スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【28日目】(3/10)トンネルを抜けた先はトンネルでした【三重】

こっとんです。



さて、だいぶ前から私を悩ませている頭痛ですが、今回の記事から出没します。

医者にも2度ほど診てもらい、自分でもいろいろと調べました。

その結果、断定はできませんが『群発頭痛』という病気に行き当たりました。

ざっと内容を書き起こすと・・・


・眼の奥がえぐられるような激しい痛みが起き、じっとしていられない。
・右か左、どちらか決まった方に症状が現れることが多い。
・たいてい決まった時間帯に痛みが起き、特に明け方に起こることが多い。
・1日に1~数回痛みが起こる。
・1度痛むと30分、長いと数時間は治まらない。
・症状が出る期間を「群発期」と呼び、2か月以上続くこともある。
・半年から2~3年の周期で群発期が訪れる。
原因は未だに解っていない。


こんな感じでしょうか。
あくまで私もネットで調べた限りのことですけど。
2度目の診察を受けたときに医者から「群発頭痛の症状がありますね」と言われたので、大方間違いないかと思います。

これの厄介なところは、痛みが出たら鎮痛剤を飲もうが温めようが冷やそうが痛みがひかないことです。
如何せん寝ているときに痛みが起きるものですから、一度起きたら夜中にテント内で一人唸り続けています。
頭痛が出た際に飲む「イミグラン」という薬を病院でいただいたのですが、これもあまり効果はなく。
結局今日に至るまで、毎日頭痛と戦いながら生活しております。



ただ上記にもあるように、頭痛が起きるのは群発期というある程度の期間内だけなので、それを抜けてしまえさえすればこの頭痛に悩まされることはなくなるわけです。
なので頭痛が治まる日を今か今かと待ち続けております。



しかしまぁ、厄介な病気に憑りつかれたものですw





-------------------------------





3月10日に日付が変わる直前くらいでしょうか。
左目奥の激しい痛みで目が覚めました。

あー、これはアレか。
ずっと重いリュックを背負って慣れない体勢で自転車に乗り続けていたから、首やら肩やらが凝り固まって痛みがきているのかな。
と、このときはそう思っていました。

なので首や肩を必死に動かしてみたり、温かいペットボトルのお茶を首筋に当てたりして、血行を良くしようとあれこれ試しましたが一向に痛みはひきません。
そのうち痛みはどんどん酷くなっていき、動き回っていないと耐えられないほどになってきました。

テントから出て道の駅の敷地内をウロウロする怪しい男がここに一人。

1時間ほど経った頃でしょうか、ようやく痛みがひいたのでテントに戻り、再度就寝。
さっきまでの痛みが嘘のように、すんなり寝に入ることができました。





そして朝。

DSC_1005.jpg

3月10日日曜日、道の駅「紀伊長島マンボウ」にて起床。
昨夜の頭痛でちゃんと朝目が覚めるのか多少不安ではありましたが、ちゃんと生きてましたw

DSC_1007.jpg

この日初めてテントが結露していたため、多少乾かしてから出発することに。
缶コーヒーで体を暖めつつぼーっとします。



DSC_1009.jpg

昨夜の頭痛は肩凝りからきたものだろうと踏んだ私は、この日からリュックを後ろの荷台に括り付けることにしました。
結果、どせいさんの入っていたスペースが見事に潰れてしまった為、現在はほぼリュックの中に入れっぱなしになっております。
ごめんよ、どせいさん・・・。





あ、そういえばすごい今更なのですけど。

リュックが初期装備のアウトドアのリュックではありませんw
出発直前に急きょ変更しまして、底がしっかりしているものに替えました。
前のは荷物を入れると下に垂れてしまって、とてもではないですが長時間背負ってられなかったのです。
今のものは背負いやすいですし荷物もそこそこ入るので気に入ってます。



