」
・・・8時半からやっているとのことだったのでそれに合わせて来たのですけど、既に並んでいらっしゃる(;・∀・)
近くの専用駐車場も、既に警備員さんが出て誘導しているほど混雑していました。

少し呆気にとられながらも、これ以上並ばれる前にそそくさと列に入ります。



DSC_0315_20130422174539.jpg

おじちゃんの話だと釜玉が美味しいとのことだったので、それを頼みます。
しかしせっかく本場のうどんを食べるならシンプルにいきたい気持ちもあるわけで。



DSC_0316.jpg

こうなりました。
左:釜玉うどん(大) 右:かけうどん冷(小)

・・・素直に釜玉も小にしておくべきだったかしら。



うどんはやはり冷やしの方がコシが強く、のど越しもこちらのほうが良いです。
つゆは比較的薄味ながらも出汁の風味はしっかりと、それでいてうどん本来の味を感じさせるナイスな一品でした。
そして釜玉は安定の美味しさ。
一時期丸亀製麺の釜玉うどんにどっぷりハマっていた時期があり、毎日のように釜玉を食べていました。

結局多すぎかと思っていた3玉のうどんをペロリとたいらゲフー。



・・・。



・・・。



・・・うっぷ。




うん、やっぱ少し多かったわ( ゚Д゚)

でも美味しゅうございました!





DSC_0317.jpg

食べ終わってお店を出ると長蛇の列。
もう少し遅れていなかったら危なかったぜぇ。

とは言ってもかなり回転は速いので、そんなに待たずに食べられると思います。





その後だらだらーっと走って高松市まで戻り、マックに籠ってブログ編集→ネカフェの定番コースでこの日は終了。





走行距離:約29km
走行時間:約2時間

総走行距離:1,232km


走行ログ:20130323gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【40日目】(3/22)しあわせさん。こんぴらさん。【香川】

連続投稿こっとんです。
前回の記事は内容が薄かったのでね!



パソコンの調子が悪いのか、はたまたFC2のアップローダーないしはサーバーの調子が悪いのかわかりませんが、写真データのアップロードを度々、と言いますかほぼ確実に失敗します。
(FC2からインフォメーションが出ているわけではないので、後者は恐らくないと思いますが)

一度に最大5つのファイルを同時にアップロードできるのですが、ここ数日は「1枚成功、4枚失敗」という状況が続いております。
ひとつの記事で30枚の写真を使う場合本来アップロード作業は6回で済むのですが、今の状況だと枚数分、つまり30回やらないといけないわけでして。
これがとんでもなく手間なのです。手間なのです!

いっそ1枚もアップロードできない状態になれば諦めもつくのですが(えっ
何故かデータ単体であれば9割方成功するので、今はやむを得ず写真を1枚々々アップロードしてから記事を書いております。

・・・すっごいめんどry





-------------------------------





3月22日金曜日、やしま第一健康ランドより40日目スタート。

DSC_0212.jpg

この日はこんぴらさんこと金刀比羅宮を観光します。
しかしチェックアウトの時間が10時とかに設定されていると、ついその時間ギリギリまで居座ってしまうのは良くない癖ですなぁ。
この日も例に洩れず10時に健康ランドを出て準備をしてからのスタートだったため、この時点で既に10時半。
まぁ距離としてはそこまで遠くないので、余裕ではあるのですけど。



DSC_0214.jpg

走りやすい道をひたすら漕ぎ進んでいきます。



DSC_0218.jpg

絵に描いたような綺麗な山の形。



DSC_0215.jpg

水面が赤い何かで埋まってます。
恐らく散った花びらだと思いますが、遠目に見ると赤く塗装されたアスファルトのよう。



DSC_0223.jpg

しばらく走って、金刀比羅宮に到着。

DSC_0224.jpg

お土産屋の並ぶ道を上へ上へと登っていきます。

DSC_0225.jpg

石段かご・・・どんなものでしょう。

DSC_0228_20130421130232.jpg

と思っていたら前方からそれらしきものが。
これを日に何度も行う担ぎ手は大変そうです。



DSC_0227.jpg

「困った息子です」があったらきっと私はいたたまれなくなって帰っていたかもしれません。



DSC_0231.jpg

DSC_0236_20130421201534.jpg

桜が良い具合に咲いています。
晴れていればまた色鮮やかに見えたのでしょうが、途中から曇ってきてしまったのが残念です。



DSC_0239.jpg

DSC_0240_20130422083800.jpg

笑顔でおまいり。こんぴらさん!!



DSC_0241.jpg

門をくぐってもまだまだ道は続きます。



DSC_0248.jpg

しあわせさん。こんぴらさん。



DSC_0252_20130422084001.jpg

なんのこれしきの階段・・・(;´Д`)



DSC_0259_20130422084020.jpg

立派なお社ですが、御本殿ではありません。



DSC_0269_20130422084055.jpg

こちら。



DSC_0285.jpg

先ほど見たお社の方が厳かに見えなくもない。



DSC_0266.jpg

出発した時は晴れていたのですけど、今は完全に曇っています。



DSC_0272.jpg

なんでも奥社なるものがあるようなので、頑張ってもう一登りします。
御朱印もこの本殿とは別とのことですから、これは行くしかないでしょう!(もはや目的がそっち



DSC_0274.jpg

びゃあぁああぁあぁ・・・



DSC_0275.jpg

20分ほど歩いてようやく到着。



DSC_0278.jpg

1,368段。今までで最多です。



DSC_0276_20130422084151.jpg

うん。やっぱり曇ってる。





参拝も済ませたので、御朱印を戴いて金刀比羅宮を後にします。
実は下りの方が足に負担がかかるんですぜ・・・。



DSC_0296_20130422084229.jpg

途中で見つけた大きなプロペラ。

DSC_0297_20130422084244.jpg

ほうほう。
しかし何故ここに(^ω^)?

