スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【14日目】(2/24)鰻と餃子と自衛隊【静岡】

最近夜になるたびに寂しさにやられてます。

やー、なんでしょーね、これ。
一人暮らししているときには感じたことのない強烈な寂しさ。
本当にどうしようもなくて、じっとしていられなくて、叫びたくなる。
自分ではもう少し神経太いつもりでいましたが、いざ外に身を放り出してみると自分の心のあまりの弱さに気付かされました。
27日は健康ランドの仮眠室で起床したのですが、明け方に実家の夢を見たせいか本気で泣きそうになりましたw

・・・弱い、弱すぎるぞ自分。



そんな弱さをもさらけ出す男、こっとんです。
それでも旅は楽しんでますよ!
結局朝になってお日様見れば、夜の寂しさはどこへやら。
全く人間、というか私は面倒くさい生き物ですなw










DSC_0479.jpg

2月24日の日曜日、叔母の家からスタート。
本当にお世話になりました!
今まで年に1~2回しか会えなかったけど、この3日間でグッと距離が近くなったような気がします。
次会うときは、早くても来年の夏かなぁ・・・。
頑張ってそれまでには帰ってこられるようにしますw

ありがとうございました!



DSC_0480.jpg

浜松市内を観光しつつ愛知を目指します。
今日はマラソン大会があるとかで、交通規制をしているところがあるそうな。
まぁ自転車なので特に問題はないでしょう。
むしろその影響か、この道も普段より車が少ない気がします。



DSC_0481.jpg

大通りの一本横の道に入れば途端に田舎っぽくなります。
良い天気だなぁ、絶好の観光日和だなぁ(´∀`)


ヒュゴオォォォォ
DSC_0482.jpg

この向かい風がなければな!!(#^ω^)
今日も絶好調な向かい風さんです。





『エアーパーク//航空自衛隊浜松広報館 』
DSC_0532.jpg

既にヒィヒィ言いつつもなんとか到着。
ここには戦闘機やら自衛隊の装備、設備やらがたくさん展示してあります。
正直自衛隊にはそこまで興味はないのですが、戦闘機のコクピットに座れるということで訪れてみました!
見学は無料と言うことで、そこも魅力の一つですね。



DSC_0488.jpg

DSC_0487.jpg
「ゴールキーパーもできる!フォワードもできる!」

そのキャッチフレーズはどうなの・・・w



DSC_0490.jpg

DSC_0491.jpg

予想はしていましたが、やはりここに展示してあるのは一昔前のものみたいです。
そりゃまぁ現在の自衛隊戦力が無料公開されていたら危ないですけどw



DSC_0495.jpg

DSC_0497.jpg

DSC_0498.jpg

このタービンとかグォングォン回ってるの想像するだけでワクワクしちゃいます。



DSC_0499.jpg

DSC_0500.jpg

なんか気持ち悪い。



DSC_0506.jpg

他にもパイロットスーツや。

DSC_0512.jpg

レーダーなどの設備。

DSC_0514.jpg

銃火器など。
こちらは地上から航空機を落とすための装備。
とあるゲームで大変お世話になりました。

DSC_0513.jpg

PM9。
とあるゲームで大変お世話にry



DSC_0516.jpg

エアーパークのすぐ隣には広大な滑走路が。
実際の離着陸に使っているのでしょうか。



DSC_0517.jpg

歴代の航空機がたくさん。
ここでコクピットの試乗もさせて頂きました。

無料の割には非常に楽しめました。
自国の防衛力がどんなものか知るには非常に良いところだと思います。










さて、次に向かう前に腹ごしらえをしていきます。
昨日はウナギを食べたので、今日は浜松餃子を食しますよ!
エアーパークの近くに店があることは調査済みです。

ちょちょいと自転車を走らせてー。

DSC_0533.jpg

おぅふ・・・。
なんでやー、なんでやってへんのやー。

もう一度調べてみたら、営業開始は17時からでした。
しまった、定休日だけ調べて時間を確認していなかった。
どうせ10時くらいからやっているだろうと高を括っていた。



仕方がないので次の目的地に向かい、その周辺で探すことに。









自転車を漕ぎながらふと横の畑を見てみると。

DSC_0537.jpg
(;゚Д゚)!?