端でもそもそと準備をしていると、とあるおじちゃんが話しかけてくださいました。

DSC_1011.jpg

これから私が向かう尾鷲から、バイクでツーリングに来ていたお二方。
絵になりますね!
バイクにまたがり颯爽と走るナイスなおっさんに私もなりたいものです。

まずは免許をだね。



埼玉から~、自転車で~、へろへろで~、なんてお話をして8時半頃に道の駅を出発。

DSC_1012.jpg

少し走っていると、先ほどのお二方が追い越し際に軽くクラクションを鳴らして、片手を挙げて挨拶をしてくださいました。
私も手を振って見送ります。
良いなぁこういうの。
前日無茶して次の道の駅まで来ていなかったら、お二人には会えなかったんですものね。

出会いに感謝しつつ、尾鷲市に向かって進んでいきます。



DSC_1013.jpg

車道のトンネルは嫌いですが、こうやって歩道として別に設置されているトンネルはありがたいです。



DSC_1015.jpg

DSC_1016.jpg

DSC_1019.jpg

DSC_1021.jpg

またトンネルー。



DSC_1022.jpg

以前にも書いたと思いますが、海無し県に住んでいるためか海を見るだけで若干テンションが上がります。
ですが三重で出会った旅人さんは「自分の家が海の見えるところにあるから、海を見ても何とも思わない」と仰っていました。
やはり自分の育った環境で、物や景色の価値観は大きく違ってくるものなんですね。
そういう意味では、海無し県にいた私は少し得・・・なのでしょうかw



DSC_1025.jpg

DSC_1027.jpg

これを見て少しビックリ。
結構走ってきたつもりでしたが、浜松まで200kmしか離れていないんですねぇ。
もちろん名古屋に行ったり関宿に行ったりで、私自身はもっと走っていますが。

そんなことを思いながら再び走り始めると、道の反対側を荷物を積んだ自転車がこちらに向かって走ってきます。
あの量は明らかに日本縦断もしくは一周レベルのもの!(※私の勝手な憶測
あちらも私に気付いたらしく、お互いに手を挙げて「頑張ってくださーい!」とエールを送りました。
止まって話すことはしませんでしたが、こういった瞬間の出会いも素敵ですよね。

服装のオレンジ色のイメージが強く残っている旅人さんなのですが、今頃どこを走っていらっしゃるのでしょう。





DSC_1028.jpg

しかし最近騒がれている花粉やら黄砂やらPM2.5やらの影響でしょうか。
スマホの画面がすぐに粉っぽくなります。
写真だと分かりづらいでしょうが、このときも結構ザラザラしていました。



DSC_1030.jpg

またかいなー。
今度は路肩を走らざるを得ないようです。
トンネル内は音が反響するので後方の車の位置が把握しにくいうえ、風圧も受けやすいので非常に危険です。
せめて歩道が設けられていれば良いのですけど、こういう山中のトンネルには設置されていることの方が少ないですよね。



DSC_1032.jpg

トンネルを抜けたら尾鷲市。



DSC_1034.jpg

暑いです。
いや寒いよりは良いですけど。
夏の峠越えとか、汗で見るも無残な姿になっているんだろうなぁw

と、ここでまさかの雨。
ちょっと、やめてよね・・・。
慌ててデジイチをしまい、雨具を装備。
予報では一日晴れだったのですが、やはり山の天気はわかりませんね。



ヒーヒー坂道を進んでいくと。

IMG_0482.jpg

に せ ん ・・・!

IMG_0483.jpg

当然先が見えません。
路側帯も決して広いとは言えませんが、進むしかないです。

トンネル内は可能な限り後ろにも気を配って、大きな車両が近付いてきたと思ったら端に停車してやり過ごしました。

そんなことをしながらどうにか通り抜けると。

IMG_0484.jpg

やっぱり雨(´Д`)
2km先のトンネルを抜けたらお日様がパァッてのを期待していましたが、世の中そんなに甘くはないですね。



IMG_0486.jpg

おやぁ?
ほんの1時間ほど前は倍近く気温があった気がしたのですが、気のせいですかねぇ(゚Д゚)