※後に調べたら、こんなページを見つけました。










金刀比羅宮にいたのは2時間ほどでしょうか。
程よく陽も傾いていたので、目的の道の駅に向けて走り始めます。

DSC_0310.jpg

はい到着!
道の駅「滝宮」です。

なんでも滝宮はうどん発祥の地と言われ、この道の駅もうどん打ち体験、実演コーナー、うどんの味わえるレストランまで揃ったうどん尽くしの道の駅なんだとか。
外装が工事中なのがいささか不安ですが気にせず突撃です!



レストラン。
DSC_0311.jpg

※この時16:30。



フードコート。
DSC_0312_20130422084351.jpg

※この時16:31。





(*ノωノ)なにも見えなーい。見えてなーい。





下調べした時に確認した営業時間は、確か19時までと表記されていたと思うのですが。

やむを得ずこの日はラーメン作って・・・と思ったら風が吹き付けて火が起こせない。
結局近くにあったショッピングモールのフードコートで済ませ、軒下にテントを張ってこの日は終了。
予報にない雨まで降ってきて、まるで今の私の心を映し出しているかのようだ。くっ。





走行距離:約52km
走行時間:約3時間20分

総走行距離:1,203km


走行ログ:20130322gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【39日目】(3/21)疲れたってことは休めってことだろう?【香川】


3月21日木曜日、道の駅「津田の松原」よりスタート。

DSC_0200_20130419165714.jpg


この日は前日の変なテンションと雨の中の走行が祟ったのか、体が重い・・・。
前回風邪を引いてからまだたいして経っていないのにまた体調を崩しては事だと思い、この日は素直に休むことに。
昨晩もたいして眠れていなかったので、もう午前中からガッツリ寝てやろうということで少し進んだところにある健康ランドへサクッと向かいます。



DSC_0202_20130419165904.jpg

走り始めていきなり峠を越えて。
と言っても、「あ、峠だったんだ。どおりで坂が続いてると思った」程度のものですが。



DSC_0204.jpg

良い天気だなぁ。
気持ちもこれくらい晴れやかなら良いのにw



DSC_0205.jpg

市街地が見えてきました!



DSC_0208.jpg

風もなく走るには最高の日でしたが、無理でしたw
このまま高松市にある「やしま第一健康ランド」になだれ込み、即風呂に浸かって仮眠室で就寝。
39日目あっけなく終了。

・・・結局頭痛との戦いで、1日かけてもたいして眠れなかったのはここだけの話。





走行距離:約22km
走行時間:約1時間40分

総走行距離:1,151km


走行ログ:20130321gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【38日目】(3/20)四国上陸!【和歌山→徳島→香川】

こっとんです。



現在、別府におります。
と言えばやはり温泉ですかねぇ。
逆に温泉以外のものを知らないので、ちょいちょい調べてはいるのですけど。
地獄めぐりとかどうしようかなぁ。
正直後半だれてしまいそうな気がry

それと屋久島や沖縄の情報もボチボチ集めていかないとですね。
いやぁ、屋久島近付いてきたなぁ・・・楽しみすぎる(*´ω`*)





--------------------------------





3月20日水曜日、お世話になったネカフェから38日目スタート。

DSC_0166.jpg

この日にようやく四国に渡ります。
しかし相変わらず天気は下り坂のようなので、早め早めに行動していきますよ!

DSC_0167.jpg

DSC_0168.jpg

和歌山港に向かいます。

今回利用する「南海フェリー」のチケット売り場に着くと。

DSC_0171.jpg

可愛らしい女性キャラクターたちがお出迎え。
最近はこういういわゆる萌えキャラも普通に使われるようになりましたねぇ。



DSC_0172_20130415173014.jpg

タイムリー!
この期間中は自転車料金タダですってよ奥さん!

・・・まぁもちろん下調べして予め知っていましたけどw



DSC_0170_20130415172946.jpg

「何見てんだよニャめてんのか」





DSC_0173.jpg

さぁいよいよ乗船!
考えてみたらこういうフェリーに乗るのって初めてかもしれません。

そう思ったら妙にテンションが上がってきましたヒャッホウ!(´∀`)



DSC_0174.jpg

じゃあな相棒、達者で暮らせよ・・・。



また2時間後に会おうぜベイベーヒャッハー!(`∀´)



DSC_0175.jpg

タコ部屋・・・タコ部屋じゃー!
でもすぐ出発!
甲板に行って景色観るぜ!
こんなところでグダグダしてられっかってーのーヒィーハァー!(∩´∀`)∩

※初フェリーに興奮し若干文章が乱れております。ご容赦ください。





DSC_0176_20130415173023.jpg

さらば本州、また会う日まで。

思えば本州離れるのなんて、高校の修学旅行で沖縄行って以来でしょうか。
親に「これから四国!」ってメールした時に「ついに○○(本名)と海を隔てちゃったねぇ~」と返事が来た時に、ハッとしました。