次は私が浜松に来たら一度は訪れたかった場所です。



DSC_0541.jpg

うなぎパイファクトリー!
小さい頃から食べ、慣れ親しんできた浜松銘菓うなぎパイ。
その工場見学が無料でできるとのことで、ワタクシ行かないわけにはいきません。



DSC_0540.jpg

さすがうなぎパイの魅力。
休日とはいえ、まさかここまで混雑しているとは。



DSC_0545.jpg

混み混み―。



DSC_0544.jpg

ふふふ。
工場見学をすると記念品にうなぎパイがもらえることも調査済みよ!
しかし残念ながら食べなれた普通のうなぎパイではなく、ナッツやはちみつの入ったタイプのものでした。
まぁそれでも間違いなく美味しいわけですが。



DSC_0548.jpg

DSC_0549.jpg

DSC_0552.jpg



ここで緊急事態が。

まさかの10分足らずで見学が終わってしまった。
ちょ、短すぎやしませんか春華堂さん!
もっとこう生地を練ったりウナギ成分混ぜたり重ねたり焼いたりって部分を見たかったのに、見られたのは本当に最後の焼きと包装工程(写真)のみ。
さっさと歩けば2~3分で終わってしまう驚異の短さでした。

まぁ、うなぎパイもらえたから良いんだけどさ・・・。



DSC_0555.jpg

最後に、外に停めてあったうなぎパイトラックを撮って、うなぎパイファクトリーを後にしました。





さて、時刻は13時過ぎ。
もう少しうなぎパイファクトリーに時間を費やす予定ではありましたが、まだお昼を食べていなかったので良しとしましょう。
先ほど食べられなかった浜松餃子を食べるべく、この付近で食べられそうなお店はないかiPhoneさんで調べます。
すると数キロ行ったところにお店があるのを確認!
定休日は祝日のみ!
営業時間も8時半から19時までやっている!

よし、ここじゃ!

と言うことで自転車を走らせること数十分。










DSC_0558.jpg

DSC_0557.jpg
※2月24日、日曜日。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


浜松餃子は今度家族で浜松にきた時に食べることにしました。










その後は愛知に向かってひたすら走ります。
しかし容赦なく襲い掛かってくる向かい風。
どうにか浜名湖まで辿り着きます。

DSC_0559.jpg

DSC_0560.jpg

写真ではわからないと思いますが、この時の浜名湖の橋の上はめちゃめちゃ風が強く、自転車を押して歩くことすらままならないような状態でした。



その後どうにか浜名湖を越え、裏道をくねくねしながらようやく道の駅『潮見坂』に到着。
強い向かい風の中を走っていたせいで、たいして進んでもいないのに到着したころにはもうヘロヘロ。
道の駅の写真を撮るのすら失念しておりました。


道の駅の営業時間が終わるまで時間を潰し、その後裏の人目のつかなそうなあたりにテントを張って14日目終了。

道中はひたすら向かい風に暴言を吐いておりましたw
あの姿はとても人に見せられたものではないなぁ・・・。



<了>




走行距離:約33km
走行時間:約3時間40分

総走行距離:約390km


走行ログ:20130224gpslog.html



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
 
スポンサーサイト

【12~13日目】(2/22~23)確かにあの頃は、もっと大きかったんだ【静岡】

2月22、23日は叔母の家にお世話になっておりました。

余談ですが、続柄上「叔母」にあたるのでここではそう呼んでいますが、私にとっては小さいころから世話になっていた「お姉さん」という印象のほうが強いです。





さて、23日は父方の祖父母のお墓参りに行ってきました。
以前の日記にも書きましたが、浜松は私の父が生まれた地でもあります。もちろん叔母も。
私が小さいころは、家族で祖父母に会いに行く度に本当によく可愛がってもらいました。
二人とも数年前に病気で他界してしまいましたが、幼い頃に一緒に過ごした記憶は今もしっかり覚えています。

私の実家から浜松は決して近くはないため、お墓参りに行けるのは年に1~2回程度。
だからこそ、こうして自分の足で浜松まで来た時には、必ず会いに行こうと決めていました。



