スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12~13日目】(2/22~23)確かにあの頃は、もっと大きかったんだ【静岡】

2月22、23日は叔母の家にお世話になっておりました。

余談ですが、続柄上「叔母」にあたるのでここではそう呼んでいますが、私にとっては小さいころから世話になっていた「お姉さん」という印象のほうが強いです。





さて、23日は父方の祖父母のお墓参りに行ってきました。
以前の日記にも書きましたが、浜松は私の父が生まれた地でもあります。もちろん叔母も。
私が小さいころは、家族で祖父母に会いに行く度に本当によく可愛がってもらいました。
二人とも数年前に病気で他界してしまいましたが、幼い頃に一緒に過ごした記憶は今もしっかり覚えています。

私の実家から浜松は決して近くはないため、お墓参りに行けるのは年に1~2回程度。
だからこそ、こうして自分の足で浜松まで来た時には、必ず会いに行こうと決めていました。



DSC_0452.jpg

23日の午前中に、叔母とともにバスに乗り込みます。

揺られること数十分。

DSC_0453.jpg

浜松市三方原墓園。
ここに、おじいちゃんとおばあちゃんが眠っています。



DSC_0456.jpg

ここはお墓とは思えないほど広々としています。
年に数える程度しか来ませんが、ここに来るととても心が落ち着きます。

こんな素敵な場所に二人のお墓が建てられていると思うと、それだけで安心できますね。




持ってきたお花を墓前に供えて、叔母とともに手を合わせます。
そして二人に伝えます。

2月から自転車で日本を周り始めたこと。

自分の足で浜松まで来たこと。

自分を含め、家族みんなが元気で幸せに生きていること。

おじいちゃんとおばあちゃんに、心からありがとう、と。

そしてこの後の旅を無事にこなせるように、どうか見守ってくださいと。



DSC_0464.jpg

墓園の上だけ雲が晴れていました。

これだけ見晴らしが良ければ、きっと空の上にいるおじいちゃんとおばあちゃんからも、私たちが見えていたに違いありません。





お墓を後にし再びバスに揺られて、今度は昔祖父母が住んでいたマンションを見に行くことに。
叔母が今住んでいるところからさほど遠くなく、歩いて行けるほどの距離だったのに少し驚きました。

マンションも、その前にある駐車場も、昔と大きくは変わっていませんでした。
ただ小さい頃に見たその景色は、確かにもっと大きかった。

でもそれは。
そうやって小さく見えてしまうということは、私が成長してしまったからで。
そう思うと、少し寂しくなりました。






























一通り予定をこなした後、お昼を食べることに。

浜松と言えばウナギ!

ウナギー!

DSC_0467.jpg

残念なことには、食事を美味しそうに写す技術が私に備わっていなかったことか・・・。
ウナギまっ黒やんかw

写真は残念なことになっていますが、味は確かでした。
ウナギ美味いわぁ。
正直かなり痛い出費ではありましたが、これを食べないと浜松に来た気がしませんw

実はあともう一つ、新幹線内で食べられるアイスクリームがあるのですが、それも私の中では浜松にきた時のマストアイテムです。
まぁ今回はチャリなので仕方がないですが。



あと浜松には浜松餃子なるものがありますね。
これも食べなければ。
しかし今日はウナギを食べたので、明日以降に持ち越し。









この後私は近くの自転車屋で予備のチューブを購入し、以前新聞に載っていた「浜松東照宮」なるところへ行ってきました。

DSC_0474.jpg

なんでも出世パワーの宿る史上最強の霊地なんだとか!
これは将来の為にお参りをしておかねば。
まぁまず職を持つところから始めないと話になりませんがねッ



DSC_0475.jpg

小さいですが、それでもしっかりとした造り。

DSC_0477.jpg

すぐ近くには浜松城もあります。今回はスルーしてしまいましたが。
バスに乗っていても、その当時の出来事がそのまま地名になっている場所が数多くあり、歴史の色が非常に強く出ている街なのだなぁと感じました。
浜松、改めて良い場所です。





風が強い日が続いていますが、あまり長居もできないので24日に出発することに。
浜松を過ぎれば友人も親戚も少なくなり、いよいよ本格的に一人旅です。

とにかく安全第一で、そして寂しさに負けないよう頑張りますw
ちなみに荷物を外して浜松東照宮に向かう時に、ハンドルのあまりの軽さに逆にバランスを崩してコケそうになりました。
普段10~15kg近い荷物が前輪に乗っているので、その重さに慣れてしまっていたんですね。

うーむ、それはそれで問題な気もしますがw



<了>

(↑他の方々を真似て日記の終わりにちょいと足してみましたが、被ってないかしら・・・)



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
スポンサーサイト

【11日目】(2/21)グーグルナビは信じない【静岡】

夜のマックから連続投稿。
最近更新が滞っていたので、できるときにやらねば!



そうそう。
左の股関節が痛いと先の日記で書きましたが、ふと思いました。
これ、本当に股関節が痛いのだろうか?
あちこち指で触ったり押したりしてみると、なんか違う気がします。
今まで股の内側が痛いと思っていましたが、むしろ外側の筋肉とか骨とか・・・。



まぁ。



今や脚のそこかしこが痛いので、実際のところはわからないんですけどね(´∀`)ハハッ









DSC_0404.jpg

午前5時半、焼津市内の牛田橋公園にて起床。
それなりに交通量の多い道の隣、近くを新幹線が通るような場所にある公園でも、眠れるときは眠れてしまうものですね。
意外とスパッと眠りについてしまいました。
それでも夜中に何度か目は覚めていますが。


陽が昇り切る前に撤収。
しかしあまりにも寒いので、昨日過ごす予定だったマックに向かい朝マックで体を温めます。
今日は昨日行けなかった蓬莱橋に行き、その後叔母のいる浜松に向かいます。
グーグルマップで見る限り距離としては60km程度ですが、この日は向かい風が強い上に私の左足がだいぶキちゃってます。
とにかく早めに出て、何とか陽が落ちる前に浜松に辿り着かなければ。



というわけで2月21日木曜日の朝7時過ぎ、旅11日目スタートです。



まずはいつも通りナビに従って進んでいきます。

DSC_0405.jpg

ふむ、今日はずいぶんと裏道を指示するじゃないか。
私のプルプルの左足でも気遣っているのかね?ん?(´∀`)



DSC_0406.jpg

DSC_0408.jpg

しかし見たまえよこのアラクレ具合。
常に上り坂を走っているような感覚です。
普段は気にしないような風でも、こう荷物を満載したチャリで逆行するとなると、かなりの力がかかるものなのですね。
疲労の蓄積がいつも以上に早い・・・。



DSC_0409.jpg

しかし(ナビが)大通りを避けて走っているせいか、景色は良いですなぁ。



DSC_0410.jpg

本当にこっちですか?

多少疑いつつも進んでいくと、先のほうに長ーいものが姿を現しました。



DSC_0411.jpg

DSC_0414.jpg

DSC_0418.jpg

蓬莱橋(ほうらいばし)です。
ギネスに「世界一長い木造の歩道橋」として認定されているそうな。
でも橋脚はコンクリートなんですって!

台風が来るたびに橋脚が流されているそうですが、今もこうして形があるのは人の力があってこそですね。

ちなみに渡るのにお金がかかります。(大人、自転車ともに100円)
私はこんな妙なところでケチって渡らなかったのですが、あとに出てくる叔母に「勿体ない」と言われてからというもの、渡らなかったことを後悔してますw
こ、今度来た時に渡るから良いし!