そうだよなぁ、海隔てちゃったんだよなぁ。
そう思うと、実家のある埼玉がとても遠くに感じられました。



さ、寂しくなんか・・・ない・・・も

DSC_0181.jpg

こんにちは四国イィーヤァー!(゚∀゚)

※初四国に興奮し若干文章が乱れております。ご容赦ください。




DSC_0187_20130415173101.jpg

良いですね良いですね!
この上陸する直前の昂揚感!
たまりません(*´ω`*)

そしてついに。

DSC_0188_20130415173104.jpg

四国上陸ー!
いやぁーきたわ四国。
空は曇天だが私の心は清々しく晴れ渡っているぜ。

それではこのハイテンションのまま走り始めるとしますか!

DSC_0192.jpg

まずは香川を目指して国道11号を行きます。



DSC_0193_20130415173110.jpg

走りやすーい!



DSC_0195.jpg

橋でっかーい!



IMG_0497.jpg

・・・・・・。

いや、雨降るのは知っていたんですけどね。
結構な激しさでね。
よりにもよって海沿いの数キロ間何もないようなところで降られましてね。
ビショビショでね。



雨によってテンションが下降した(元に戻ったとも言う)あとは至って真面目に目的の道の駅まで走ります。



DSC_0197.jpg

少し手前でようやく晴れました。

その後、日が暮れる前に道の駅「津田の松原」に到着し、軒下にテントを張ってこの日は終了。





走行距離:約72km
走行時間:約6時間40分

総走行距離:約1,129km


走行ログ:20130320gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【34~37日目】(3/16~19)和歌山停滞期【和歌山】

3月16日~19日の4日間、和歌山にて停滞。

やったことを簡潔に書き出してみましょうか。



ある日:
一か月こき使ってきた我が相棒を自転車屋に持っていって全体的にメンテナンスをしてもらいました。
幸いにして大きな不具合はなく、簡単な手入れだけで済みました。
手入れをしてくださった眼鏡のイケメンお兄さんが「旅、頑張ってくださいね!」と仰ってくれて惚れそうでした。おっとっと(・∀・)



ある日:
もう一度病院に行きました。今度は日本赤十字和歌山センターというとても大きなところ。
脳神経外科を受診し、そこでようやく「群発頭痛」の可能性が示唆されました。
処方されたのは今までと同じ薬に加え、イミグランという頓服の薬。
結果から言ってしまうとこの頓服もあまり効果はなかったのですが、それでも犯人がだいたいわかっただけでも気持ちがだいぶラクになりました。



ある日:
母方の祖父母に手紙と写真を送りました。
この年になって自転車で旅に出るといった私を、頑張れと送り出してくれた祖父母へ。
いまだに孝行らしい孝行はできていないので、せめて自分のたどってきた道を、見てきた景色を、元気な姿を見せたくて。
だいたい月一くらいで続けていこうと考えています。



ある日:
また暴風雨かよー!
外に出ることすらできないほどの猛烈な雨と風が襲った一日でした。
自転車が心配でたまりませんでしたが、しっかりフェンスに括り付けておいた甲斐あって無事でした。



ある日:
お金をおろしに行った際に、自転車に乗ったおじちゃんに話しかけられました。

DSC_0164_20130413152308.jpg

原田さんという御方。
定年後、自分のやりたかったことを商売にして生活されているのだとか。
「この旅で是非何か見つけて帰ってほしい」「戻ったら何か商売をしたほうが良い、君ならきっと成功するから」と激励の言葉をいただきました。
お話しできたのはわずかな時間でしたが、本当に励みになりました。

何か機会があれば写真をお願いに行きますね!










こんなところでしょうか。
特に観光らしいことはしなかったのですけど、意外と忙しい4日間でした。

市内をフラフラしていただけなので、ログはとっておりませぬー(´ω`)
 
 
 

【31~33日目】(3/13~15)頭痛と睡眠不足でグダグダでした【和歌山】

こっとんです。



今回は数日分をまとめた記事になっております。
この頃はタイトルにもあるような状態だったので、一日の内容もまぁ薄いこと。
ゆえにまとめることでその薄っぺらさを誤魔化してしまおうというグッダァィディーアー(グッドアイデア)なわけです。





-------------------------------





3月13日水曜日、道の駅「熊野古道 中辺路」より31日目スタート。

DSC_0117_20130413142838.jpg



この日は後半から結構な雨が降るとのことなので、さっさと市街地に出て早めに宿に向かうことにします。
まずは先日の夜に頂いたお弁当で腹ごしらえ。

IMG_0491.jpg

もくもくもくもく。

美味しい。
また涙が出そうなのをこらえて、ありがたくたいらげます。

DSC_0119.jpg

テントを片付けていると先日の女性の方が出勤されてきました。
なんでも熊野古道を歩いていく人のためのお弁当を作るのだとか。
とても忙しそうだったので、写真をお願いするのはやめておきました。

しっかりとお礼をして、道の駅を出発します。
本当にありがとうございました!





DSC_0120.jpg

残りの山道をせっせと進んでいきます。



DSC_0122.jpg

どこかでお会いしたことありませんでしたっけ?(・∀・)



DSC_0123.jpg

田辺市に到着!