DSC_0452.jpg

23日の午前中に、叔母とともにバスに乗り込みます。

揺られること数十分。

DSC_0453.jpg

浜松市三方原墓園。
ここに、おじいちゃんとおばあちゃんが眠っています。



DSC_0456.jpg

ここはお墓とは思えないほど広々としています。
年に数える程度しか来ませんが、ここに来るととても心が落ち着きます。

こんな素敵な場所に二人のお墓が建てられていると思うと、それだけで安心できますね。




持ってきたお花を墓前に供えて、叔母とともに手を合わせます。
そして二人に伝えます。

2月から自転車で日本を周り始めたこと。

自分の足で浜松まで来たこと。

自分を含め、家族みんなが元気で幸せに生きていること。

おじいちゃんとおばあちゃんに、心からありがとう、と。

そしてこの後の旅を無事にこなせるように、どうか見守ってくださいと。



DSC_0464.jpg

墓園の上だけ雲が晴れていました。

これだけ見晴らしが良ければ、きっと空の上にいるおじいちゃんとおばあちゃんからも、私たちが見えていたに違いありません。





お墓を後にし再びバスに揺られて、今度は昔祖父母が住んでいたマンションを見に行くことに。
叔母が今住んでいるところからさほど遠くなく、歩いて行けるほどの距離だったのに少し驚きました。

マンションも、その前にある駐車場も、昔と大きくは変わっていませんでした。
ただ小さい頃に見たその景色は、確かにもっと大きかった。

でもそれは。
そうやって小さく見えてしまうということは、私が成長してしまったからで。
そう思うと、少し寂しくなりました。






























一通り予定をこなした後、お昼を食べることに。

浜松と言えばウナギ!

ウナギー!

DSC_0467.jpg

残念なことには、食事を美味しそうに写す技術が私に備わっていなかったことか・・・。
ウナギまっ黒やんかw

写真は残念なことになっていますが、味は確かでした。
ウナギ美味いわぁ。
正直かなり痛い出費ではありましたが、これを食べないと浜松に来た気がしませんw

実はあともう一つ、新幹線内で食べられるアイスクリームがあるのですが、それも私の中では浜松にきた時のマストアイテムです。
まぁ今回はチャリなので仕方がないですが。



あと浜松には浜松餃子なるものがありますね。
これも食べなければ。
しかし今日はウナギを食べたので、明日以降に持ち越し。









この後私は近くの自転車屋で予備のチューブを購入し、以前新聞に載っていた「浜松東照宮」なるところへ行ってきました。

DSC_0474.jpg

なんでも出世パワーの宿る史上最強の霊地なんだとか!
これは将来の為にお参りをしておかねば。
まぁまず職を持つところから始めないと話になりませんがねッ



DSC_0475.jpg

小さいですが、それでもしっかりとした造り。

DSC_0477.jpg

すぐ近くには浜松城もあります。今回はスルーしてしまいましたが。
バスに乗っていても、その当時の出来事がそのまま地名になっている場所が数多くあり、歴史の色が非常に強く出ている街なのだなぁと感じました。
浜松、改めて良い場所です。





風が強い日が続いていますが、あまり長居もできないので24日に出発することに。
浜松を過ぎれば友人も親戚も少なくなり、いよいよ本格的に一人旅です。

とにかく安全第一で、そして寂しさに負けないよう頑張りますw
ちなみに荷物を外して浜松東照宮に向かう時に、ハンドルのあまりの軽さに逆にバランスを崩してコケそうになりました。
普段10~15kg近い荷物が前輪に乗っているので、その重さに慣れてしまっていたんですね。

うーむ、それはそれで問題な気もしますがw



<了>

(↑他の方々を真似て日記の終わりにちょいと足してみましたが、被ってないかしら・・・)



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 

【11日目】(2/21)グーグルナビは信じない【静岡】

夜のマックから連続投稿。
最近更新が滞っていたので、できるときにやらねば!