その後どうにか峠を越えて熊野市入り。

IMG_0488.jpg

峠を下ると雨も止んで穏やかになりました。



途中で世界遺産の「獅子巌」を偶然発見。

DSC_1035.jpg

世界遺産、ねぇ・・・(;・∀・)
こんなところで目にするとは思いませんでした。(※存在すら知らなかった
確かに熊野灘に向かって吠えてるような獅子の姿に見えなくもないですけど。
世界遺産の基準がわからない。



その後道の駅「パーク七里御浜」にて野宿し、この日は終了ー。
熊野街道は長いトンネルが多く、チャリダーにはあまり優しくない道でございました。





走行距離:約96km
走行時間:約7時間10分

総走行距離:約836km


走行ログ:20130310gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 
スポンサーサイト

【27日目】(3/9)伊勢観光と夜の峠越え【三重】

どもども、こっとんです。



デジイチのオートフォーカスが壊れました・・・。
前日まで何も異常はなかったのですが、翌日の朝写真を撮ろうと思ったらオートフォーカスが動きはすれど、ピントが合わずシャッターも切れないという状態に。

カメラ屋さんに持っていったのですが、やはり「メーカーに出したほうが良いですねぇ」とのこと。
おうふ・・・。

ただピントをマニュアルで合わせれば撮影そのものは可能なので、今後は完全に手動で写真を撮っていくことになりそうです。
3月28日以降の記事には、しばらくの間ピントのぼけた写真が大量に掲載されることでしょう。

・・・ふふふ、ここでカメラマンとしてのスキルを上げるチャンスと思 え   ば   ・・・





-------------------------------





3月9日、宮川の河川敷にて起床。

DSC_0877.jpg

DSC_0878.jpg

伊勢神宮は日中はかなり混むと聞いていたので、朝早くから突撃です。
しかもこの日は土曜日。急がねば!



DSC_0881.jpg

土曜日の朝は車の通りも少なく、走っていて清々しいです。



DSC_0882.jpg

伊勢神宮外宮に到着。
ここは衣食住の恵みを与えてくださる産業の守護神「豊受大御神」が祀られているところだそうです。
このとき7時過ぎ。
土曜のこの時間なら私が一番乗りなんじゃねうっへっへとか思っていたのですけど。

DSC_0888.jpg

・・・既に結構いらっしゃる。
さすが伊勢神宮、舐めてました。
早速私も中に入ります。



DSC_0890.jpg

DSC_0889.jpg

今年は式年遷宮。
現在の殿舎のすぐ隣に新しいものを建てていました。
写真にもありますが、初めて行われてから1,300年にも渡って受け継がれてきたとのこと。
すごいなぁ。



DSC_0891.jpg

こちらが現在の殿舎。
鳥居の向こうからは撮影禁止だったので、この位置から。



DSC_0894.jpg

テレビの撮影でしょうか?
朝早くからお疲れ様です。



DSC_0902.jpg

朱印帳を買っちゃいました!
まさかの1,300円には驚きましたが。

なんでも伊勢神宮から始めるのが正しい始め方らしく、せっかくなので集めることに。
今後寄る神社やお寺で積極的にもらっていこうと思います。
ひとつもらうごとに300円かかるのはなかなかに痛いですけどね・・・(´Д`)
そう言いつつも短期間のうちにすごい勢いで御朱印が集まっているのですけどねw



意外とこざっぱりとしていた外宮を後にして、行きたかったあのお店に向かうことに。

DSC_0908.jpg

赤福!
伊勢に来たらこれは食べないと。

DSC_0912.jpg

くっ、どうすれば食べ物をより美味しそうに写すことができるのだ。


やはりできたてともなると味そのものはもちろん、あんこの舌触りや餅の柔らかさまで違いますね。
大変美味しくいただきました。
もう一皿頼もうかとも思ったのですけど、店内は既にお客さんで混雑していたこともあり、素直に退店。
是非また訪れたいお店でした。
各月の初日限定で販売している商品もあるそうで、機会があれば是非食べてみたいものです。



DSC_0917.jpg

てろてろ道を歩いていくと、伊勢神宮内宮に到着。
もう10時過ぎ。この時間ともなると周りは観光客でいっぱいです。

DSC_0954.jpg

ここは有名な「天照大御神」が祀られております。
太陽を神格化した神様だそうですね。

白いオオカミを想像してしまうのは私だけではないはず(・∀・)