ここで予め目星をつけておいた病院に向かい、頭痛を診察してもらうことに。
ただ下調べが甘かったため、午後から出ないと診察してもらえず。
やむを得ず近くのガストで時間を潰し、午後イチで診てもらいました。
原因がわからなかったため、とりあえず内科を受診。

結果は「疲れからくる頭痛」というもので、肩や首の緊張をほぐす筋弛緩剤と鎮痛剤を処方され、病院を後にしました。
少なくともこのときは、鎮痛剤があればとりあえず夜の痛みはしのげると安心していたのですが。





空模様がだいぶ怪しくなってきたので、急いで宿に向かいます。

IMG_0492.jpg

IMG_0493.jpg

そしてどうにか雨に降られる前に民宿「にしかわ」に到着。

DSC_0125_20130413143141.jpg

DSC_0124.jpg

入口に宇宙戦艦ヤマトのプラモデルが飾られていました!
これにはわたくしテンションアップ!
なんでも民宿のご主人の趣味だそうで、他にもいろいろと飾られていましたが、私が惹かれたのはこれだけw
ヤマト、格好良いなぁ(*´ω`*)



とまぁテンション上がったのも束の間。
寝不足は確実に私の体力を奪っており、急に疲労感と眠気が。
処方された薬を飲んで、さっさと寝よう・・・と、この日は夕食もそこそこに就寝して終了。

ちなみに夜はものすごい暴風雨で、軒下に入れておいたはずの自転車が翌日ベシャベシャでした・・・。





走行距離:約42km
走行時間:約2時間30分

総走行距離:約972km


走行ログ:20130313gpslog.html



















3月14日木曜日、民宿「にしかわ」より32日目スタート。

DSC_0126.jpg

ボードの書き方のなげやり感が酷いw
結局昨晩も頭痛であまり眠れなかったのでこんななのです。



DSC_0129_20130413150220.jpg

昨晩の暴風雨が嘘のように良い天気。
今日は頑張って和歌山市まで行こう。
そう思って走り出したのですけど。

DSC_0130.jpg

暴風雨の「雨」はおさまったのですが「暴風」がおさまっていなかった!
海に白波が立つほどの風がこっとんを襲います。

DSC_0132.jpg

そしてやっぱり向かい風なのね!!(#^ω^)

IMG_0495.jpg

無理無理、ほんと無理。



で、結局この日は30キkmほど進んだところの御坊市で諦めました(・∀・)
大丈夫、明日こそは和歌山まで行くんだ、明日こそは・・・。





走行距離:約31km
走行時間:約3時間10分

総走行距離:約1,003km


走行ログ:20130314gpslog.html




















3月15日金曜日、御坊駅前のビジネスホテルより33日目スタート。

DSC_0135.jpg

既にボードを書くことすら失念している有様。
今思えば、よくもまぁこんな状態で走れたものですw

DSC_0136.jpg

風力発電施設!
これがあるだけでだいぶ絵になりますねぇ。

DSC_0137.jpg

ずらーっと続いています。
しかし聞いた話ですが、やはり施設の近くは風車の回転音だとか機械音などが結構うるさいらしいです。
遠目に見る分には良いですが、施設の近くに住まれている方は苦労されているのでしょうね・・・。





DSC_0139_20130413152105.jpg

愛媛県では、道中にみかんの置き売りを多く見かけます。
これだけ入っていて100円ほどで売っているのですから驚きです。

DSC_0138.jpg

でもゴミ置き場の隣はどうかと思うの。



DSC_0140.jpg

DSC_0142.jpg

DSC_0144.jpg

着実に和歌山市に近付いておりますよー。



DSC_0145.jpg

途中で見つけた家電量販店に立ち寄ります。
写真を送りたい人がいたので店先でプリントアウトしようと思っていたのですが、ここにはそういった設備がありませんでした。
こういうところには例外なく置いてあるものだと思っていたのですが、違うんですねぇ。

DSC_0146.jpg

で、セブンティーンアイスの自販機を見つけたので小休憩。
結局電気屋にアイスを食べにきただけになりましたw

調べてみると、和歌山市街に入ったところにヤマダ電機があるようなのでそこに向かうことに。



DSC_0148_20130413152156.jpg

DSC_0149.jpg

どこかにいちごロードみたいな道があった気が。

DSC_0150.jpg

みかんは愛媛のイメージ。
・・・本当、自分の視野が狭いなぁと思います。



DSC_0159_20130413152258.jpg

もうちょっとー!



DSC_0162.jpg

で、どうにかこうにか和歌山市に到着。
この後数日の間、和歌山に留まることになります。
再度病院行ったり自転車のメンテナンスしてもらったり手紙書いたり写真の送付したり暴風雨(またか)だったり。
和歌山の日赤ではお金こそかかりましたが、そのおかげで頭痛の原因が絞り込めたので助かりました。





走行距離:約54km
走行時間:約4時間

総走行距離:約1,057km


走行ログ:20130315gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【30日目】(3/12)ほっこりなかへち【和歌山】