そうそう。
左の股関節が痛いと先の日記で書きましたが、ふと思いました。
これ、本当に股関節が痛いのだろうか?
あちこち指で触ったり押したりしてみると、なんか違う気がします。
今まで股の内側が痛いと思っていましたが、むしろ外側の筋肉とか骨とか・・・。



まぁ。



今や脚のそこかしこが痛いので、実際のところはわからないんですけどね(´∀`)ハハッ









DSC_0404.jpg

午前5時半、焼津市内の牛田橋公園にて起床。
それなりに交通量の多い道の隣、近くを新幹線が通るような場所にある公園でも、眠れるときは眠れてしまうものですね。
意外とスパッと眠りについてしまいました。
それでも夜中に何度か目は覚めていますが。


陽が昇り切る前に撤収。
しかしあまりにも寒いので、昨日過ごす予定だったマックに向かい朝マックで体を温めます。
今日は昨日行けなかった蓬莱橋に行き、その後叔母のいる浜松に向かいます。
グーグルマップで見る限り距離としては60km程度ですが、この日は向かい風が強い上に私の左足がだいぶキちゃってます。
とにかく早めに出て、何とか陽が落ちる前に浜松に辿り着かなければ。



というわけで2月21日木曜日の朝7時過ぎ、旅11日目スタートです。



まずはいつも通りナビに従って進んでいきます。

DSC_0405.jpg

ふむ、今日はずいぶんと裏道を指示するじゃないか。
私のプルプルの左足でも気遣っているのかね?ん?(´∀`)



DSC_0406.jpg

DSC_0408.jpg

しかし見たまえよこのアラクレ具合。
常に上り坂を走っているような感覚です。
普段は気にしないような風でも、こう荷物を満載したチャリで逆行するとなると、かなりの力がかかるものなのですね。
疲労の蓄積がいつも以上に早い・・・。



DSC_0409.jpg

しかし(ナビが)大通りを避けて走っているせいか、景色は良いですなぁ。



DSC_0410.jpg

本当にこっちですか?

多少疑いつつも進んでいくと、先のほうに長ーいものが姿を現しました。



DSC_0411.jpg

DSC_0414.jpg

DSC_0418.jpg

蓬莱橋(ほうらいばし)です。
ギネスに「世界一長い木造の歩道橋」として認定されているそうな。
でも橋脚はコンクリートなんですって!

台風が来るたびに橋脚が流されているそうですが、今もこうして形があるのは人の力があってこそですね。

ちなみに渡るのにお金がかかります。(大人、自転車ともに100円)
私はこんな妙なところでケチって渡らなかったのですが、あとに出てくる叔母に「勿体ない」と言われてからというもの、渡らなかったことを後悔してますw
こ、今度来た時に渡るから良いし!



DSC_0417.jpg

『どせいさんと蓬莱橋』





さぁ、浜松に向かって進みます。

DSC_0423.jpg

DSC_0424.jpg

遠くに見える魔法陣みたいなものは、悪の秘密結社のシンボルマークかなにかでしょうか。



DSC_0425.jpg

長ーい橋を渡り。

写真を撮り忘れましたが、この後ナビの通りに進んでいったら目の前に階段が現れましたw
徒歩の設定でナビをさせていたのが原因のようです。
かと言って車の設定でルート検索すると平気でバイパスや高速道に入っていくので、どうしたものか。
自転車の設定を早く導入しておくれよグーグルさん。

仕方ないので国道のほうへ迂回。
相変わらずの徒歩設定でのナビですが、国道を通るルートも指示しています。
信じて進んでいくと。

DSC_0426.jpg

( ^ω^)・・・。

ナビの裏切りを乗り越え。



DSC_0427.jpg

また迂回の峠ルート。



DSC_0428.jpg

これ全部茶畑でしょうか。
緑茶美味しいですよね緑茶!
私はコーヒーや紅茶も飲みますが、緑茶をすすっているときが一番落ち着きます。
日本人で良かったわぁ~としみじみと思います。



DSC_0429.jpg

DSC_0431.jpg

ことのまま八幡宮!
成り行きに任せるということでしょうか。
字面も合わせて、日本語って面白いです。



DSC_0437.jpg

名古屋まで130kmで到達してしまうんですね。
他のチャリダーさんならきっと1日で行ってしまうのでしょう。

そして浜松まであと18km!
普段ならなんてことはない距離ですが、向かい風と足の痛みが行く手を阻みます。

それでもあと少し!
ちょっと気力が回復し、足に力を込めて漕いで行くと。



DSC_0439a.jpg

(#^ω^)・・・。

徒歩設定のナビはこの先をガンガン進んで行ってます。

もう、ね。滑稽ですよ。現代の科学技術に翻弄される哀れな羊ですよ。
わかった、やってやる。
もうお前(グーグルナビ)は信じん!
こうなったら自分の力でルートを探して、キッチリ浜松まで辿り着いてやるよ!(スマホを片手に
見える、見えるぞ。この一つ脇の細道を進んでいけば浜松へと通じている!(スマホを見ながら