DSC_0918.jpg

DSC_0928.jpg

DSC_0934.jpg

こちらも新しい殿舎を建てている真っ最中。
結構な轟音が辺り一面に響いていました。



DSC_0936.jpg

この上が現在の殿舎。
ここも上では撮影禁止なので、階段の下から。
観光客の団体と鉢合わせて、ものすごい数の人が登っていきますw



DSC_0945.jpg

だいぶ日も高くなってきたところで、伊勢神宮をあとに。
せっかくなので神宮前の道も少し散策します。

DSC_0957.jpg

食べ物ー。

DSC_0958.jpg

お酒ー。

DSC_0966.jpg

傘ー。

DSC_0962.jpg

さすが神宮前の大通り、誘惑だらけです。
そして人がごry



DSC_0956.jpg

ごめんなさいこわいんでちょっとこっちみないでもらえますかすいません。



DSC_0964.jpg

何も買わないのもアレなのでおとうふソフトを購入。
何故このチョイスなのか・・・。
まぁ結構暑かったのでこれはこれでアリということで。

実は豆乳があまり得意ではない私。
見ると豆腐と豆乳を55%も使用しているとのことだったのですが、食べてみるとこれが美味しい!
バニラほどの甘みはなくすっきりしているのですが、くどくない程度に豆腐の風味が。
これは素晴らしい比率で配合してます。



他にもお腹にたまりそうなものを買おうかとも思ったのですが、そこはさすが観光地。
どれも結構なお値段がするので、赤福とおとうふソフトでやめておきました。
甘いものしか食べてないですな(;・∀・)


DSC_0915.jpg

DSC_0916.jpg

DSC_0967.jpg

猫がいっぱいで幸せ。
どれひとつとして顔が写っていないことには突っ込まないでください(ノД`)





さぁ、先に進みます。

DSC_0971.jpg

DSC_0972.jpg

しかし田舎だ。
車もほとんど通らず聞こえるのは鳥のさえずりくらい。
気温も程よくて気持ち良いです。



DSC_0973.jpg

そして途中でお昼。
ちゃっかり先ほどの通りで買ったさんま寿司。
本当はもう少し先の熊野灘の名物らしいのですが、フライングゲット。
焼きさんまと酢でしめたさんまの2種類があったのですが、酢でしめたほうを購入。

味は・・・うーん、個人的にはあまり、でした。
やはりさんまは焼いてあるほうが良いなぁ。機会があれば今度は焼きさんま寿司を買ってみようと思います。



昼食を終えてさらに進みます。

DSC_0977.jpg

三重も茶畑をちょくちょく見かけます。
お茶は静岡のイメージが強いのですけど、この辺りも茶葉の名産地なのでしょうか。



DSC_0990.jpg

しばらく走って、この日の目的地である道の駅「木つつ木館」に到着。
立ち寄ってたまたま知ったのですが、ここの近くには伊勢神宮内宮の別宮「瀧原宮」があります。

DSC_0991.jpg

DSC_0992.jpg

※別宮(べつぐう)は「正宮のわけみや」の意味で、神宮の社宮のうち正宮に次いで尊いとされる。

wiki先生お世話になります。

しかし本宮から結構遠いところにも建っているのですね。
とにかく御朱印をもらいにいきましょう!(もはやそれが目的

DSC_1001.jpg

中には4つのお社が建っていました。
どうやら参拝する順序があったようなのですが、それが表記されている看板を見落としまして・・・。
一番手前から順に周りました。










さて、この時点で17時前。
脚も結構痛かったのでテントを張れる時間まで時間を潰そうと思っていたのですが。





DSC_1004.jpg

や ら か し た 。
※真っ暗の山道で通り過ぎるトラックの図。



本当に今思い返してもどうしてそんなことをしたのかわからないのですが、木つつ木館にいるとき私は何故か「次の道の駅まで行っちゃおうか」と考えて走り出してしまったのです。
次の道の駅まで約25km。
私の速度ではどうやったって2時間かかって、辺りは真っ暗になることはわかっていたはずなのに。