こっとんとん。

現在は今治市のマックにおります。
明日ようやくしまなみ海道を渡るつもりです。

しかし松山は楽しかった。
観光らしい観光は道後温泉と特撮博物館だけだったけども、それでもすごく心に残る場所でした。

いつかまた、必ず来ますよ、松山。





-------------------------------





3月12日、民宿高砂にて起床。
昨夜もやはり頭痛、連日続き睡眠不足。
何のために民宿に泊まったんだか・・・。

DSC_0040.jpg

予報では翌日は雨。
そのためこの日は峠を越えつつ、ある程度次の市街地に近付いておかないとエライことになります。
眠い目を擦りながらスタート。

まずは熊野本宮大社に向かいます。



DSC_0042.jpg

川沿いに北上。



DSC_0044_20130408160201.jpg

突き抜けるような青空。
気持ちが良いなぁー(*´ω`*)



DSC_0048.jpg

しかし年度末のこの時期、どこもかしこも道路工事です。
上り坂で工事とかやめてよー!
しかも交通整理をしているのは人ではなく、一定時間で変わる信号。
このため私が登り切る前に対向車線の信号が青になってしまった為、散々な目に遭いました・・・。

DSC_0049.jpg

・・・登り切ったは良いけれどペースを崩され激しく疲れました(´Д`)
この後の上り坂は本当にしんどかったなぁ。



DSC_0053.jpg

途中で道の駅「瀞峡街道 熊野川」を発見。
ここも2011年9月の台風12号で施設が流され、大きな被害を受けたそうです。
今でこそ遠目には綺麗に見えますが、まだ設備は復旧していません。



DSC_0050.jpg

道の反対側にセブンティーンアイスの自販機を発見!
昔から好きなんですこれ。
見ると思わず買いたくなってしまいます。

DSC_0051.jpg

ということで購入w
私は基本シャーベットなどのさっぱりした甘みよりも、バニラやチョコなどのしっかりした甘みのアイスが好きですね。



一息して再び走ります。

DSC_0056.jpg

川の上を疾走する船を発見。
観光船かな?



DSC_0057_20130408160239.jpg

DSC_0059_20130408160510.jpg

一休みしたことでペースも取戻し快調に進んでいきます。

そして。

DSC_0064.jpg

熊野本宮大社に到着!

DSC_0068.jpg

早速中へ。

DSC_0073.jpg

こういう本殿に続く階段って趣があって好きです。
長すぎるのはちと嫌になることもありますがw



DSC_0074.jpg

熊野神社全国分布図!?(゚Д゚;)
ここで初めて「熊野神社」は全国に点在しているものだということを知りました。
千葉とか一県にどんだけ熊野神社あるんですかー!!



DSC_0075_20130408160537.jpg

もともとは少し離れた場所に建っていたのですが、明治22年の大洪水で大部分が流出してしまい、辛うじて残ったお社を現在の場所に移築したのだそうです。
この地域は何度も大きな水害に遭い、その度に乗り越えてきたのですね。



DSC_0076.jpg

この神門の先が本殿ですが、中は撮影禁止。
・・・めっちゃ写真撮ってるおねーちゃんがいましたけどねw
内部には複数の殿舎が建ち、それぞれに神様が祀られています。
天照大神だけは記憶にあるのですが、他がどうだったか・・・(遠い目



DSC_0077_20130408160539.jpg

神門の左に拝殿。
・・・本殿でお参りできるとなると、拝殿の必要性がない気がしますが、何か理由があるのでしょうか。



お参りした後はしっかり御朱印を戴きます。
この短期間ですごい勢いでページが埋まっていくw
そしてすごい勢いで300円ずつ減っていく(´∀`)





DSC_0084.jpg

出発する前に腹ごしらえをします。
大社を下りたところにある食事処。
こちらのお店も以前の台風で被害を受け、仮設店舗で営業を続けているのだとか。



DSC_0083_20130408160542.jpg

山菜うどんとめはり寿司。
どちらも美味しゅうございました。
めはり寿司は初めて食べましたが、周りの高菜が程よい食感と塩気でグッド!
中のおかか飯にもう少し甘みがあると個人的にはなお良かった気がします。

お店の方と談笑しながら食事を済ませ、道の反対にある「大斎原(おおゆのはら)」に行ってみることに。

そう、本来はそこにお社が建っていたのです。



DSC_0085_20130408160600.jpg

でかー!

なんでも日本一の大きさの鳥居だそうです。

でかー!

でかー!



DSC_0089_20130408160601.jpg

高さ34m、横幅42mあるそうな。

・・・でk(ry



DSC_0096.jpg

こちらが大斎原。
今ではもうほぼ何もない野原で、真中あたりに石造りの小さな祠が建てられているのみです。

DSC_0094.jpg

・・・写真撮影禁止って書いてあったのに、案内板に普通に本殿載ってるんですけどー(`・ω・´)





さてさて、それでは和歌山は田辺市に向かって再び歩を進めます。

DSC_0102_20130408160642.jpg

DSC_0103.jpg

神秘的な青をしているなー。



来た道を少し戻り、山を登っていきます。

DSC_0105.jpg

・・・・・・。

たこ、焼き?