茶番はこの辺にしておくとして、本当にスマホに頼りすぎは良くないと痛感しました。
あくまでひとつの目安として今後は使っていこうと思います。



で、どうにか道を探して進み、ようやく天竜川という大きな川を渡ります。

DSC_0444.jpg

しかし静岡はこういった大きな川が多いですね。
川幅があれば当然そこに掛かる橋も長くなるわけで。

ここは本当に風が強くて、途中でチャリを降りてやろうかと何度考えたかわかりません。



橋を渡り切ったところで。

DSC_0445.jpg

ようやく浜松市に突入。



途中ドラッグストアで水やらカロリーメイトやらを購入。
その際に左ペダルの反射板を止める金具が一つ破損していることに気づきました。

DSC_0443.jpg

応急処置として布ガムテープで接着。
時間あるときにでもしっかり補修します。





市街を走り抜け線路沿いに進んでいくと。

DSC_0446.jpg

到着ー!

・・・いやぁ、しんどかった。
ログを見て頂ければわかると思いますが、大井川を越えたあたりでだいぶ迷走しておりますw



駅入り口を振り返ると、後ろには家康君なる物体が。

DSC_0449.jpg

『どせいさんと家康君』





この後叔母さんと連絡を取ってお宅にお邪魔させていただきました。
ここでも3日間ほどお世話になります。
この間に左足の痛みが治ると良いのですが。(治りませんが

そんなこんなで、11日目終了。



走行距離:約70km
走行時間:約9時間

総走行距離:約357km


走行ログ:20130221gpslog.html



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 

【10日目】(2/20)自爆デー【静岡】

休めるときはとことん休む。
こんばんわ、こっとんです。

旅始めた当初の焦りは、今は比較的落ち着いてきまして。
休めるときは休み、滞在できるときはガッツリ滞在しようという考えに変わってきました。
ただくどいようですが金銭的には全くもって余裕はないので、走れるときは走っておかないと、日本一周する前に資金が底をついてしまいそうです。

今後のこと(人生という意味で)を考えると、日本一周にあまり多くの時間を費やしている余裕もないので、この先よく考えてやっていかないといけないなぁと、ここ最近何となく、改めて感じました。



そんなボヤキから、10日目スタートです。










富士市のひで君宅で7時頃起床。
今日はようやく富士市を出ます。

ひで君は仕事で先に出てしまうので、お礼を言って見送ります。
本当にありがとうございました!
今度来るときは何か美味しいもの持っていくよ(`・ω・´)

その後、私も荷物をまとめて友人宅の横に止めてあったチャリと3日ぶりの対面。
バッグが防水仕様ではないため、大事をとってゴミ袋を被せてあったので中身は濡れることなく無事。
まぁ一応防水スプレーと内部をビニール袋で覆う処置はしてあるのですが、念には念をということで。


ゴミ袋を取り外してバッグを再度括り付け、ブレーキとタイヤの空気チェックを行い準備完了。
さぁ、俺の冒険が今またここから始まるんだ!



(前輪)
DSC_0312.jpg

す―――――――――ん・・・



( ゚Д゚)・・・。



ほわぁーい。
たった今チェックしたばかりじゃないか。
何も問題なかったじゃないか!
どうしてこううまい具合に出鼻を挫くタイミングで空気が抜けるんだいキミィ!!

もう一度空気を入れてみるも、入れたそばからスースー抜けていきます。
完全にパンクや・・・。
何が原因で突然パンクしたのかわかりませんが、まさか1週間足らずで経験することになろうとは。



しかし愚痴っていても仕方ありません。
以前教えてもらったパンク修理の知識を実際に使うチャンスが来たのだと考えよう。
そう自分に言い聞かせて、早速修理に取り掛かりました。



四苦八苦して、結局1時間半ほどかかりました(;・∀・)
チューブを取り出すもどうにも穴が見つからず、結局新しいチューブを取り付けることに。
初めてとはいえ、もう少し手際よくできれば良かったのですが・・・激しくタイムロスをしました。





というわけで既に10時前ですが、ようやく10日目スタート。

DSC_0313.jpg

今日は海沿いを下り、久能山東照宮に向かいます。
徳川家康の遺骸が埋葬されており、国宝にも指定されているのだとか。
歴史は・・・歴史てんでダメダメなわたくしですが、これは見ておかなければ!