DSC_0417.jpg

『どせいさんと蓬莱橋』





さぁ、浜松に向かって進みます。

DSC_0423.jpg

DSC_0424.jpg

遠くに見える魔法陣みたいなものは、悪の秘密結社のシンボルマークかなにかでしょうか。



DSC_0425.jpg

長ーい橋を渡り。

写真を撮り忘れましたが、この後ナビの通りに進んでいったら目の前に階段が現れましたw
徒歩の設定でナビをさせていたのが原因のようです。
かと言って車の設定でルート検索すると平気でバイパスや高速道に入っていくので、どうしたものか。
自転車の設定を早く導入しておくれよグーグルさん。

仕方ないので国道のほうへ迂回。
相変わらずの徒歩設定でのナビですが、国道を通るルートも指示しています。
信じて進んでいくと。

DSC_0426.jpg

( ^ω^)・・・。

ナビの裏切りを乗り越え。



DSC_0427.jpg

また迂回の峠ルート。



DSC_0428.jpg

これ全部茶畑でしょうか。
緑茶美味しいですよね緑茶!
私はコーヒーや紅茶も飲みますが、緑茶をすすっているときが一番落ち着きます。
日本人で良かったわぁ~としみじみと思います。



DSC_0429.jpg

DSC_0431.jpg

ことのまま八幡宮!
成り行きに任せるということでしょうか。
字面も合わせて、日本語って面白いです。



DSC_0437.jpg

名古屋まで130kmで到達してしまうんですね。
他のチャリダーさんならきっと1日で行ってしまうのでしょう。

そして浜松まであと18km!
普段ならなんてことはない距離ですが、向かい風と足の痛みが行く手を阻みます。

それでもあと少し!
ちょっと気力が回復し、足に力を込めて漕いで行くと。



DSC_0439a.jpg

(#^ω^)・・・。

徒歩設定のナビはこの先をガンガン進んで行ってます。

もう、ね。滑稽ですよ。現代の科学技術に翻弄される哀れな羊ですよ。
わかった、やってやる。
もうお前(グーグルナビ)は信じん!
こうなったら自分の力でルートを探して、キッチリ浜松まで辿り着いてやるよ!(スマホを片手に
見える、見えるぞ。この一つ脇の細道を進んでいけば浜松へと通じている!(スマホを見ながら



茶番はこの辺にしておくとして、本当にスマホに頼りすぎは良くないと痛感しました。
あくまでひとつの目安として今後は使っていこうと思います。



で、どうにか道を探して進み、ようやく天竜川という大きな川を渡ります。

DSC_0444.jpg

しかし静岡はこういった大きな川が多いですね。
川幅があれば当然そこに掛かる橋も長くなるわけで。

ここは本当に風が強くて、途中でチャリを降りてやろうかと何度考えたかわかりません。



橋を渡り切ったところで。

DSC_0445.jpg

ようやく浜松市に突入。



途中ドラッグストアで水やらカロリーメイトやらを購入。
その際に左ペダルの反射板を止める金具が一つ破損していることに気づきました。

DSC_0443.jpg

応急処置として布ガムテープで接着。
時間あるときにでもしっかり補修します。





市街を走り抜け線路沿いに進んでいくと。

DSC_0446.jpg

到着ー!

・・・いやぁ、しんどかった。
ログを見て頂ければわかると思いますが、大井川を越えたあたりでだいぶ迷走しておりますw



駅入り口を振り返ると、後ろには家康君なる物体が。

DSC_0449.jpg

『どせいさんと家康君』





この後叔母さんと連絡を取ってお宅にお邪魔させていただきました。
ここでも3日間ほどお世話になります。
この間に左足の痛みが治ると良いのですが。(治りませんが

そんなこんなで、11日目終了。



走行距離:約70km
走行時間:約9時間

総走行距離:約357km


走行ログ:20130221gpslog.html



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 

【10日目】(2/20)自爆デー【静岡】

休めるときはとことん休む。
こんばんわ、こっとんです。

旅始めた当初の焦りは、今は比較的落ち着いてきまして。
休めるときは休み、滞在できるときはガッツリ滞在しようという考えに変わってきました。
ただくどいようですが金銭的には全くもって余裕はないので、走れるときは走っておかないと、日本一周する前に資金が底をついてしまいそうです。

今後のこと(人生という意味で)を考えると、日本一周にあまり多くの時間を費やしている余裕もないので、この先よく考えてやっていかないといけないなぁと、ここ最近何となく、改めて感じました。



そんなボヤキから、10日目スタートです。










富士市のひで君宅で7時頃起床。
今日はようやく富士市を出ます。

ひで君は仕事で先に出てしまうので、お礼を言って見送ります。
本当にありがとうございました!
今度来るときは何か美味しいもの持っていくよ(`・ω・´)

その後、私も荷物をまとめて友人宅の横に止めてあったチャリと3日ぶりの対面。
バッグが防水仕様ではないため、大事をとってゴミ袋を被せてあったので中身は濡れることなく無事。
まぁ一応防水スプレーと内部をビニール袋で覆う処置はしてあるのですが、念には念をということで。


ゴミ袋を取り外してバッグを再度括り付け、ブレーキとタイヤの空気チェックを行い準備完了。
さぁ、俺の冒険が今またここから始まるんだ!



(前輪)
DSC_0312.jpg

す―――――――――ん・・・



( ゚Д゚)・・・。



ほわぁーい。
たった今チェックしたばかりじゃないか。
何も問題なかったじゃないか!
どうしてこううまい具合に出鼻を挫くタイミングで空気が抜けるんだいキミィ!!

もう一度空気を入れてみるも、入れたそばからスースー抜けていきます。
完全にパンクや・・・。
何が原因で突然パンクしたのかわかりませんが、まさか1週間足らずで経験することになろうとは。



しかし愚痴っていても仕方ありません。
以前教えてもらったパンク修理の知識を実際に使うチャンスが来たのだと考えよう。
そう自分に言い聞かせて、早速修理に取り掛かりました。



四苦八苦して、結局1時間半ほどかかりました(;・∀・)
チューブを取り出すもどうにも穴が見つからず、結局新しいチューブを取り付けることに。
初めてとはいえ、もう少し手際よくできれば良かったのですが・・・激しくタイムロスをしました。





というわけで既に10時前ですが、ようやく10日目スタート。

DSC_0313.jpg

今日は海沿いを下り、久能山東照宮に向かいます。
徳川家康の遺骸が埋葬されており、国宝にも指定されているのだとか。
歴史は・・・歴史てんでダメダメなわたくしですが、これは見ておかなければ!

ということで早速海沿いを走っていきます。



DSC_0315.jpg

今日も富士山が美しいです。

DSC_0323.jpg



DSC_0320.jpg

( ゚д゚)



DSC_0327.jpg

国道150号を進んでいくと「いちご海岸通り」なる文字が。
この辺りはどうやらいちご狩りが盛んな場所らしいです。

DSC_0328.jpg

山の斜面にビニールハウスの山。

DSC_0330.jpg

そこかしこにいちご狩りの文字。
せっかくなので体験してみようかとも考えたのですが、ざっと調べた限り結構なお値段するんですよね・・・。
なので今回はパス。
朝の遅れを取り戻すためにも、足早に久能山に向かいます。





DSC_0332.jpg

なんとかお昼前に到着ー。

DSC_0333.jpg

入口。
反対側からだとロープウェーで直接東照宮前まで行けるのですが、こちらから向かう場合、かなりの数の石段を登っていかなければなりません。

DSC_0334.jpg

1,159段ッ
これはなかなかに難敵です。
よっしゃーいくぞー。



DSC_0338.jpg

このように決して整えられているとは言い難い状態なので、一段一段着実に歩を進めていきます。

DSC_0340.jpg


DSC_0345.jpg

ひょー!
高い高い。そして綺麗だ。

DSC_0348.jpg

とかなんとか景色を楽しんではいますが、実は左足の太ももの付け根、要は股関節がズキズキしています。
箱根を越えたあたりから既に痛みはあったのですけど、ここにきて急激に増してきたぜぇ。

それでも左足をかばいながらなんとか上へ。



DSC_0352.jpg

DSC_0357.jpg

登り切った・・・。

DSC_0356.jpg

DSC_0363.jpg

DSC_0375.jpg

DSC_0376.jpg

細部まで鮮やか。

DSC_0384.jpg

DSC_0379.jpg

神廟(しんびょう)
ここに祀られているのですね。

ここには家康公の手形があったのですが、何をどう間違えたのか写真を撮るのをすっかり失念しておりました。
ある意味一番写真映えするものだったのに・・・。





中にはこんなものも。

DSC_0365.jpg

ガンダムに。

DSC_0366.jpg

ヤマト!

DSC_0364.jpg

ほほーう。
意外なところから繋がっているものですな。



DSC_0390.jpg

残念ながら博物館は改修工事中。
あとで調べて知ったのですが、この改修工事今日(2/20)から始まったそうですw
なんというタイミング。









DSC_0397.jpg

さぁ、次に向かいます。
そしてこの辺りから向かい風がきつくなってきました。

ちなみに階段を全て降りてきたときには足がプルプル痙攣していましたw
こんなでこの先大丈夫なのか・・・。



DSC_0394.jpg

DSC_0398.jpg

餃子の王将とはなんか違うん?