DSC_0106.jpg

階段の下は川。
この看板は一体何を伝えようとしているのだ。



DSC_0108.jpg

少し進んだらありましたw
こんな山奥で儲かるのかしら。
まぁこのときは営業していませんでしたけど。

そういえば久しくたこ焼き食べてないなぁ。
イトーヨーカドーのフードコート「ポッポ」のたこ焼きが意外に美味しいんですよ。
値段もお手頃で、ヘタな屋台のたこ焼きよりずっと良いです。



DSC_0112_20130408160719.jpg

「おけ屋が儲かる」







その後道の駅「熊野古道 中辺路(くまのこどう なかへち)」に辿り着いた辺りで限界が。
陽も沈みかけていたのでここで夕食を済ませ、会計時にお店の方とお話ししたときに、テントを張りたいとお願いしたところ快く了承してくださいました。
普段はお店が閉まったら勝手に設営を始めてしまうのですけど、このときは何故か許可を得ておくべきだと感じたんですよね。

辺りも暗くなってきたところでテントを張り、この日は終了。




















DSC_0116.jpg

お店が閉まった後、お店の女性の方が「余ったから」と言って差し入れしてくださいました!
しかも「何かあったら連絡して」と名刺まで戴いた上に「森の中で鳴いてるのは鹿だから、襲われたりはしないから大丈夫」と助言まで。

この夜、本当に少し泣きました。
ありがたくてあったかくて。
旅してて良かったなぁって。



素敵な出来事に心を包まれながら就寝。
3月12日、終了。





走行距離:約58km
走行時間:約4時間30分

総走行距離:約930km


走行ログ:20130312gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【29日目】(3/11)隅処、那智にて祈る【三重→和歌山】

こっとんです。



松山市に停滞中。
春の嵐だとかで、あちこちで暴風雨になっているそうですね。
こちらはというと前半は雨が降ったものの、今は止んで比較的穏やかです。
雨予報だったので今日はもともと動く気はなく、のんびり読書デー。
や。もちろんブログだって書いておりますとも。

ただね。

漱石ゆかりの地で漱石の作品を読む。

これ、幸せですわー。





-------------------------------





DSC_1039.jpg

DSC_1040.jpg


3月11日月曜日、道の駅「パーク七里御浜」にて起床。
昨晩も頭痛で夜中に目が覚め、一人格闘しておりました。
まぁこの後もしばらくは毎晩このような状態なので、今後は特に書きませんけども。



DSC_1042.jpg

朝日が眩しいです。そして寒い。
ボードにも書いてありますが、この時期は朝晩と日中ないしは日によって気温が大きく違うので、気を付けないとまた風邪をひいてしまいます。
昔から弱いんだ、気温差には・・・。



DSC_1044.jpg

最近は他の旅人さんに倣って食パンをメインにすることが多いです。
やっすい食パンとやっすい蜂蜜で朝食。
この食事をするようになって、パスコの超熟の美味しさがわかるようになりました。
普段家で何気なく食べていた食パンですが、こんなにも違うものだったのね。





DSC_1043.jpg

腹ごしらえして道の駅を出発。
今日は那智の滝を観に行きますよ!



DSC_1045.jpg

海沿いにはこういう南国風?な木々が多い気がします。



DSC_1046.jpg

和歌山県に突入!

三重県長かったなぁ。
まぁ半分は風邪でダウンしていたせいですけどね!



DSC_1047.jpg

磯の香り漂う風を感じながら新宮市を進んでいくと。

DSC_1049.jpg

道の駅「なち」に到着。
ここは那智山の麓に位置し、鉄道の駅に併設されているので那智観光の拠点として絶好の場所です。

DSC_1050.jpg

しかも温泉まであります。
この日は残念ながら休館日だったため入ることはできませんでしたが、那智山観光の疲れをここで癒すのも良いですね。



自転車を駐輪場に停め、那智の滝に向かうバスの時間を調べます。





・・・え?

自転車で行かないのかって?





行きませんよ?(・∀・)
荷物満載の自転車で山登りなんて、誰がそんなことを好き好んでやりますかハハハ。

那智の滝は那智山の上部にあります。
もちろん最初は自転車で行こうかと考えていましたが、道の駅からバスが出ていると知ったからにはそれを利用しない手はありません!
どうせまたここに戻ってきますしね。



ってなわけでバスの時刻を確認ー。

DSC_1051.jpg

このとき11時30分を過ぎたところ。
あと20分後か・・・ということで軽く昼食をとりつつ待機。

このときにあまりにもぼーっとしていたせいか、食事の写真も到着したバスの写真も全て失念しておりました・・・。





バスに乗り込み、揺られること約30分。

DSC_1052.jpg

那智の滝前に到着!

DSC_1053.jpg

世界遺産那智御瀧。

鳥居の先の階段を下っていくとー。



DSC_1054.jpg

那智の滝!
日本三名瀑布のひとつだそうで、一段の落差としては日本一なんだとか。

DSC_1057.jpg

おおー・・・。
しかしもっとこう滝壺までドバドバとすごい量の水が一気に落ちるのを想像していたので、いまいち迫力がry(あくまで私見です。
しかしながら厳かな雰囲気はひしひしと伝わってきます。



DSC_1061.jpg

ふと横を見ると、滝を囲うようにそびえる高い木々とともに伸びる、ひとつの異質なもの。

DSC_1058.jpg

2011年9月の台風12号により大きな被害を受け、その復旧作業がいまだに続いているのだそう。
天災ゆえ仕方のないことではありますが、元の姿を取り戻そうと人々が尽力するのは素敵なことですね。









滝を堪能したので、次はもう少し上にある熊野那智大社に向かいます。

DSC_0007_20130406165336.jpg

ふふふこれを見越して自転車ではなくバスで登ってきたんだぜ(棒読み

473段?あるそうです。
まぁ以前昇った久能山東照宮に比べれば半分にも満たないぜはぁー!ぜはぁー!(;゚Д゚)

