スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【29日目】(3/11)隅処、那智にて祈る【三重→和歌山】

こっとんです。



松山市に停滞中。
春の嵐だとかで、あちこちで暴風雨になっているそうですね。
こちらはというと前半は雨が降ったものの、今は止んで比較的穏やかです。
雨予報だったので今日はもともと動く気はなく、のんびり読書デー。
や。もちろんブログだって書いておりますとも。

ただね。

漱石ゆかりの地で漱石の作品を読む。

これ、幸せですわー。





-------------------------------





DSC_1039.jpg

DSC_1040.jpg


3月11日月曜日、道の駅「パーク七里御浜」にて起床。
昨晩も頭痛で夜中に目が覚め、一人格闘しておりました。
まぁこの後もしばらくは毎晩このような状態なので、今後は特に書きませんけども。



DSC_1042.jpg

朝日が眩しいです。そして寒い。
ボードにも書いてありますが、この時期は朝晩と日中ないしは日によって気温が大きく違うので、気を付けないとまた風邪をひいてしまいます。
昔から弱いんだ、気温差には・・・。



DSC_1044.jpg

最近は他の旅人さんに倣って食パンをメインにすることが多いです。
やっすい食パンとやっすい蜂蜜で朝食。
この食事をするようになって、パスコの超熟の美味しさがわかるようになりました。
普段家で何気なく食べていた食パンですが、こんなにも違うものだったのね。





DSC_1043.jpg

腹ごしらえして道の駅を出発。
今日は那智の滝を観に行きますよ!



DSC_1045.jpg

海沿いにはこういう南国風?な木々が多い気がします。



DSC_1046.jpg

和歌山県に突入!

三重県長かったなぁ。
まぁ半分は風邪でダウンしていたせいですけどね!



DSC_1047.jpg

磯の香り漂う風を感じながら新宮市を進んでいくと。

DSC_1049.jpg

道の駅「なち」に到着。
ここは那智山の麓に位置し、鉄道の駅に併設されているので那智観光の拠点として絶好の場所です。

DSC_1050.jpg

しかも温泉まであります。
この日は残念ながら休館日だったため入ることはできませんでしたが、那智山観光の疲れをここで癒すのも良いですね。



自転車を駐輪場に停め、那智の滝に向かうバスの時間を調べます。





・・・え?

自転車で行かないのかって?





行きませんよ?(・∀・)
荷物満載の自転車で山登りなんて、誰がそんなことを好き好んでやりますかハハハ。

那智の滝は那智山の上部にあります。
もちろん最初は自転車で行こうかと考えていましたが、道の駅からバスが出ていると知ったからにはそれを利用しない手はありません!
どうせまたここに戻ってきますしね。



ってなわけでバスの時刻を確認ー。

DSC_1051.jpg

このとき11時30分を過ぎたところ。
あと20分後か・・・ということで軽く昼食をとりつつ待機。

このときにあまりにもぼーっとしていたせいか、食事の写真も到着したバスの写真も全て失念しておりました・・・。





バスに乗り込み、揺られること約30分。

DSC_1052.jpg

那智の滝前に到着!

DSC_1053.jpg

世界遺産那智御瀧。

鳥居の先の階段を下っていくとー。



DSC_1054.jpg

那智の滝!
日本三名瀑布のひとつだそうで、一段の落差としては日本一なんだとか。

DSC_1057.jpg

おおー・・・。
しかしもっとこう滝壺までドバドバとすごい量の水が一気に落ちるのを想像していたので、いまいち迫力がry(あくまで私見です。
しかしながら厳かな雰囲気はひしひしと伝わってきます。



DSC_1061.jpg

ふと横を見ると、滝を囲うようにそびえる高い木々とともに伸びる、ひとつの異質なもの。

DSC_1058.jpg

2011年9月の台風12号により大きな被害を受け、その復旧作業がいまだに続いているのだそう。
天災ゆえ仕方のないことではありますが、元の姿を取り戻そうと人々が尽力するのは素敵なことですね。









滝を堪能したので、次はもう少し上にある熊野那智大社に向かいます。

DSC_0007_20130406165336.jpg

ふふふこれを見越して自転車ではなくバスで登ってきたんだぜ(棒読み

473段?あるそうです。
まぁ以前昇った久能山東照宮に比べれば半分にも満たないぜはぁー!ぜはぁー!(;゚Д゚)

DSC_0011_20130406165903.jpg

DSC_0012_20130406165906.jpg

DSC_0014_20130406145848.jpg

世界遺産熊野三山熊野那智大社。

「熊野」には、奥深い場所、神秘的な場所という意味があるそうです。
また、「クマ」は「カミ」と同じ語で、神の野に通じる地とも考えられているのだとか。



DSC_0020_20130406145849.jpg

DSC_0022.jpg

登り切ると色鮮やかな朱のお社が迎えてくれます。





ここでお参り。



忘れていませんとも。

2年前の今日のことを。



普段は自分の旅の無事を祈ることが多いですが、この日は別。

何よりも被災地の復興を。被災された方々の幸せを。

静かに手を合わせ、祈ります。










お参りを済ませたら早速御朱印を貰います。

御朱印の写真も載せようか迷ったのですけど、こういうのはやはり自分で赴いて貰って見るのが一番かと思い、載せるのはやめました。
まぁ、御朱印に興味を持つチャリダーもそんなにいなそうですけどw



DSC_0030_20130406145856.jpg

遠くに那智の滝が見えます。

下から見上げるのも良いですが、このアングルはこれはこれでアリだなぁ(・∀・)



DSC_0035_20130406145958.jpg

暖かい日差しに包まれながらの那智の滝観光。
堪能させていただきました!





その後は再びバスに乗って下山。
往復で1,000円近くとられるとは思わなんだ・・・。

道の駅から再び新宮市に戻り、民宿「高砂」に宿泊してこの日は終了。





走行距離:約36km
走行時間:約2時間40分

総走行距離:約872km


走行ログ:20130311gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 
スポンサーサイト
今ココ!
プロフィール

こっとん

Author:こっとん
年齢:20代後半
性別:男
身長:高め
体重:今後減る予定

自転車に乗って気ままに日本を周ってきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログランキングに参加中!
気が向いたときにでもクリックして頂けると嬉しいです。
アクセス数
検索フォーム
こっとんへメール

お名前:
メールアドレス:
本文:

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。