DSC_0400.jpg

グーグルマップのナビに従っていった結果がこれだよ!
仕方ないので迂回ルートを探します。



DSC_0401.jpg

峠はもういいです。

DSC_0402.jpg

絵に描いたような山道。



DSC_0403.jpg

なんとか焼津市に入るも、既に夕暮れ。
本当は蓬莱橋まで行って今日を終える予定でしたが・・・。
仕方がないので近場の公園をあたるも、テントを張れそうな場所は見当たらず。
マックで一晩過ごすのを覚悟しましたが、幸いにしてその途中で野宿できそうな公園を見つけ、そこにテントを張って10日目終了。



走行距離:約58km
走行時間:約5時間

総走行距離:約287km


走行ログ:20130220gpslog.html



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村


【7~9日目】(2/17~19)なんだ、ただのニートか【静岡】

こんにちは、こっとんです。
現在浜松市におります。

父親の出身が浜松なので、私も小さいころからよく来ていました。
普段は実家から数時間かけて電車と新幹線を乗り継いでくるのですが、まさかここに新幹線以外の手段で来る日がこようとは・・・。





ではでは、7日目。

DSC_0302.jpg

富士川緑地公園にて起床。
旅6日目にしてようやく野宿1回目というヘタレっぷりですが、どうにか無事朝を迎えることができました。
風よけの為に植木の隣にテントを張りましたが、夜中の内に風向きが変わりテントがバタバタとうるさいのなんの。
結局ほとんど眠れないまま朝を迎えました。

5時半ごろにそそくさと撤収。
人が来る前に痕跡を消さねば!と変な焦燥感に駆られていましたが、早朝ランニングの方々に思いっきり見られていました。
妙に気まずいというか恥ずかしいというか。
慣れてくれば気にならなくなるのでしょうか。



その後、新富士駅から少し行ったところのマックでコーヒーをすすりつつメールチェックやブログ更新。
と、そこへ友人からメールが。
宿と食事を提供してくれるとのことで、お言葉に甘えて早速合流することに。
ありがたやー!



DSC_0305.jpg

「ワイルドだろォ~?」
友人のひで君。

お世話になります。
たまたまコーラ持ってたからって理由でスギちゃんネタを振ったのに、快く受けてくれてありがとうございます。
でもカレンダーはいい加減次の月にしたほうが良いと思うんだ。



久しぶりに会ったのでしばらくジュースやお菓子をつまみながら談笑。
その後お昼をご馳走になることに。



DSC_0306.jpg

昼から焼肉!
良いんですかこんなところでご馳走になっちゃって。
ちょっとお高そうですわよ!

ひ「良いっす良いっす、箱根で消費した分のカロリーを補ってください」

こ「(ノД`)・゜・。ブワッ」



二人で石焼ビビンバのランチを注文。
ランチと言ったってそこそこのお値段。さすが社会人は違うぜぇ・・・。



DSC_0307.jpg

肉ー!



DSC_0308.jpg

ビビンバー!



美味しかった。本当にご馳走様です。





その後もひで君の家でお菓子つまみーのジュース飲みーのしながら、エルシャダイやったりパズドラ談義しながら時間を過ごし、夜はラウンドワンで久しぶりのビリヤード。

DSC_0309.jpg

完膚なきまでに叩きのめされました・・・。ぐふぅ。
でも楽しかった。



夜は夜で外食の予定でしたが、お母様が手料理をご馳走してくださるとのことで急いで帰宅。

何から何までお世話になりっぱなしです。















翌日、翌々日も雨だったためにひで君の家で過ごさせていただきました。
当のひで君は社会人なので、当然平日はお仕事。
私はと言うと、部屋で一人黙々とブログ更新したり、ニコニコ動画見たり、スマホ弄ったりしてグダグダ過ごしていました。


ニートや、ニートがおるで。

まぁたまにはこんな日があっても良いよね。 ・・・ね?





そうそう、19日のお昼につけナポリタンを食べに行きました。
富士市のご当地グルメなんだとか。

教えてもらうまで全然知らなかったのですが、せっかくなので食べてみることに。



IMG_0458.jpg

ひで君に教えてもらったお店「アドニス」
ここで噂のつけナポリタンをチェックだ!



IMG_0459.jpg

ほうほう、これが噂の。
トマトベースのつけ汁に、パス・・・タ?
完全につけ麺用の麺です。



味はまぁ何と言いますか美味しいのですけど、正直つけ麺にする理由がry
少なくともナポリタン目当てで食べると似ても似つかない味なので、別物として考えたほうが良いです。
食べ方に「よくつけて食べるべし」とあるのですが、結構酸味が強かったので、個人的には程々につけたほうが美味しく食べられました。

旅に出て初のご当地グルメ。ご馳走様でした。










そんなこんなで3日間を富士市で過ごしました。
出発は天気の回復する20日水曜日。
3日もグダグダしていた分、しっかり走らないとですね。




ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 

【6日目】(2/16)箱根峠の雨と雪【神奈川→静岡】

どもども、こっとんです。
どうにかこうにか箱根は越えて、現在静岡の富士市におります。
外は雨。今日明日と天気が悪いようなので、しばらく足止めです。
幸いにして富士市に友人がいて、お宅に泊めて頂けることになりました。
ありがたや、ありがたや・・・!


では箱根越えの6日目、いってみましょー。










朝6時に起床。
シャワーを浴びて支度を整え、7時前にチェックアウト。
駅前のコインロッカーから荷物を取り出し(超過料金含めて900円かかりました・・・)その後駐輪場の方に事情を説明して預かっていただいていた荷物を自転車に括り付けます。
駐輪場の方に見送られて、7時半頃にスタート。

DSC_0270.jpg

IMG_0439.jpg

暗い。
天気予報では今日は晴れのはず。
今後に期待です。



IMG_0440.jpg

30分ほど走って箱根湯本駅に到着。
どう見ても曇天です。
加えてやっぱり足が痛い。
平地ならまだしも、多少勾配があるだけで太ももがズキズキします。
しかしここまで来たら引き返せません。
多少の不安を抱えつつも、いざ箱根越えへ!




そして上り始めて10分足らず。

雪降り始めてきたんですけどw





IMG_0447.jpg

先日も雪だったとのことで、路肩や草木には雪が積もっております。
加えて今日の降雪。
これは・・・ヤバそうだなぁ。

そう思いつつも上へ。
足はもう既に限界で、途中何度も休みながら少しずつ進んでいきます。
(※雪のためデジイチはお休み。iPhoneをちょいちょいポケットから出しながら撮影)



IMG_0445.jpg

IMG_0446.jpg

大平台駅で休んでいるときに一瞬青空が!
雪はまだ降り続いていますが、これは止むのも時間の問題か。



IMG_0448.jpg

そんなことはありませんでした(/ω\)

IMG_0449.jpg

IMG_0450.jpg

平然と横を通り過ぎていく車を眺めつつ。



IMG_0451.jpg

ま、まだ坂道終わらないんすか・・・。





そしてようやく。

IMG_0452.jpg

ほわああああああああ・・・ゲホゲホッ

ここからようやく少し下り。



DSC_0271.jpg

芦ノ湖。

箱根湯本の駅を出てから4時間ほどかかったでしょうか。
足の痛みと路面の凍結もあって、結局ほとんど自転車を押して歩いてました。

写真を撮っていると一人の男性に話しかけられました。
8時くらいに箱根湯本駅周辺で走っている私を見たとのこと。

こっとん「いやぁ、予報じゃ晴れだというのに上ってきたら雪降ってて参りましたよ」

おじさん「降ってたな。日ごろの行いが悪いからそうなるんじゃないの?」

こっとん「そうですかねー?アッハッハッハ」

おじさん「アッハッハッハ」

こっとん「・・・・・・・・・・・・。」

おじさん「・・・・・・・・・・・・。」










近くのコンビニで肉まんとあんまんを買って小休憩。

後はほぼ下りのはず。
このまま下り天国で一気に静岡に入って進んでいくぜ!





まぁ結論から言うと、下りも地獄だったんですけどね。



小休憩を終えて芦ノ湖前をスタート。
また現れた微妙な上り坂をヒィヒィ言いながら押して進んでいき、ついに長い長い下り坂に突入。

ヒャッホーウ!漕がなくても進むぜ!天国来たぜ!

IMG_0454.jpg




ガシガシガシガシガシガシガシガシッ
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!
バシバシバシバシバシバシバシバシッッ
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!


雪が!雪が顔面に!ガンメンにぃぃ!
風冷たい!痛い!耳がちぎれるぅぅ!