当然のように陽は落ち、山道には街灯もほとんどなく。
後ろから来る車と黒い森の中から聞こえるざわめきに怯え、半泣きで走ること2時間弱・・・w



ようやく道の駅「紀伊長島マンボウ」に到着。

安心感と疲れから食事もロクにとらず、そそくさとテントを張って就寝しこの日は終了。
やはりナイトランはいけませんね。
景色も何もあったもんじゃないですし、常に後ろから引っかけられるんじゃないかという恐怖に怯えていました。

安全第一。





走行距離:約75km
走行時間:約6時間

総走行距離:約740km


走行ログ:20130309gpslog.html






ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【26日目】(3/8)もう一泊・・・あ、やっぱ出ます。【三重】

こっとんです。



相変わらずコメントが若干荒れ気味です。
なので申し訳ありませんが、コメントの表示を認証制にしました。
一度「私」というフィルターを通すことで、他の方が見て不快に思えるような内容のものは事前に削除させていただきます。

私自身、見ていて気持ちの良いものではないので、いっそコメント欄そのものを閉鎖しようかとも考えました。
しかし応援してくださる多くの方の言葉も見られなくなってしまうのは非常に辛いので、このような措置を取らせていただいた次第です。

んー、こんなことをしなければならなくなったことは非常に残念です。





-------------------------------





3月8日金曜日、石垣屋にて起床。

DSC_0815.jpg

久々に畳の上で寝た気がします。
やはり畳は良いですね、心が洗われるようだ!
でも実家のベッドが恋しry

襖の障子に穴が開いていますが、決して私が寝ぼけざまに指で一突きしたわけではありませんよ。



寝に入った時間が遅かったためか、起きてもまだぽけーっとしている私と他2名。(サイクロイドさんと電車の旅人さん)
と、そのとき一人の旅人さんが出発するとのことなので、みんなでお見送り。

DSC_0817.jpg

この方は昨夜飛び入りでチェックインされた方。
学校の自転車サークルの合宿かなにかで九州に向かうそうで。
なんでもあと10日程度で辿り着かなければならないとか。
三重から10日で九州って、結構しんどくないですか(;・∀・)
しかも四国は今度行くときのお楽しみということで、経由しないと仰ってました。

私には無理です・・・。



ひとしきり写真を撮って、みんなで手を振ってお見送り。
旅立ちを見送るのも、良いものですねぇ。



その後しばらく離れの縁側に座って、中庭を見ながらぽけーっとタイム。





いかん。



これ。



めっちゃ幸せです。



DSC_0822.jpg

DSC_0824.jpg

表の通りも車があまり通らないので本当に静か。

風の音、木々の揺れる音、鳥のさえずり。
何気ない自然の音がこうも心地良いものだとは。



ほんとね、未来の自分の暮らしがここにあるような気がしましたw
将来こういう生活を実現させるためにも、ちゃんと生きないとなぁ。

そのためにもちゃんと働いてお金貯めて・・・・・・あれ?(今の自分の姿を見て








DSC_0826.jpg

ここのお宿には看板犬の「ゆりこ」さんがいます。
人懐こく、指をぺろぺろ舐めてくる姿には多くの旅人さんが心を奪われます。



そうこうしているうちにもう一人の旅人さんも出発することに。

DSC_0828.jpg

青春18きっぷで旅している方。
良いなぁ、電車の旅も楽しそう。
車も電車もバイクも自転車も、それぞれに楽しみ方があって。
そう思うと、今の旅を終えてもまた次の旅が待っているような気がして。

 私たちの旅は、まだ終わらない。

   ~こっとん先生の次回作にご期待ください~




※って記事書いて下書き保存しておいたら、一足先にゆーじろーさんが同じようなネタをやっていらしたw









その旅人さんもみんなでお見送りした後、私はようやくぽけーっとタイムを終え関宿の街を散策に出かけます。

DSC_0837.jpg

DSC_0841.jpg

DSC_0843.jpg

本当に静かで良い街だなぁ。
ここだけ世間から切り離されたかのように、ゆっくりとした時間が流れます。



DSC_0844.jpg

ごめん、ちょっとなんだか解らない。



・・・はっ、視線を感じる!
振り向くと、そこには。

DSC_0849.jpg

DSC_0848.jpg

・・・可愛すぎるぞ、コノヤロウ。



DSC_0831.jpg

途中で見つけたいちご大福がとても美味しそうだったのでひとつ購入。
いちごの酸味と白餡の甘みが絶妙で美味なり!