DSC_0011_20130406165903.jpg

DSC_0012_20130406165906.jpg

DSC_0014_20130406145848.jpg

世界遺産熊野三山熊野那智大社。

「熊野」には、奥深い場所、神秘的な場所という意味があるそうです。
また、「クマ」は「カミ」と同じ語で、神の野に通じる地とも考えられているのだとか。



DSC_0020_20130406145849.jpg

DSC_0022.jpg

登り切ると色鮮やかな朱のお社が迎えてくれます。





ここでお参り。



忘れていませんとも。

2年前の今日のことを。



普段は自分の旅の無事を祈ることが多いですが、この日は別。

何よりも被災地の復興を。被災された方々の幸せを。

静かに手を合わせ、祈ります。










お参りを済ませたら早速御朱印を貰います。

御朱印の写真も載せようか迷ったのですけど、こういうのはやはり自分で赴いて貰って見るのが一番かと思い、載せるのはやめました。
まぁ、御朱印に興味を持つチャリダーもそんなにいなそうですけどw



DSC_0030_20130406145856.jpg

遠くに那智の滝が見えます。

下から見上げるのも良いですが、このアングルはこれはこれでアリだなぁ(・∀・)



DSC_0035_20130406145958.jpg

暖かい日差しに包まれながらの那智の滝観光。
堪能させていただきました!





その後は再びバスに乗って下山。
往復で1,000円近くとられるとは思わなんだ・・・。

道の駅から再び新宮市に戻り、民宿「高砂」に宿泊してこの日は終了。





走行距離:約36km
走行時間:約2時間40分

総走行距離:約872km


走行ログ:20130311gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【28日目】(3/10)トンネルを抜けた先はトンネルでした【三重】

こっとんです。



さて、だいぶ前から私を悩ませている頭痛ですが、今回の記事から出没します。

医者にも2度ほど診てもらい、自分でもいろいろと調べました。

その結果、断定はできませんが『群発頭痛』という病気に行き当たりました。

ざっと内容を書き起こすと・・・


・眼の奥がえぐられるような激しい痛みが起き、じっとしていられない。
・右か左、どちらか決まった方に症状が現れることが多い。
・たいてい決まった時間帯に痛みが起き、特に明け方に起こることが多い。
・1日に1~数回痛みが起こる。
・1度痛むと30分、長いと数時間は治まらない。
・症状が出る期間を「群発期」と呼び、2か月以上続くこともある。
・半年から2~3年の周期で群発期が訪れる。
原因は未だに解っていない。


こんな感じでしょうか。
あくまで私もネットで調べた限りのことですけど。
2度目の診察を受けたときに医者から「群発頭痛の症状がありますね」と言われたので、大方間違いないかと思います。

これの厄介なところは、痛みが出たら鎮痛剤を飲もうが温めようが冷やそうが痛みがひかないことです。
如何せん寝ているときに痛みが起きるものですから、一度起きたら夜中にテント内で一人唸り続けています。
頭痛が出た際に飲む「イミグラン」という薬を病院でいただいたのですが、これもあまり効果はなく。
結局今日に至るまで、毎日頭痛と戦いながら生活しております。



ただ上記にもあるように、頭痛が起きるのは群発期というある程度の期間内だけなので、それを抜けてしまえさえすればこの頭痛に悩まされることはなくなるわけです。
なので頭痛が治まる日を今か今かと待ち続けております。



しかしまぁ、厄介な病気に憑りつかれたものですw





-------------------------------





3月10日に日付が変わる直前くらいでしょうか。
左目奥の激しい痛みで目が覚めました。

あー、これはアレか。
ずっと重いリュックを背負って慣れない体勢で自転車に乗り続けていたから、首やら肩やらが凝り固まって痛みがきているのかな。
と、このときはそう思っていました。

なので首や肩を必死に動かしてみたり、温かいペットボトルのお茶を首筋に当てたりして、血行を良くしようとあれこれ試しましたが一向に痛みはひきません。
そのうち痛みはどんどん酷くなっていき、動き回っていないと耐えられないほどになってきました。

テントから出て道の駅の敷地内をウロウロする怪しい男がここに一人。

1時間ほど経った頃でしょうか、ようやく痛みがひいたのでテントに戻り、再度就寝。
さっきまでの痛みが嘘のように、すんなり寝に入ることができました。





そして朝。

DSC_1005.jpg

3月10日日曜日、道の駅「紀伊長島マンボウ」にて起床。
昨夜の頭痛でちゃんと朝目が覚めるのか多少不安ではありましたが、ちゃんと生きてましたw

DSC_1007.jpg

この日初めてテントが結露していたため、多少乾かしてから出発することに。
缶コーヒーで体を暖めつつぼーっとします。



DSC_1009.jpg

昨夜の頭痛は肩凝りからきたものだろうと踏んだ私は、この日からリュックを後ろの荷台に括り付けることにしました。
結果、どせいさんの入っていたスペースが見事に潰れてしまった為、現在はほぼリュックの中に入れっぱなしになっております。
ごめんよ、どせいさん・・・。





あ、そういえばすごい今更なのですけど。

リュックが初期装備のアウトドアのリュックではありませんw
出発直前に急きょ変更しまして、底がしっかりしているものに替えました。
前のは荷物を入れると下に垂れてしまって、とてもではないですが長時間背負ってられなかったのです。
今のものは背負いやすいですし荷物もそこそこ入るので気に入ってます。