風が冷たくて寒いのはある程度予想していましたが、顔にあたる雪がこんなにも痛いものとは知りませんでした。
路面は雪と凍結で、危険すぎて下りといえどスピードも出せず必死にブレーキをかけながら進みます。
眼鏡に雪が付着して前が見えません。手足はかじかみ感覚がありません。
赤かったはずのダウンジャケットは真っ白です。息で白く曇っていた眼鏡は雪で真っ白です。

それでも前に進まないと、この状況からは脱せません。
意識をはっきり保ち、前をしっかり見て少しずつ進んでいきます。














そして。

IMG_0455.jpg

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

抜けた・・・。
抜けきった。

IMG_0456.jpg

振り返ると、大きな低い雲が山を覆っていました。





その後はただ無心に自転車を走らせ、静岡県は富士市を目指します。
箱根を越えた感動や安堵といったものはなく、ただ無心でした。
呆然と言ったほうが正しいのかもしれませんが。



DSC_0276.jpg

チラッ

富士山キタ――――――――!!!!!!(゚∀゚)

ここでようやく感情というかテンションが戻ってきましたw



DSC_0289.jpg

DSC_0288.jpg

やはり富士山はすごいです。
こんなに美しく山らしい形をした山はそうありませんよね。

少し走っては撮り、少し走っては撮り、を繰り返しながらだらだらと富士市を目指します。




グーグルマップに従って一本横の道に入ると。


DSC_0291.jpg

お祭りの真っ最中。
この時期にお祭りというのは、私はあまり馴染みがないので新鮮です。



DSC_0292.jpg

賑わっていますね。
お祭りに来るとついつい食べ物を買ってしまいそうになるので、ここはグッと我慢を。



DSC_0293.jpg

ちょうど今日から3日間なんですね。
結構大きなお祭りっぽいです。










DSC_0296.jpg

DSC_0297.jpg



DSC_0298.jpg

ここに来るまで、海沿いを走っていることをすっかり忘れていました。
富士山のほうばかり見てたよ。





DSC_0300.jpg

そして17時ちょうどに新富士駅に到着。

とりあえず近場のマックで食事をとり、寝床を探します。
近くに道の駅があったのですが、国道沿いでとてもじゃないですが眠れなそうだったので、その先にある富士川緑地公園に向かうことに。

既に辺りは暗く公園についてすぐに準備を始めましたが、風が強くテントが舞うこと舞うこと。
風除けになりそうな植木の近くに場所を移し、テントを1時間ほどかけて張り、ようやく6日目終了。





箱根で雪に降られたときはどうしようかと思いましたが、どうにかここまで来られました。
まぁ山の天気は良く変わると言いますもんね。

ぶっちゃけ1回も変わりませんでしたけどね。(ずっと雪)



正直しんどい1日でしたが、きっと今日のこともいずれ笑い話にできる時が来ることでしょう。
良い経験になりました。




走行距離:約71km
走行時間:約9時間

総走行距離:約229km


走行ログ:20130216gpslog.html



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

【5日目】(2/15)休足日【神奈川】

5日目は小田原駅前のネカフェで起床。
コメントで教えて頂いたとおりフラットシートの部屋にしたら比較的睡眠をとることができました。
隣のスペースのおっちゃん(?)のいびきが無ければなお良かったのですが(´Д`)


今日は予報では雪が降るとか。
なので本日は小田原に留まり、天気の良さそうな土日に箱根を越えようと計画。

マックが近くになかったので、朝からファーストキッチンに籠り本を読んだりスマホをいじいじ。
そうこうしているうちに外は雨が降り始めてきました。

その後も書店で立ち読みしたりデパート内をうろうろしながら時間を潰し、15時に予約してあったビジネスホテルにチェックイン。
ブログの更新をして、22時前には床に就きました。





そんな感じで5日目終了。
移動もなければ写真もない一日でした。



走行距離:0km
走行時間:0時間
 
 

【4日目】(2/14)足の痛みとの戦い【神奈川】

かろうじて雪ではないものの、外は冷たい雨が降っております。
ビジネスホテルからこんばんわ、こっとんです。

旅を始めて早5日。いまだに野宿回数0とはこれいかに。
今後ちゃんと行っていくので、もう少し、もう少し時間をくだせぇぇぇ!!(´Д`;)










湘南ひらつか 太古の湯より、4日目スタート。
DSC_0186.jpg

ボードを持ってくださっているのは、たまたま私の後に出てこられた御方。
ご親切にありがとうございました!
お名前をお伺いする間もなく去って行かれました。



DSC_0185.jpg

ちなみにこの時点で既に正午過ぎw

昨日の16時ごろ入館したのですが、3,000円で明後日の午前2時までいられると言われたものですから、正直朝起きた時点では「このまま今日一日ココでのんびりすんべ~」と思っていました。

ところが調べてみると、どうやら明日は悪天候のよう。というかまた雪の予報ですか?!
そうなると今日ある程度移動しておかないとまた足止めを食らうことに。
それは避けたい。
しかし正直足にはかなりのダメージがきており、太ももが常に張っている状態で歩くだけで痛い有様。
そろそろ丸一日どこかで足休めの日を作りたいという思いも強く、悩みました。



で、考えた結果。
今日の内に小田原まで走って、明日の雨の日を足休めの日にすることにしました。
そしてその翌日に箱根越え。

よーしこれで行こう。

そうと決まればさっそくもう一度風呂に入って足をモミモミじゃ!





とまぁこんなわけで出発が昼になってしまったのです。
まぁ20キロですから、今日も焦らずのんびり行くべさー。
そんな堕落した気持ちでチャリを漕ぎ始めます。




DSC_0188.jpg

DSC_0191.jpg

夢庵、懐かしー。
昔住んでいた家の近くにあって、よく食べに行ってました。



DSC_0190.jpg

DSC_0193.jpg

静岡まで107km。
浜松は私にとって馴染み深いところなので、しっかり周りたいです。



DSC_0200.jpg

範囲が漠然とした売地w
しかしここに家を建てたらオーシャンビューですね。
私は落ち着かないので遠慮願いますけどね!



DSC_0199.jpg

小田原に突入ー。



DSC_0202.jpg

DSC_0209.jpg

DSC_0210.jpg

到着!

この時点でまだ時間に余裕があったので、このまま小田原城へ行きます。

上らなくていい坂上ったり通らなくていいトンネル通ったりしながらなんとか到着。
おっかしーなー、駅からたいして離れていないのにこの迷いようw





DSC_0236.jpg

DSC_0240.jpg


日本一周しているとある方がブログで言っていました。
「思っていたより小さい」

残念ながら中の展示物は撮影禁止。
大名乗物や刀、鉄砲など、その当時を色濃く示すものが数多く展示されていました。



DSC_0213.jpg

DSC_0211.jpg

DSC_0230.jpg

DSC_0228.jpg

なんと梅どころか桜まで咲いていました。
この時期に咲くタイプの桜らしいです。
花ひとつとっても、いろいろあるんですねぇ。



DSC_0242.jpg

最上階から。(外の景色は撮影して良いとのこと)



DSC_0246.jpg

DSC_0247.jpg

空と海の境界線が溶け合っています。





DSC_0249.jpg

閉門。結構時間ギリギリでした。



チャリに戻って荷物整理をしていた時に思い出して。





DSC_0267.jpg

ごめん、どせいさん。







この後自転車を駐輪場に預けに行きます。
駐輪場の方のご厚意で、荷物を保管してもらうことに。
んが、倉庫に空きがなく4つの内2つしか入れられず、残りは駅前のコインロッカーに入れておくことに。
駐在員さん曰く、いたずらが多いから付けっぱなしは危険とのこと。
いたずらする人は、された人の気持ちを考えましょう。

DSC_0268.jpg

駅改札の上にぶら下がっている大きな小田原提灯。壮観。

駅前のネカフェに入って、4日目終了。





走行距離:21km
走行時間:約2時間

総走行距離:158km


走行軌跡
20130214gpslog.html
試験的にログを置いておきます。



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

【3日目】(2/13)ハイテンション・ロード【神奈川】

皆様こんばんわ、こっとんです。



昨晩は無事まとまった睡眠をとることができ、今は比較的元気です。
なので元気なうちにブログ更新やったるでー!
溜めこむと絶対に疎かにしてしまう、それが私。
夏休みの宿題は最後の3日間が勝負、それが私。











DSC_0078.jpg

午前9時過ぎ。
あれほどアラブって(一発変換)いた雨と風は何処へ。
空は晴れ渡り風は歌うように穏やか。
チャリで出る分には最高の天気ですが、私の気分はド底辺。
俺一人の時は散々歯向かっていたのに、世間が動き始めたら途端に良い子ぶりやがって!