DSC_0833.jpg

『志ら玉』というお店。
買った大福を店内で食べさせていただきました。
お店の奥さんと「良い街ですねぇ」なんて会話しながら食べる甘味はまた格別。
店内には有名人の方のサインなんかも飾ってありました。

パッと見でウド鈴木さんの物しかわかりませんでしたがw





宿に戻ると、昨日から泊まっていた女性の旅人さんが既に出発された後でした。
散策中にお会いしたので挨拶はしたのですけど、ちゃんと旅立ちを見送りたかったなー。





縁側に座り、再びぽけーっとタイム。

あまりの居心地の良さに、当初、私はもう一泊するつもりでした。
しかし関宿の街並みを眺めているうちに、早く次の場所に進みたいという気持ちがふつふつと湧き上がってきたのです。
こんな素敵な景色がこの先まだたくさんあるのかと思うと、じっとしていられないと言いますか。
つい先日まで風邪で寝込んでいて、だいぶ停滞していたことも相まったのかもしれません。
早く先に進みたいという衝動、ある意味焦燥感のようなものが、このとき激しく私を突き動かしました。



結局この日のうちに私も出発することを決意。
前日から「明日も泊まる!」と言っていたのに・・・たくぞうさんには申し訳ないことをしました。
いきなりの出発にも快く対応してくださったたくぞうさん、石垣屋には本当にお世話になりました。
次くるときにはもう少し旅慣れした状態できますw



DSC_0860.jpg

テーブルの上にこんなものを見つけたので記念に書き込み。
微妙に見つけにくいところにあるためか、書き込みの数は意外と少なかったです。

中身は、訪れてみてのお楽しみということで。
・・・あ、私はたいしたこと書いてないですよ?w





DSC_0867.jpg

サイクロイドさんと一緒に13時出発!
方向が違うのでたった2~3分ではありましたが、他の旅人さんと一緒に走ったのはこれが初めてだったので、すごく嬉しかったです。

サイクロイドさんは旅も大詰め。
このあと関東に行き、内陸を通って地元に戻るとか。
最後まで気を抜かず事故や怪我に気を付けて、日本一周を楽しんできてください!

私はまだまだこれから。
今後どうなるかは私自身わかりませんが、どういう結果になったとしても後悔することのないようにこのチャリ旅を楽しみたいですね。





DSC_0870.jpg

サイクロイドさんと別れて伊勢市に向け進みます。

DSC_0871.jpg

この旅で初めて見つけたー!
こんなところでテンションが上がる私。
では、早速。



( ゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚ )



DSC_0872.jpg

牛ぃ・・・。



DSC_0875.jpg

この日は伊勢神宮少し手前を流れる宮川の河川敷にて野宿し、26日目終了。
・・・そういえばボードを書くのを忘れていましたね。

翌日は朝っぱらから伊勢神宮を見に行きますよ!





走行距離:約55km
走行時間:約3時間40分

総走行距離:約665km


走行ログ:20130308gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【25日目】(3/7)石垣屋と街並みに誘われて【三重】

どもども、こっとんです。


現在、香川県は高松市におります。
四国ですよ四国!
本州から離れたのなんて修学旅行で沖縄に行った時以来です。
和歌山からフェリーで徳島に渡りましたが、2時間の船旅がこんなにも楽しいものだとは思いませんでした(*´ω`*)
四国出るときはしまなみ海道渡っていくぞー!(・∀・)ワクワク