ということで早速海沿いを走っていきます。



DSC_0315.jpg

今日も富士山が美しいです。

DSC_0323.jpg



DSC_0320.jpg

( ゚д゚)



DSC_0327.jpg

国道150号を進んでいくと「いちご海岸通り」なる文字が。
この辺りはどうやらいちご狩りが盛んな場所らしいです。

DSC_0328.jpg

山の斜面にビニールハウスの山。

DSC_0330.jpg

そこかしこにいちご狩りの文字。
せっかくなので体験してみようかとも考えたのですが、ざっと調べた限り結構なお値段するんですよね・・・。
なので今回はパス。
朝の遅れを取り戻すためにも、足早に久能山に向かいます。





DSC_0332.jpg

なんとかお昼前に到着ー。

DSC_0333.jpg

入口。
反対側からだとロープウェーで直接東照宮前まで行けるのですが、こちらから向かう場合、かなりの数の石段を登っていかなければなりません。

DSC_0334.jpg

1,159段ッ
これはなかなかに難敵です。
よっしゃーいくぞー。



DSC_0338.jpg

このように決して整えられているとは言い難い状態なので、一段一段着実に歩を進めていきます。

DSC_0340.jpg


DSC_0345.jpg

ひょー!
高い高い。そして綺麗だ。

DSC_0348.jpg

とかなんとか景色を楽しんではいますが、実は左足の太ももの付け根、要は股関節がズキズキしています。
箱根を越えたあたりから既に痛みはあったのですけど、ここにきて急激に増してきたぜぇ。

それでも左足をかばいながらなんとか上へ。



DSC_0352.jpg

DSC_0357.jpg

登り切った・・・。

DSC_0356.jpg

DSC_0363.jpg

DSC_0375.jpg

DSC_0376.jpg

細部まで鮮やか。

DSC_0384.jpg

DSC_0379.jpg

神廟(しんびょう)
ここに祀られているのですね。

ここには家康公の手形があったのですが、何をどう間違えたのか写真を撮るのをすっかり失念しておりました。
ある意味一番写真映えするものだったのに・・・。





中にはこんなものも。

DSC_0365.jpg

ガンダムに。

DSC_0366.jpg

ヤマト!

DSC_0364.jpg

ほほーう。
意外なところから繋がっているものですな。



DSC_0390.jpg

残念ながら博物館は改修工事中。
あとで調べて知ったのですが、この改修工事今日(2/20)から始まったそうですw
なんというタイミング。









DSC_0397.jpg

さぁ、次に向かいます。
そしてこの辺りから向かい風がきつくなってきました。

ちなみに階段を全て降りてきたときには足がプルプル痙攣していましたw
こんなでこの先大丈夫なのか・・・。



DSC_0394.jpg

DSC_0398.jpg

餃子の王将とはなんか違うん?



DSC_0400.jpg

グーグルマップのナビに従っていった結果がこれだよ!
仕方ないので迂回ルートを探します。



DSC_0401.jpg

峠はもういいです。

DSC_0402.jpg

絵に描いたような山道。



DSC_0403.jpg

なんとか焼津市に入るも、既に夕暮れ。
本当は蓬莱橋まで行って今日を終える予定でしたが・・・。
仕方がないので近場の公園をあたるも、テントを張れそうな場所は見当たらず。
マックで一晩過ごすのを覚悟しましたが、幸いにしてその途中で野宿できそうな公園を見つけ、そこにテントを張って10日目終了。



走行距離:約58km
走行時間:約5時間

総走行距離:約287km


走行ログ:20130220gpslog.html



ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村


【7~9日目】(2/17~19)なんだ、ただのニートか【静岡】

こんにちは、こっとんです。
現在浜松市におります。

父親の出身が浜松なので、私も小さいころからよく来ていました。
普段は実家から数時間かけて電車と新幹線を乗り継いでくるのですが、まさかここに新幹線以外の手段で来る日がこようとは・・・。