そんなわけのわからんことを考えながら自転車を漕ぎ出す。

気持ち良いくらい一直線に縁石へダイレクトアタック。

転倒こそしなかったものの、さすがに「これはヤバい」と思いました。
今日は本当に睡眠をとろう。
睡眠をとるために最善を尽くそう。



そんなわけで本日の目的地は鎌倉に決定。
現在地から約20キロと言ったところでしょうか。
さっさと向かって宿を探すことに。





DSC_0085.jpg

そう言いつつもちょっと逆走して赤レンガ倉庫に。

ほーん。これがかの有名な赤いデートスポットか。
確かに赤いわ。遠目でも赤いわ。でも煉瓦ってだいたい赤くね?



DSC_0083.jpg

後ろを振り返ればそこには横浜ランドマークタワーが。

ちょっ見ろよあれ!あれランドマークタワーじゃね?!すっげー!でっけー!かっけー!





さて、それでは鎌倉を目指します。

DSC_0080.jpg

DSC_0089.jpg

倉庫なんかよりこっちの建物のほうがよっぽどry

旅をしているせいか、有名どころよりもこういう何気ない建物の外観に惹かれることが多くなりました。



じゃんじゃん進んでー。
DSC_0092.jpg

鎌倉市街まで6キロ。
もうちょいもうちょい。





DSC_0093.jpg

到着ー。
さすがに20キロだとあまり辛くなくなってきました。
(とかなんとか言っていますが道中の坂道はヒーヒー言って自転車押してました)

鶴岡八幡宮。
実はここは去年の11月当たりに一度二人で来てるんですよねー。
・・・来てるんですよねー。



DSC_0099.jpg

DSC_0102.jpg

クルッポー。



DSC_0104.jpg

数年前に倒れてしまった銀杏の木。
樹齢1000年。近寄るだけで何か力を感じるような気がします。

・・・具体的にはこう、前後左右から私を倒そうとする力が。(寝不足



本殿内は撮影不可。
DSC_0109.jpg

DSC_0110.jpg

私の少し後ろで修学旅行生と思しき学生が「リスいるリス!」としきりに言うので、私は「全然興味ないよリスなんか~あ、でもー、偶然見つけちゃったらそれは見て写真撮っても仕方ないよね~たまたまだし~」みたいな雰囲気を醸し出しながら内心血眼になって探しましたが、見つけられませんでした。

・・・ちょっと余計なこと書きすぎかしら(´Д`)



DSC_0114.jpg

「新天地を求めていざゆかん」



DSC_0115.jpg

「やっぱここが落ち着くわー」



DSC_0112.jpg

忘れた頃にどせいさん。



DSC_0117.jpg

さぁ、次に向かいましょう。










DSC_0121.jpg

鎌倉大仏様。
小学校6年の修学旅行か何かで来た記憶があります。
まぁあの頃は、友達と知らない土地でふざけてるだけで楽しいおこちゃまだったので、正直ほとんど覚えていないのですが。



DSC_0125.jpg

ちなみに中には入りませんでしたw










さて、とりあえず今日の目標は達したので宿を探すことに。
しっかり睡眠をとるために風呂にも入りたいし、それでいてそこそこ安いところ。

しかし探してみるとどうにも鎌倉にはそういうところが無く。
かろうじて見つけたのが、鎌倉からさらに先に進んだ平塚市にある太古の湯というところでした。

平塚までさらに約20キロ。



・・・これは、走るしかないか。
幸い(?)ここにきて眠気はほぼ感じなくなっていたので、もう少し走って平塚市を目指すことにしました。
少し行けば海沿いに出られますし、そうすれば道幅も大きくなって走りやすいだろうと考え、休憩もそこそこに再スタート。



大仏から少し南に山を下っていくと。









DSC_0129.jpg

うひょー!海じゃー!



DSC_0131.jpg

DSC_0139.jpg

すっげー!でっけー!テンション上がるわー!

海無し県に長く住んでいる身としては、やはり海を見ると気分が高まります。
でも悲しいかな、見てて落ち着くのは山なんですよねw





DSC_0148.jpg

しばらく走ってると、江ノ島が見えてきました!



DSC_0151.jpg

歩道や道路に、やたらと砂が堆積している場所が多々ありました。
砂浜の砂とも違うようで、上を走るとこのようにガッツリ付着します。
なので車道に砂を見つけては歩道に入り、歩道に砂を見つけては車道に入り。
疲れるんでこれ以上やめてくださいお願いします(´Д`;)





DSC_0155.jpg

江の島手前で小休憩。



DSC_0153.jpg





DSC_0157.jpg

水族館を横目に。



DSC_0158.jpg

れぇーっどろーぶすーたぁー♪(古
すごく久々に見ました。まだ存在してたんだ・・・。



DSC_0160.jpg

旅をしているせいか、有名どころよりry





DSC_0159.jpg

「おわかりいただけただろうか」

写真の真ん中に富士山が、うーっすらと。





DSC_0165.jpg

途中見つけた階段を上った先。
いやぁー、海辺を通ると写真の枚数も増えます。










DSC_0170.jpg

国道134号。
この道、車が通るときはすごく通りますが、通らない時は本っ当に通りませんでした。
上りも下りも一切車がなく、シーンと静まり返ることが何度もあったので、その度に「うひょー!」とか「しょえー!」とか言いながら走ってましたw

ブォン!!
DSC_0172.jpg
しょええええええええええええええ!!!!!!!

※仮にも二車線の大きな道です。ふざけるのはやめましょう。





DSC_0176.jpg

DSC_0182.jpg

DSC_0183.jpg

平塚に到着!



この後、太古の湯に直行して3日目終了。



走行距離:40km
走行時間:約4時間

総走行距離:137km




だいたい1時間10㎞ペース。
私の場合、これが基準になるのかなー。
・・・もう少しくらい上げたいなw



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 

【2日目】(2/12)人生こんなもん【東京→神奈川】

連投失礼致します、こっとんです。



できるときにやる。
これは人生において大切なことだと思います。
同時に、明日で良いことは明日やる。これもまた大事だと思います。
要は人生、タイミングってことですよね!



できるときにやるとは言ったものの、本っ当に今眠くて頭ぐらんぐらん揺らしながらマックの椅子に座ってます。
うーん、今日はどうしようか・・・。









DSC_0028.jpg

5時に成増駅前のネカフェで起床。
起床とは言うもののちっとも睡眠がとれず、かろうじて1時間ほど意識がない時間があっただけ。
それでも意外と元気なのは、やはりチャリ旅をスタートさせたことによる気分の高まりゆえでしょうか。





6時半くらいまでグダグダ過ごし、その後準備をして7時に出発。
今日はせめて横浜までは行くぞー!

DSC_0029.jpg

DSC_0030.jpg

徐々に陽が昇ってきました。
睡眠不足で若干へこたれていましたが、やはり早朝に自転車で走るのは気持ちが良いですね。
気分的に回復してどんどん進んでいきます。





DSC_0032.jpg

私にはとても真似できないネーミング。



DSC_0034.jpg

高円寺を抜け。



DSC_0035.jpg

不思議な形の建物。どうやら学校のようです。
これを見たとき、ドラビアンナイトに出てくる空飛ぶ黄金宮をちょっと思い出しましたw
わかる人いるのだろうか・・・。



DSC_0036.jpg

世田谷に入りました。
ここまでに緩やかな上り坂&下り坂をたくさん通ってきたので、私の貧弱な足がすでに悲鳴を上げ始めていました。

そこへちょうど良いタイミングでガストが。

DSC_0038.jpg

モーニングのピザトーストセット。399円也。
時刻は9時過ぎで、考えてみれば朝食もとらずに走り始めていたので、ここで休憩がてら慣れないブログもつらつらとしたためていきます。
しかし思うように進まず、気が付けば1時間も経っていたので慌てて切り上げ再出発。
まぁ慌てるような時間でもないのですけど、ここにきて昨晩の寝不足と普段使わない筋肉へのダメージが出てきまして。
少し考えた結果、今日は早めに目的地に行ってゆっくりお風呂にでも浸かろうかと。