それとここ最近続いていた頭痛ですが、ようやく犯人の影がうっすらと見えてきました。
まだ確証はありませんが、これでようやく対処の仕方も見えてくるというものです。









さて。

ここ何日かでたくさんのコメントを戴きました。
励ましや応援のもの、私の旅の在り方についてのもの、中には返答に困るようなものもありました。
ひとつひとつ、しっかり読ませて頂いてます。

どんな内容のコメントであれ、私のブログに来て記事を読んでくださり、そしてご自分が思われたことを文章におこしてわざわざ投稿してくださる。
それは私にとって非常にありがたいことで、また多くの方に読んで頂けているという事実であり非常に嬉しく思います。
それが道中の活力のひとつとなり、ブログ更新の原動力にもなるのです。



初めての長期の自転車旅ゆえ、色々と至らない旅の有り方に対して「もっとこうした方が良くなるのでは」と思われることもあるでしょう。
人としてもまだまだ未熟なわたくしゆえ、「何をやっているのだろうこいつは」と思われることもあるでしょう。

そう思われたときにコメントを残してくださるのはとてもありがたいことだと思っていますし、私自身そのお言葉を真摯に受け止め、今後の旅に生かそうと善処しているつもりです。





ただご理解ください。

これは私の、私による、私のための自転車旅です。

どう頑張っても今の私にできること以上のことはできませんし、今後も私がそのときに感じたままに動いていくつもりです。
足が痛くてたいして進まなかったことも、病気で何日も留まって散財したことも、私の旅の一場面です。
その結果として、ブログに「このときの私はこう生きていました」と綴っていくつもりです。





長い前置きになってしまいました。
正直こういうことを改めて文章にするのも大袈裟かなぁとも思いましたが、まぁこれはこれで良しとしましょう。



最後に。

言葉はできるだけ選んで、綺麗な文章でコメントしてくださいね。
お願いしますよ旦那!





--------------------------------





3月7日、ホテルエコノ四日市にて起床。

・・・うん、咳はまだ出るが熱っぽさやダルさはない。いけるッ
というわけで5日の療養期間を経てようやく回復。
まさか四日市でこんなに留まることになるとは思わなかったなぁ。

DSC_0751.jpg

25日目スタート。
リハビリも兼ねてゆっくり走ります。
まぁ普段からそんなに速くはないですがw

今日は関宿という場所に向かいます。
ご存知の方は多いと思いますが、旅人なら一度は訪れたいお宿があるのですよ~。



DSC_0758.jpg

DSC_0760.jpg

DSC_0762.jpg

国道沿いの側道ってどうしてこう無駄にアップダウンが多いのでしょう・・・。
ひーこらチャリを進めていくと。



DSC_0767.jpg

関宿に到着!
「じゅーよーでんとーてきけんぞーぶつぐんほぞんちく」だそうです。
昔の街並みがしっかり残されている場所なんですね。(ザックリした解釈



DSC_0769.jpg

DSC_0773.jpg

DSC_0775.jpg

お目当ての宿に向かうまでの道のりも、風情あふれていてとても素敵です。
自転車から降りて歩きながら進みました。

ここは観光地としてではなく、あくまで普段通りの生活の景色を残そうとしたもので、お店などはごく僅かしかなくほとんどが民家です。
宿の主人に聞きましたが、この辺りのお店もその店の主人の気まぐれで急に休みになったりすることもあるそうで、実際にその日に行ってみないことにはやっているかどうかもわからないんだとかw




しばらく歩くと目的のお宿に到着。

DSC_0776.jpg

旅人宿 石垣屋

ここがまた風情があるお宿で。
なんでも築100年以上も経つ古民家を宿にしているのだとか。
す、素敵すぎる・・・!