端でもそもそと準備をしていると、とあるおじちゃんが話しかけてくださいました。

DSC_1011.jpg

これから私が向かう尾鷲から、バイクでツーリングに来ていたお二方。
絵になりますね!
バイクにまたがり颯爽と走るナイスなおっさんに私もなりたいものです。

まずは免許をだね。



埼玉から~、自転車で~、へろへろで~、なんてお話をして8時半頃に道の駅を出発。

DSC_1012.jpg

少し走っていると、先ほどのお二方が追い越し際に軽くクラクションを鳴らして、片手を挙げて挨拶をしてくださいました。
私も手を振って見送ります。
良いなぁこういうの。
前日無茶して次の道の駅まで来ていなかったら、お二人には会えなかったんですものね。

出会いに感謝しつつ、尾鷲市に向かって進んでいきます。



DSC_1013.jpg

車道のトンネルは嫌いですが、こうやって歩道として別に設置されているトンネルはありがたいです。



DSC_1015.jpg

DSC_1016.jpg

DSC_1019.jpg

DSC_1021.jpg

またトンネルー。



DSC_1022.jpg

以前にも書いたと思いますが、海無し県に住んでいるためか海を見るだけで若干テンションが上がります。
ですが三重で出会った旅人さんは「自分の家が海の見えるところにあるから、海を見ても何とも思わない」と仰っていました。
やはり自分の育った環境で、物や景色の価値観は大きく違ってくるものなんですね。
そういう意味では、海無し県にいた私は少し得・・・なのでしょうかw



DSC_1025.jpg

DSC_1027.jpg

これを見て少しビックリ。
結構走ってきたつもりでしたが、浜松まで200kmしか離れていないんですねぇ。
もちろん名古屋に行ったり関宿に行ったりで、私自身はもっと走っていますが。

そんなことを思いながら再び走り始めると、道の反対側を荷物を積んだ自転車がこちらに向かって走ってきます。
あの量は明らかに日本縦断もしくは一周レベルのもの!(※私の勝手な憶測
あちらも私に気付いたらしく、お互いに手を挙げて「頑張ってくださーい!」とエールを送りました。
止まって話すことはしませんでしたが、こういった瞬間の出会いも素敵ですよね。

服装のオレンジ色のイメージが強く残っている旅人さんなのですが、今頃どこを走っていらっしゃるのでしょう。





DSC_1028.jpg

しかし最近騒がれている花粉やら黄砂やらPM2.5やらの影響でしょうか。
スマホの画面がすぐに粉っぽくなります。
写真だと分かりづらいでしょうが、このときも結構ザラザラしていました。



DSC_1030.jpg

またかいなー。
今度は路肩を走らざるを得ないようです。
トンネル内は音が反響するので後方の車の位置が把握しにくいうえ、風圧も受けやすいので非常に危険です。
せめて歩道が設けられていれば良いのですけど、こういう山中のトンネルには設置されていることの方が少ないですよね。



DSC_1032.jpg

トンネルを抜けたら尾鷲市。



DSC_1034.jpg

暑いです。
いや寒いよりは良いですけど。
夏の峠越えとか、汗で見るも無残な姿になっているんだろうなぁw

と、ここでまさかの雨。
ちょっと、やめてよね・・・。
慌ててデジイチをしまい、雨具を装備。
予報では一日晴れだったのですが、やはり山の天気はわかりませんね。



ヒーヒー坂道を進んでいくと。

IMG_0482.jpg

に せ ん ・・・!

IMG_0483.jpg

当然先が見えません。
路側帯も決して広いとは言えませんが、進むしかないです。

トンネル内は可能な限り後ろにも気を配って、大きな車両が近付いてきたと思ったら端に停車してやり過ごしました。

そんなことをしながらどうにか通り抜けると。

IMG_0484.jpg

やっぱり雨(´Д`)
2km先のトンネルを抜けたらお日様がパァッてのを期待していましたが、世の中そんなに甘くはないですね。



IMG_0486.jpg

おやぁ?
ほんの1時間ほど前は倍近く気温があった気がしたのですが、気のせいですかねぇ(゚Д゚)



その後どうにか峠を越えて熊野市入り。

IMG_0488.jpg

峠を下ると雨も止んで穏やかになりました。



途中で世界遺産の「獅子巌」を偶然発見。

DSC_1035.jpg

世界遺産、ねぇ・・・(;・∀・)
こんなところで目にするとは思いませんでした。(※存在すら知らなかった
確かに熊野灘に向かって吠えてるような獅子の姿に見えなくもないですけど。
世界遺産の基準がわからない。



その後道の駅「パーク七里御浜」にて野宿し、この日は終了ー。
熊野街道は長いトンネルが多く、チャリダーにはあまり優しくない道でございました。





走行距離:約96km
走行時間:約7時間10分

総走行距離:約836km


走行ログ:20130310gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 
今ココ!
プロフィール

こっとん

Author:こっとん
年齢:20代後半
性別:男
身長:高め
体重:今後減る予定

自転車に乗って気ままに日本を周ってきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログランキングに参加中!
気が向いたときにでもクリックして頂けると嬉しいです。
アクセス数
検索フォーム
こっとんへメール

お名前:
メールアドレス:
本文:

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。