なのでここからできるだけ速度を上げて横浜を目指します。


実際問題疲労と痛みで、前半よりもむしろ遅くなってるんですけどねw





DSC_0039.jpg

並木道。
何の木かはわかりませんが、春にや秋には綺麗に色付くのでしょうね~。



DSC_0043.jpg

オシャレなお宅を発見。
何故か昔読んだ『西の魔女が死んだ』を思い出しました。



DSC_0044.jpg

田園調布駅で写真を撮っていた時に、おまわりさんに職質されましたキター!
実際のところ職質なんてものではなく「どこからきたのー?」とか「もしかして日本一周?」とかそんなフツーの会話でしたが。
え、それを職質っていうの?(;・∀・)

「人生においてきっとプラスになるから頑張ってね」というお言葉をいただきました。
おまわりさんから言われると説得力ありますね。





DSC_0046.jpg

線路沿いに進んでいくと多摩川に到達。
でっけー!橋でっけー!(*゚∀゚)=3 ムハーッ



DSC_0047.jpg

田舎もんの私には十分すぎる大きさでした。



DSC_0057.jpg

横浜まで17キロ。
既に私の足は息をしていません。



DSC_0059.jpg

ポール立て過ぎだろォ!
何このブービートラップ・・・、横に膨れた私の自転車にとっては脅威です。



DSC_0062.jpg

日産スタジアムは以前B'zのライヴで来たことがあります。
広くて良い会場ですよね。
あまり覚えてはいませんが(・∀・)



DSC_0067.jpg

東急東横線沿いをずぅーっと進んで行って、大倉山、白楽へ。
ここも3年ほど前に一人で来たことがあります。
当時好きだった作品の舞台になっていたのが理由ですが、今で言うところの聖地巡礼なのかしらw





そしてぇー

DSC_0069.jpg

神奈川駅到着!
・・・県名が付いてるくらいだからもっと大きい駅を想像してました。
まぁそのすぐ隣の駅がでかいので仕方がないですかね。





DSC_0075.jpg

横浜駅に到着ー!

いやぁーキタワーヨコハマー。
まだ2日目でたいした距離を進んだわけではないですが、やはり達成感はありますね。
これから先たくさんの場所を目標に進んでいき、その度にこういった達成感が得られるのでしょうか。
オラワクワクしてきたぞ!


・・・余談ですが3月から、私が普段よく利用していた私鉄が横浜と電車一本で繋がるんですよ。
実家の最寄り駅から乗っても2~3時間で横浜に来られるらしいです。

2日かかったのを、たった2時間かぁ。
なんかやるせないなぁw
まぁわかってて敢えてチャリを選んだわけですけど。





さて、今日の目的は達成したので、この傷んだ体を癒やしに24時間営業のスパに向かいます。
時刻は14時過ぎ。
今から明日の朝までのんびりできるぜヒャッホーゥ!

と、思っていた時期が私にもありました。



チャリを市営駐輪場に預け、向かったのはSPA NEW JAPAN YOKOHAMA
エントランスに入り受付に向かうと一枚の立て看板が。

「明日2月13日は設備点検のため休館となります。そのため、本日の営業は夜の12時をもちまして終了とさせていただきます

( ´∀`)ちょいちょーい。



設備点検がどの程度の頻度であるのかわかりませんが、よりにもよってこのタイミングで・・・!
しかしこればかりは仕方がない。
とりあえずあと9時間はいられるわけですから、その間にiPhoneパワーで近場のマックでも探すことに。
とりあえず風呂じゃ風呂じゃー!

そのあと仮眠室で寝ようとしたのですけど、ほとんど眠りにつけず。
周りの方々のいびきが、ね・・・。
結局9時間もいたのに1時間くらいしか眠れませんでした。



で、幸いにそのSPAから徒歩すぐのところに24時間営業のマックを発見。
「コンセントもあるみたいだし、今夜はここで徹夜でブログ更新かなぁ・・・昨晩もたいして寝てないのに」
と少しげんなりしつつも0時前にSPAを出ると雨が。
そういえば予報では明け方に雪が降るとか降らないとか。

傘をさしてそそくさとマックに向かい、いつもの100円コーヒーを頼もうとするとここで店員さんが。

「お席のご利用は1時までですがよろしいですか?」

( ´∀`)おいおいキミィ、24時間営業のマックなのに何を言っているのかね、ん?
     教育がちゃんとなっていないんじゃないのかね?

ふざけんなあああああああああああ!!!!

ブログで初めて大文字を使うくらい本気でそう思いました。
思っただけで口には出しませんでしたが。
にしたってこの雨降る寒空の中、私は1時以降どうしろと言うのでしょう。

なんか悔しくて「あ、じゃ、良いです・・・」と店を出てしまったのでもう今からどうしたものか。

まさこんな日に外に放り出されることになろうとは夢にも思いませんでした・・・。



結局その後ジョナサンを見つけて入るも、そこも4時で閉店。
仕方ないのでチャリを預けた地下駐輪場に行くと入口はことごとくシャッターが降りていて入れず。
(おっちゃん、24時間いつでも出入りできるって言うてたやんか・・・)
ようやく開いてる入口を見つけて、冷風吹き荒ぶ地下通路でどうにか1時間ヒマをつぶし、5時半ごろに先のマックに向かい今に至ります。



もう、ね。




疲れましたw



とりあえず3日目の今日は鎌倉に向かうつもりですけど、ひょっとしたらそこで切り上げて明日は休日にしてしまうかもしれません。
とにかくまとまった睡眠をとりたいです(´Д`)

良くも悪くも濃い1日となりました。




走行距離:約42km
走行時間:約4時間

(途中計測忘れがあるため不確かです)



ランキングに参加しています。
よろしければクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 

【1日目】(2/11)旅立ちは、風吹き荒ぶお昼前【埼玉→東京】

皆様こんばんわ、こっとんです。



スタートしてからこの2日間殆ど眠れていないので、今もう寝てるんだか起きてる夢を見てるんだかわかりません!
こんな状態ですが、初日の日記行きまっせー。












DSC_0005.jpg


7時に起床。
しばらく自分の寝慣れたベッドともお別れかと思うと、もう2~3度寝しておきたかったのですが、その誘惑をグッと押しのけて準備開始。
祝日なこともあって、家族総出で見送りしてくれるとのことで、朝食をとって9時ごろ出発!
・・・の予定が荷物を固定するのに手間取り結局9時半に。
その後一杯だけお茶をすすってさぁいよいよ!
・・・と思いきや自転車保険のコピーを取るとのことで証書を手渡しコピー待ち。10時。
もう思い残すことはない!
・・・家族はまだ写真を撮りたかったようで私の撮影会スタート。


結局実家を出たのは10時半でした。





とりあえず祖父母と叔父さん叔母さんにも挨拶をしておきたかったので、まずはそちらに向かうことに。

DSC_0007_201402121339077fe.jpg


国道をひたすらまっすぐ進んでいきます。
祝日のせいか普段より車の通りも少なく、快適でs風強っ
完全に向かい風でした。昨日はあんなに穏やかな天気だったのに・・・。





DSC_0010.jpg

しかし待ちに待った日本一周をスタートさせたせいか、見慣れた風景も心なしか新鮮に見えますな(・∀・)





ほんの十数キロで祖父母の家に到着。

そこでも写真撮影会が行われ何故か握手会もw
しかしこの年になってこんなことをしようとしている孫を快く送り出してくれるなんて、本当に感謝しきれません。
叔父母の家にも伺って挨拶(と撮影会)を済ませ、いよいよ本格的にスタート。





・・・しかしわたくし、完全に舐めきってました。
結局事前に荷物を載せて練習するということを全くせずに挑んだのですが、まぁ当然と言いますか走行中フラッフラで。
もともと前輪部に荷物を積みたくなかったのですが、どうしても容量的にバッグを装備せざるを得ず。
後ろのバッグより重量は減らしてあるものの、やはりとっさにハンドルを切ろうとしても思うように動きません。
加えて今までの感覚で細い道を抜けようとすると、バッグで横に膨れたチャリは当然引っかかります。


民家のブロック塀にガリガリガリ。

ガードレールにザリザリザリ。

道路脇の植木にジャリジャリジャリ。



それはもう酷い有様で。
途中盛大にバランスを崩してコンクリート壁に思い切り左手を擦りつけました。
グローブをしていたので大事には至りませんでしたが、後で見たらすりむいてました・・・。