ほぼ当日駆け込みのような形になってしまいましたが、宿主のたくぞうさんご夫妻は快く迎え入れてくださいました。
早速荷物を中に移してお宿を見学。

DSC_0780.jpg

DSC_0785.jpg

素敵な入口。



DSC_0779.jpg

素敵な中庭。



DSC_0787.jpg

素敵な離れまで。

良いなぁー!
私の将来の夢は
「昔ながらの日本家屋に住んで、小さくてもちゃんとお庭があって、和菓子とお茶を横に、猫を膝に載せて撫でながら、縁側で鳥の声を聴きながら日向ぼっこ」
といものなんです。
どれだけおじいちゃんだよ!www

でも日本人として憧れるんですよね。

ここにはそのほとんどが揃っていて、見て回っていたら純粋に羨ましくなっちゃいました。





しばらく宿を堪能した後、中庭のお掃除をお手伝いすることに。

前日から宿泊していた旅人さんとともに庭のいらない苔をむしりむしりします。

DSC_0788.jpg

旅の話をしながらひたすら苔をむしる男二人。
こんなにむしってもまだまだ庭には奴らが繁殖しています。
こりゃあ当分かかるな・・・。



DSC_0789.jpg

二人でむしった一画を写真に収める旅人二人。
この方も実は日本一周チャリダーのサイクロイドさん!
既に9か月近く旅をされている大先輩です。
苔をむしりながら今まで周った場所の話やアドバイスなど、非常に濃い時間を過ごさせていただきました。

彼はニコニコ動画に旅動画を投稿しているので、よろしければ是非!
地元佐渡島から日本一周してくる



DSC_0777.jpg

左から私、サイクロイドさん、電車で来られた旅人さん二人。
女性と、アメリカから来たという男性の二人組だったのですが、少ししかお話しできなかったのが残念でした。
サイクロイドさんを含め前日から宿泊されていたそうですが、相当面白い一晩だったそうでw
風邪がもう少し早く治っていればご一緒できたかもしれません・・・くぅ。

お二人を見送って、私たちは再度庭の苔むしりへ。



日が暮れるまでに更にお二人の旅人をお迎えして、夜はみんなで車に乗って近場の銭湯へ。
その後食材を買出しして、みんなで鍋を囲み晩御飯!

DSC_0810.jpg

久しぶりにこんな大勢で食事したので本当に楽しかった!
賑やかに食卓を囲めることって、本当に幸せなことなんだなぁと改めて感じました。

DSC_0809.jpg

チゲ鍋ウマー(*´Д`*)



DSC_0808.jpg

その後1~2時辺りまでグダグダして就寝。
普段一人で寝ているので、横に他の人が寝てるというだけで妙な安心感が。

明日は関宿の街を散策します。





走行距離:約30km
走行時間:約3時間

総走行距離:約610km


走行ログ:20130307gpslog.html





ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 

【21~24日】(3/3~6)四日市に四日いたっち(重症)【三重】

こっとんです。

前回の日記のコメントでは私のメンタル面の弱さのご指摘がありました。
いやはや、そこに関しては弁明の余地もありませぬ。

ただこれもこっとんのチャリ旅の形として見て頂ければと思います。
今後旅を続けていくにつれて少しでも精神面が強くなれるよう、精進したいものです。



しかし今回の記事の冒頭に書くことではないなぁw
記事の内容があまりにも底辺過ぎる(;・∀・)





-------------------------------





3月3日~6日、この4日間でやったこと。



・ブログ更新。
・ホームシック。
・初めての寿がきや。半額セールだったので食べてみた。
・半額の時に食べて良かった。もういいや。
・初めて天下一品に行った。もういいや。
・耐え切れず医者に行った。診察10秒で終わった。
・自棄になってファミレスで贅沢してやった。一食で2,500円かかった。
・4日間(厳密には5日間)合計で3万以上使った。



体調を崩すとお金がかかることを痛感させられた4日間となりました。
ちょっとお金ケチったせいで体壊すくらいなら、少しお金使ってでもちゃんとした食事と睡眠を摂ろうと心に決めました。
健康第一!
元気があれば何でもできる!
今ココ!
プロフィール

こっとん

Author:こっとん
年齢:20代後半
性別:男
身長:高め
体重:今後減る予定

自転車に乗って気ままに日本を周ってきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログランキングに参加中!
気が向いたときにでもクリックして頂けると嬉しいです。
アクセス数
検索フォーム
こっとんへメール

お名前:
メールアドレス:
本文:

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。