ではでは、7日目。

DSC_0302.jpg

富士川緑地公園にて起床。
旅6日目にしてようやく野宿1回目というヘタレっぷりですが、どうにか無事朝を迎えることができました。
風よけの為に植木の隣にテントを張りましたが、夜中の内に風向きが変わりテントがバタバタとうるさいのなんの。
結局ほとんど眠れないまま朝を迎えました。

5時半ごろにそそくさと撤収。
人が来る前に痕跡を消さねば!と変な焦燥感に駆られていましたが、早朝ランニングの方々に思いっきり見られていました。
妙に気まずいというか恥ずかしいというか。
慣れてくれば気にならなくなるのでしょうか。



その後、新富士駅から少し行ったところのマックでコーヒーをすすりつつメールチェックやブログ更新。
と、そこへ友人からメールが。
宿と食事を提供してくれるとのことで、お言葉に甘えて早速合流することに。
ありがたやー!



DSC_0305.jpg

「ワイルドだろォ~?」
友人のひで君。

お世話になります。
たまたまコーラ持ってたからって理由でスギちゃんネタを振ったのに、快く受けてくれてありがとうございます。
でもカレンダーはいい加減次の月にしたほうが良いと思うんだ。



久しぶりに会ったのでしばらくジュースやお菓子をつまみながら談笑。
その後お昼をご馳走になることに。



DSC_0306.jpg

昼から焼肉!
良いんですかこんなところでご馳走になっちゃって。
ちょっとお高そうですわよ!

ひ「良いっす良いっす、箱根で消費した分のカロリーを補ってください」

こ「(ノД`)・゜・。ブワッ」



二人で石焼ビビンバのランチを注文。
ランチと言ったってそこそこのお値段。さすが社会人は違うぜぇ・・・。



DSC_0307.jpg

肉ー!



DSC_0308.jpg

ビビンバー!



美味しかった。本当にご馳走様です。





その後もひで君の家でお菓子つまみーのジュース飲みーのしながら、エルシャダイやったりパズドラ談義しながら時間を過ごし、夜はラウンドワンで久しぶりのビリヤード。

DSC_0309.jpg

完膚なきまでに叩きのめされました・・・。ぐふぅ。
でも楽しかった。



夜は夜で外食の予定でしたが、お母様が手料理をご馳走してくださるとのことで急いで帰宅。

何から何までお世話になりっぱなしです。















翌日、翌々日も雨だったためにひで君の家で過ごさせていただきました。
当のひで君は社会人なので、当然平日はお仕事。
私はと言うと、部屋で一人黙々とブログ更新したり、ニコニコ動画見たり、スマホ弄ったりしてグダグダ過ごしていました。


ニートや、ニートがおるで。

まぁたまにはこんな日があっても良いよね。 ・・・ね?





そうそう、19日のお昼につけナポリタンを食べに行きました。
富士市のご当地グルメなんだとか。

教えてもらうまで全然知らなかったのですが、せっかくなので食べてみることに。



IMG_0458.jpg

ひで君に教えてもらったお店「アドニス」
ここで噂のつけナポリタンをチェックだ!



IMG_0459.jpg

ほうほう、これが噂の。
トマトベースのつけ汁に、パス・・・タ?
完全につけ麺用の麺です。



味はまぁ何と言いますか美味しいのですけど、正直つけ麺にする理由がry
少なくともナポリタン目当てで食べると似ても似つかない味なので、別物として考えたほうが良いです。
食べ方に「よくつけて食べるべし」とあるのですが、結構酸味が強かったので、個人的には程々につけたほうが美味しく食べられました。

旅に出て初のご当地グルメ。ご馳走様でした。










そんなこんなで3日間を富士市で過ごしました。
出発は天気の回復する20日水曜日。
3日もグダグダしていた分、しっかり走らないとですね。




ランキングに参加しています。
よろしければクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
 
 
今ココ!
プロフィール

こっとん

Author:こっとん
年齢:20代後半
性別:男
身長:高め
体重:今後減る予定

自転車に乗って気ままに日本を周ってきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログランキングに参加中!
気が向いたときにでもクリックして頂けると嬉しいです。
アクセス数
検索フォーム
こっとんへメール

お名前:
メールアドレス:
本文:

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。