自転車で走ってみるとよくわかりますが、日本の道って本当自転車に優しくないです。
仮にもロードバイクタイプの自転車なので極力車道を走るようにはしていますが、横膨れした自転車ではやはり引っかけられたり転倒したりといった危険も増します。
白線で区切られた側溝部分にそれなりの幅があればその危険もグッと減るのですけど。



かといって歩道を走ってみれば、この有様。

DSC_0008.jpg

街路樹の根っこがアスファルトを押し上げてます。
気を付けないと足元とられて転びそうです。
実際に隆起の激しいところで危うく転倒しそうになりました。

全く、国ももっとこういうところに予算を使えば良いのに・・・

と、ぺーぺーチャリダーがぶつぶつ言いながら進んでいきます。



DSC_0011_20140212133908f1d.jpg


自転車用道路サイコー!
幅のある自転車でも左右にそこまで気を遣わずにスピードが出せます。

こういった道がもっともっと増えると良いですね。
歩道を走る自転車がなくなって、歩行者にとっても良いと思うのですが。





そうこうしているうちに、小江戸川越に到着。
ここは昔ながらの建物も多く残っており、近いながらも魅力のある街です。

DSC_0016.jpg

DSC_0014.jpg

DSC_0015.jpg

少し散策しようかとも思ったのですが、三連休の最終日もあってかすごい人。
加えて古い町並みに似つかわしくない結構な車の交通量で、ちょっと嫌になりましたw

まぁ今日はとにかく埼玉を出ることが最優先目標。
川越は電車で30分もあれば来られるので、今回はパス。
ガンガン進みます!(しかし気持ちとは裏腹に痛み出す尻と足





道に迷いながらも進んでいると、ブレーキに少し違和感。
なんか、左(リア)ブレーキの利きが弱い?
結構深く握り込まないと利いてくれません。

お恥ずかしながらわたくし、こんなたいそうな自転車に乗っているにもかかわらず自転車知識ゼロですから!皆無ですから!

そんなわけでたまたま通りがかった自転車屋で見てもらうことに。

DSC_0023.jpg

御年70のおじいちゃんが対応してくださいました。
やり方も見せて頂いたので、次は自分でも多少は調整できそう。
無知な私に親切に教えてくださって、ありがとうございました!



びふぉー
DSC_0021.jpg



あふたー
DSC_0024.jpg

・・・ちょっと今度は固すぎな気もry





途中マックで休憩。
もそもそとジューシーチキンフィレオを頬張っていると、慣れない運動を一日続けていたせいか気持ち悪くなってきましたw
マックの席の片隅で一人唸る怪しい赤ダウンジャケットの男。




そんなことをしているうちにあっという間に陽が落ちてきた。あかん!

DSC_0025.jpg



事故を防ぐためにもナイトランはしないと家族と約束しtはいもう真っ暗ー!

DSC_0027.jpg





一応ギリギリのところで目標の脱埼玉は達したので、目星をつけた公園に向かうも、たまたま遭遇した管理人さんに即NGをくらい。
周辺にも良さそうな場所がなく、結局初日からネカフェにお世話になることになりました。

しかしわたくし、ネカフェは過去に友人と一度来たことがあるだけなので、実質初めてです。
リクライニングチェアの個室でしたが、これっぽっちも眠れず。
これじゃマックで徹夜したのと変わらんではないかw





こんな感じで一日目終了です。
初日は自転車をまっすぐこぐことだけで精一杯で、写真もあまり撮る余裕がありませんでした。
明日も基本は移動の一日になりそうですが、もう少し余裕を持ちたいですね。

何にしろ、早く関東から離れたーい!





移動距離:55km
測定時間:6時間18分




ランキングに参加しています。
よろしければクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 

日本一周の装備(こっとんの場合)

明日出発します。
いきなりです、こっとんです。

翌週にならないと出来ないと思っていた用事を無事に先週中に終えることができ、予定通り明日2月11日の月曜日に出発できる運びとなりました。



・・・いやー、ついに来ましたな。

今まで他の方の日記で「これから出発します!」といった内容を見たとき、単純に「羨ましいなぁ」とか「楽しそうだなぁ」などと思っていましたが、まさかこうやって自分もそちら側に立つことができようとは。
なんか不思議な感じです。

そして出発を翌日に控えて、日本一周に挑戦できる自分はとても恵まれた人間なのだと、改めて感じています。
行きたくても行けない人、そんな夢を持つことすら許されないような人が、この世には数えきれないほどいるというのに。
大袈裟かもしれませんが、そのことを忘れずに日本を周ってこようと思います。
そして快く送り出してくれる両親に心から感謝。
目一杯楽しんでくるよー!ウフフフ(*´ω`*)










さて、そんなわけで本日は私の旅装備を紹介させて頂こうと思います。
以前にも少し書きましたがちょっとまとまりなかったので、今回はまとめて載っけちゃいます。
とは言っても実は撮り忘れや準備し忘れが結構あったり・・・。
もうバッグに詰め込んじゃったので出して撮り直すのが面どry
そのあたりは文章で補完しておきますので許してくだちい。



それではいきまー!









IMG_0434.jpg

『GREAT JOURNEY 2012モデル』

「吾輩はチャリである。
      名前はまだ無い。」



わたくしの相棒のフル装備状態。
本当は前輪部にはバッグを付けたくなかったのですが、いざ持ち物を用意してみるとどうしてもリアバッグだけでは足りず。
やむなくフロントバッグも付けていくことにしました。
道中で物が増えることを考えると、多少余裕があったほうが何かと便利ですし。


チャリに名前を付けようと試みていたのですが、ジャニーさんとかグレ吉とか多少候補はあったもののどれもしっくりこない上、母に「全然面白味がないわアハハハ」と一蹴され、思わず「ち、違うんだからね!今パッと思いついたのを口走っただけなんだからね俺の本気じゃないんだからこんなの!」とツンツンしてしまった為、結局今に至るまで決まらず。
まぁ名前なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。





そんなことより装備ッ

前後輪のバッグは自転車を購入した際にデフォルトで付いていたもの。
防水ではないのでバッグだけ買い替えるか悩みましたが、結局外側に防水スプレーを吹きかけて、内部は↓

IMG_0415.jpg

この頑丈なポリ袋をバッグ内に広げ、その中に荷物を入れることで良しとしました。
これ一枚で300円くらいするんですぜ旦那・・・。





リアキャリアに乗っているバッグもGIANT製のものですが、こちらは後日購入したもの。
容量はそんなに大きくありませんが、ベルトを付けることでショルダーバッグにもなります。


そういえば、このキャリア上のバッグがすごく大きいものを使っている方をよく見かけますが、ああいう方たちってどうやって自転車にまたがっているんでしょう。
明らかに足あそこまで上がらないですよね・・・というくらいの高さがある方もちらほら。
やはり自転車を可能な限り横に傾けてまたがるのでしょうかねー?





あとはステム下のフレームバッグと、サドルバッグも追加しましたが、今のところ大したものは入れておりません。
ハンドル部にスマホ固定器具を取り付け、iPhoneをGPSロガー代わりに使うつもりなので、フレームバッグには予備バッテリー(後述)を入れてスマホに電力供給させるようにしようかなーと考えてます。
サドルバッグにはワイヤーロックが入っていますが、2つ入れただけでもうパンパン。
もう少し大きいかと思っていたのですが、意外と。










IMG_0414.jpg

テント及び寝具。

左から

・オールウェザーブランケット(ブルーシートみたいなもの)
・エマージェンシーシート
・小型湯たんぽ
・ランタン
・インフレータブルまくら
・インフレータブルマット
・テント
・テント用ポールなど
・シュラフ

湯たんぽは正直どこまで効果があるのかわかりませんが、まぁたいして大きくないので一応w
シュラフの中が暖かくなればそれで良いんだ!
ただ結露が酷くなりそう・・・。

写真には撮っていませんが、実はもうひとつ秘密兵器として「夏用羽毛布団」も持っていきます。
羽毛肌掛けやダウンケットというのが正しい言い方のようですが、要は薄い羽毛布団です。
シュラフなどのようにぐるぐる丸めるとかなりコンパクトに収納できるうえ、保温性はそれなりにあります。
シュラフ内でダウンケットをかけて寝るとかなり暖かいので、これがあれば正直湯たんぽはいらない子になりそうです。










DSC_0001.jpg

電子機器関係。

左奥から

・PCケース
・ノートPC
・3口タップ
・携帯
・iPhone
・予備バッテリー
・モバイルブースター
・4口USBタップ
・eneloop単三×8本


この予備バッテリー、iPhoneを最大で4回フル充電できる代物、らしいです↓

cheero Powerbox White 7000mAh 大容量モバイルバッテリー(1A×2ポート/ポーチ付/半年保証) ★iPhone5/各種スマホ/Tablet/wifiルータ対応★ USBケーブル2本付きcheero Powerbox White 7000mAh 大容量モバイルバッテリー(1A×2ポート/ポーチ付/半年保証) ★iPhone5/各種スマホ/Tablet/wifiルータ対応★ USBケーブル2本付き
()
cheero

商品詳細を見る


聞いたことないメーカーのものだったので少し不安ではありましたが、今のところ問題なく。
値段もお手頃で、これだけの容量を蓄えられればスマホの電池切れもそこまで心配しなくてすみますね。










IMG_0407.jpg

デジカメ系。

広角レンズ、買 っ ち ゃ っ た (*ノωノ)

せっかくの日本一周。
写真はできるだけこだわって撮りたいですからね。

とか何とか言っても結局慣れない機材に振り回されてシャッターチャンスを逃しているようでは本末転倒なので、最初は標準レンズで少しずつ慣れていこうと思います。
申し訳程度のメンテ用具と予備バッテリーも1つ。










IMG_0409.jpg

チャリメンテ風な。

・予備チューブ
・パンク修理キット
・ニッパー
・ペンチ
・自転車用マルチツール
・針金
・布ガムテープ
・ドライバーセット
・薄型スパナ(百均クオリティー・・・)
・結束バンド

パンク修理のやり方は 一応 教わりましたが、まだ実践はしていないのでどうなることやらアッハッハ。
他にビニールテープとセロテープも持っていきます。










IMG_0416.jpg

調理関係。

左奥から

・ジップロック的な
・サランラップ
・ガスボンベ
・小型ガスコンロ
・マグカップ
・コッフェル
・キッチンばさみ
・シリコン製マグカップ
・ティースプーン
・スプーン
・フォーク
・お箸

正直ジップロック的なものとサランラップは調理に使うよりも、服入れたり応急箇所にぐるぐる巻いたりと違う方面で活躍しそうです。










IMG_0425.jpg

食品など。
正直料理なんかたいしてしやしな・・・

この他にもアーモンドチョコなど非常食がいくつか。
左下の栄養補助食品は以前お世話になっていた会社のものです。










IMG_0422.jpg

アニメT。間違えたアメニティ。

左上から

・髭剃り
・歯ブラシ
・歯磨き粉
・手鏡
・シャンプー
・カミソリ
・眉ばさみ
・保湿液
・日焼け止め
・石鹸
・除菌ティッシュ

あとは普通のティッシュも持っていきます。
トイレットペーパーが一つあると良いと聞きましたが、どうなんでしょ。












IMG_0430.jpg

洗剤など。
洗濯バサミこれじゃ足りないかしら・・・。
あとちっぱさんの知恵をお借りして百均で売っている保冷バッグを洗濯槽代わりに使用して洗います。










IMG_0428.jpg

医薬品。

自分でもビックリするくらいの少なさ。
風邪薬は基本飲まない人間なので余程酷くならない限り使用しません。
というかそうなったら素直に医者行きます。
包帯とかもあったほうが良いかなぁ。
花粉は後で考えよう。(現実逃避
あとオロナインも持っていきます。










IMG_0432.jpg

衣類。

Tシャツ4枚、長袖3枚、ポロシャツ1枚、フリース1枚、パーカー2枚、パンツ3枚、タイツ3枚
ジーパン3枚、ウルトラライトダウンジャケット1枚、ニット帽1枚、ネックウォーマー1枚、タオル4枚
靴下3枚、踝ソックス2枚、スマホ対応手袋1組、指ぬきグローブ1組、ヘルメット1個
ズボンクリップ1組、レインウェア1組



正直これは全然わかりません。
無駄なものもあるだろうし足りないものもあるでしょう。
何よりもジーパンで行くというw
いや、衣類は極力家にあるもので済ませたかったので・・・。










IMG_0431.jpg

トレッキングシューズ。

普段はスニーカーで行きますが、山登りだったり屋久島の縄文杉を見に行くときはこちらに履き替え。
バッグ内でかなり幅を利かせているのがこいつです。










IMG_0418.jpg

Outdoorのリュック。
貴重品やPCはこの中に入れて常に肌身離さず。
こやつにも防水スプレー&内装ビニール処置を施してあります。










IMG_0433.jpg

お守り。

交通安全と厄除け。
両親と祖父母から戴きました。これをリュックとチャリに付けて万全。
こんなに心強いものはありません。










IMG_0367.jpg

どせいさん。

ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
某名作ゲームのキャラクターどせいさんです。
一人旅だと寂しいので、彼を一緒に連れて行こうと思います。

IMG_0435.jpg

驚きの白さ!

ゴミ箱とセットで持っていきたかったのですけど、ちょっとかさ張る&キャリアバッグのポケットにINしたポジションがあまりにもベストだったので、どせいさん単体で持っていくことにしました。
これからよろしく、どせいさん。

・・・途中で落ちていなくならないでね?(確率高い















ふぅ、だいたいこんなところでしょうか。
夕方から書き始めてこんな時間になってしまいました。
ブログを書くというのもなかなか大変ですね。頑張らねば。


ちなみに、荷物の総重量はざっと30kgありました。
うーむ、少し間引いたほうが良いのかしらこれ。
自分含めて約100kgの重さが常にかかるわけですものね・・・、今更ながらちょっと心配になってきましたw






まぁ、どうにかなんべ(´ω`)
 
 

花粉と準備と

こんばんわ、こっとんです。



出発を予定している2月に突入し、いよいよ迫ってきたという感じで妙に緊張しております。

実は最近まで、11日に出発するつもりでいたのです。
が、ちょっとした手続きを行うのに翌週の平日でないとできないものが出てきまして。
まだどうなるかわかりませんが、当初の予定より出発はもう少し後になりそうです。


それでも来週のうちには出たいですね。






さて。
聞くところによると、なんでももう花粉のシーズンに突入したのだとか。
私はというと「鼻水はそこそこ出るし心なしか目が痒くなるけれど、でもそこまで酷くない」という花粉症なのかそうでないのか微妙なところをうろうろしているのですが、いずれにしてもこれ以上悪化させないためにも何かしらの対策は講じなければなりません。

なので花粉の侵入経路を可能な限り塞いでいこうと思います。







① 口、鼻からの侵入。

これはもう無難にマスクしかないでしょうか。
鼻頭などに塗ることでイオンのパワー(?)で侵入を防ぐなんてものもあるようですが、自転車で走るとなると顔いっぱいに風を受けます。そうなるとどこまで効果があるかわかりません。
やはり花粉が直接触れる面を少なくするのが確実な方法ではないかと思います。

問題は息苦しさと、眼鏡の曇り・・・。







② 目からの侵入。

これも物理的にブロック!
わたくし目があまりよくないので、道中は眼鏡をかけていきます。
日中はずっと日光にさらされることを考えて、先日度入りのサングラスも購入いたしました。

IMG_0397a.jpg

JiNSで購入。高かった・・・。
サングラスに度を入れるのはなかなかに面倒な作業なんだとか。
注文してから届くまでに一か月かかりました。

それでもこれで強い日差しに目がさらされる危険はグッと減ったわけです。
景色を楽しみたいので基本は普通の眼鏡で行くつもりですが、日差しの強い日はこれをかけて目を守っていきます。

そしてこれが良い具合に湾曲しているので、花粉の侵入を防ぐのにも一役買ってくれます!(たぶん
かなり密着してかけられるので、裸眼でいるより花粉の侵入はずっと少なくなるはずです。







③ 肌からの侵入。

先日のテレビで、乾燥した肌からも花粉が侵入するとかなんとか言っていた気が。
これは肌の露出を少なくして保湿をしっかりすれば無問題だと信じて、特に対策はしません。













○ 結論。














IMG_0411.jpg


ただの変質者やないかーい!(これがやりたかっただけ

 
今ココ!
プロフィール

こっとん

Author:こっとん
年齢:20代後半
性別:男
身長:高め
体重:今後減る予定

自転車に乗って気ままに日本を周ってきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログランキングに参加中!
気が向いたときにでもクリックして頂けると嬉しいです。
アクセス数
検索フォーム
こっとんへメール

お名前:
メールアドレス:
本文:

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。